にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

誘惑レシピ(全5巻) :楢崎壮太

486436110X誘惑レシピ(5)初回限定版 (ドラコミックス)
楢崎壮太
コアマガジン 2011-07-25

by G-Tools

コミックスもドラマCDも大好きなこのシリーズ、ようやく感想を書けました!
好きすぎてうまく言葉に出来ないです…。
【誘惑レシピ(全5巻)/楢崎壮太/ドラコミックス(2007-2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
母親の入院によって、チーズ専門店「マリアージュ」のオーナー代理をすることになった赤池雄矢。
でも、身体の弱い雄矢はずっと田舎で暮らしていて、戸惑うことがいっぱい。
一番頼りになる店員・本郷は雄矢に厳しいけれど、時々垣間見せる優しさに、雄矢は惹かれ始め…。

簡単に主要な登場人物たちを紹介すると、
童顔でちょっと世間知らずな所もある真面目な青年・赤池雄矢。
外見は高校生くらいですが、一応21歳。
チーズに詳しくて頼れる存在だけど、ちょっと怖い本郷桜。
こんなにしっかりしているのに、意外と若くて24歳…。吃驚!
吹上琢朗(タクロー)は接客担当でムードメーカー。
愛想は申し分ないけれど、調子よすぎるのが玉に瑕な21歳。
岩塚学は厨房担当。
無愛想でちょっと突っ走るタイプ(主にタクローに関して)。20歳くらい?(タクローより年下)
そんな個性的なスタッフを客観的に観察しているのが植田智秋。
植田くんは19歳。…若いなぁ。
三浦敦成は「マリアージュ」のスタッフではなく、本郷の兄の友人で、フレンチレストランのオーナー。29歳。
「マリアージュ」は雄矢の母親であるユリ子さんがオーナーなのですが、本編中では入院していたり海外に行っていたりでほとんど店にいません。
実質この5人で店を切り盛りしているわけです。
改めて考えると皆若すぎですよ…!

メインはあらすじに書いた本郷×雄矢ですが、このふたりの他にも「マリアージュ」を舞台に2組のカップルが登場します。
岩塚×タクローと、三浦×植田。
三浦×植田の話が始まるのは3巻で少し遅いですが、他の2組の話は1巻から始まっていて、どのカップルも関係が始まってからのエピソードの方が多いです。
最初は分からなかった過去が見えてきたり、性格の裏にある切ないエピソードがあったり、好きなのに付き合い始めたら新たな悩みに苦しむことになったり、ただ好き同士になるだけじゃなく、キャラがしっかり掘り下げられているから読み応えたっぷり。
そして、3カップルとも味が全然違うから面白い!

1番正統派なのは本郷×雄矢です。
無愛想だけど大人な攻と、おっとり天然な小動物系の受。
雄矢は幼い頃に育児放棄されていて、その母親が事故で亡くなり、施設にいたところを子供が出来なかったユリ子さん夫婦に引き取られています。
そんな過去があるために、すごくいい子でユリ子さんと幸せな家族関係を築いているにも関わらず、無意識のうちに幸せに臆病になってしまう。
本郷と付き合うことになって、そんな自分の心と雄矢は向き合う事に。
雄矢の話はめちゃくちゃ泣けます。
本郷との事もそうですが、家族ものに弱いので…泣きツボがいっぱい…。

岩塚×タクローは、どちらも攻っぽいカップル。
無口で真面目なゲイである岩塚と、女の子にもてまくりの軽い男・タクロー。
タクローはホストみたいに口が上手くて誰にでも優しいけれど、意外にも恋愛に対しては真面目です。
真剣に告白してきた岩塚を無下に出来なくて、その情熱に次第にほだされていく。
でも、今まで女の子しか恋愛対象じゃなかったタクローは、岩塚の事は好きだけど、男と付き合うことに加え、自分が受ける側という事がなかなか慣れません。
この葛藤がいいんですよね~。
惹かれているのに、相手の恋愛モードに戸惑ったり素直になれなかったり。
タクローと同じ原因じゃなくても、そうなってしまう事ってありますよね。
そんなタクローに共感してしまいました。
壁を乗り越えたタクローがかわいすぎる!

最後に登場するのが三浦×植田。
セレブな攻とツンデレ子猫な受という歳の差カップル。
植田くんは無愛想で口が悪いけれど、この中で1番観察眼が鋭いです。
他のバカップル2組に対して冷静にツッコミを入れる立ち位置だったし、マリアージュにはもう相手がいないので、あったら面白いなぁと思っていても、まさか恋愛関係の話があるとは!という感じでした。
裕福な家で育ち、社会的身分もしっかりしている三浦を前にすると、植田は家庭環境に恵まれず、高校も中退している自分の環境にどうしても負い目を感じてしまっています。
三浦に自分は釣り合わないと思っているけれど、それをきちんと伝えるには自分の心をさらけ出さなくてはいけない。
だから、のらりくらりとかわしたり、自分を貶める形で露悪的に三浦を誘ったりして逃げています。
でも、何だかんだ言っても10歳の歳の差は大きくて、三浦の包容力についに陥落していくわけです。
一生懸命強気の姿勢でツンツンしていた植田の虚勢が崩れてしまうわけですよ。
ナニソレかわいいに決まってる…!!!
年相応の顔が出てくる瞬間にキュンキュンしちゃいました。
だからと言ってその後三浦に対しての態度が大きく変わるわけじゃなく、相変わらずツンツンしているのも好みなんですよね~。
それに対して三浦がドッシリ構えているのも好感度大!

ということで、先日「誘惑レシピ」の最終巻が出たので、シリーズ通しての感想を書いてみました。
私はドラマCDから入って、原作も面白くて嵌っていたのですが、ようやく感想が書けてスッキリ!
でも、まだまだ思いの丈が書ききれていないです…。
このシリーズの面白さは、キャラがそれぞれとても魅力的で、3カップルとも味付けが異なるだけでなく、それぞれにしっかり胸を掴むエピソードが盛り込まれている所だと思います。
最終巻は3カップルとも話が収録されていましたが、どの話も読み終わった時「このふたりが1番好きだ…!」と悶えさせられました。
結局選びきれない!
どのカップルも、どのキャラも好きなんです!!
そして、このシリーズの屋台骨を支えていたのは、この6人だけではありません。
ユリ子さんと今は亡き旦那さんの寿の存在、『マリアージュ』という舞台、そうした土台の部分がしっかりしているからこそ、恋愛の部分が光っていると思います。
胸がいっぱいになって、何度も泣かされました。
未読の方は是非是非!
オススメです!!

ちなみに、CDもステキでした。
声がピッタリで、私は漫画を読むと自動的にこの声で脳内再生されますv
雄矢@宮田さんはかわいいし、本郷@森川さんは文句なく格好いいし、タクロー@小野さんはチャラい感じが嫌みなく嵌ってるし、岩塚@羽多野さんは堅物具合が出てるし、植田@鈴村さんは淡々としたしゃべりがまさに植田!だし、三浦@安元さんは大人の低音がいい感じ!
現在5枚出ていて、最終刊の内容で近いうちに6枚目が出るのかな?
ちなみに、コミックスより1枚多いのは、一部コミックスに収録されていない、同人誌で発表された内容(岩塚×タクロー)が入っているからです。
ドラマCD化は消化不良に感じてしまう時がありますが、このシリーズは本当に出来がいい!
ドラマCDが苦手でなければ、相乗効果で益々嵌ること間違いなしです。
機会があれば是非どうぞ!

【キャスト】
赤池雄矢:宮田幸季
本郷桜:森川智之
吹上啄朗(タクロー):小野大輔
岩塚学:羽多野渉
植田智秋:鈴村健一
三浦敦成:安元洋貴

■コミックス
誘惑レシピ 普及版 (ドラコミックス 140) 誘惑レシピ2 (ドラコミックス 185) 誘惑レシピ3 (ドラコミックス 198) 誘惑レシピ4 (ドラコミックス 224) 誘惑レシピ(5)初回限定版 (ドラコミックス)
■ドラマCD
BiNETSUシリーズ「誘惑レシピ」ドラマアルバムCD BiNETSU「誘惑レシピ2」ドラマCD BiNETSU「誘惑レシピ3」ドラマCD
BiNETSU「誘惑レシピ4」ドラマCD BiNETSU「誘惑レシピ5」ドラマCD
2011.07.28 01:16 | 楢崎壮太 | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさま


泣かされました~!
家族モノにわたしも弱かったです…。
とくに誕生日をお祝いされたとき、とまどってしまった顔といったら…。
どのカップルもすごくよかったですね!!
にゃんこさんのブログを読んで、大至急取り寄せて読んだり泣いたりしていたら、未明に地震があってびっくりしたりなどしつつ。
当日に荷物がとどくなんてアマゾンてすごいですね
実は楢崎さんの漫画、いままでは可愛いけれど少しだけ苦手だったりしたのですが、猛省! こんなに素晴らしい作品があったんて知りませんでしたよ。

CDはあまりなじみがないのですが、これまたにゃんこさんの薫陶を受け、「愛しているという気はない」の小野さんがイイ! と思いましたので、タクローも聞いてみたいです。

あとCDも思い出といえば、「ラヴィアンローズ」のマスミの変態っぷりもすごいよかったです…。これもにゃんこさんの感想を読んで、その気になって再聴したところ、発見しました。

ほんとうにどのキャラもカップルも素敵でした! 3人の受けの可愛げといったらありません、性格はばらばらだけど、それがいいですね。
はたと自分の可愛げについて考えてしまいました…笑。

 
傑作のご紹介ありがとうございました!
一気に5巻セットで読めて本当にラッキーでした☆

CD迷います!
にゃんこさんの漫画を読むと、台詞が再現されるなんて。気になる気になる…

MOGU

2011.07.31 14:02 URL | #- [ 編集 ]

MOGUさん、こんばんは~。

BL的にも面白いですが、家族の繋がりに良い意味で泣かされる場面がいっぱいあるシリーズでしたよね!
最後までどのカップルも読ませる内容で、大好きなシリーズになりました。
受の3人は確実に自分より可愛いと思います(笑)
それにしても、当日配送はすごいですね!
私の住んでいる地域は無理かもしれませんが、翌日配送でも早いなぁと思います。
便利な世の中になったものですね~。

小野さんのタクローは「愛してる~」の天海とは違うタイプですが、小野さんの雰囲気にとても合っていて私は好きです。
他のキャラもピッタリなので、機会があったら是非どうぞ♪
私も聴き直したくなってきましたw

コメントありがとうございました(^^)
好きな作品を楽しんでいただけると、私もとても嬉しいです!
それではまた~

2011.08.03 02:25 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/999-3e4b15bb

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |