にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

双思双愛の夏休み :藍生有

4592850777双思双愛の夏休み (花丸文庫BLACK ア 5-6)
藍生 有
白泉社 2011-07-20

by G-Tools

双子×双子の可能性は∞!!
この勢いに胸が高鳴りました!
【双思双愛の夏休み/藍生有/鵺/花丸文庫BLACK(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
大学生になり、初めて双子の弟・光と別の環境で過ごすことになった窪沢充は、自己主張できない性格に悩んでいた。
対照的に、光は明るくて社交的。
そんなふたりは、夏休みに幼馴染みの双子・氏原基久と治久兄弟と共に、氏原家の別荘で数日間過ごすことになるのだが…。

充と光は正反対の性格だけれど、お互いに何も言わなくても分かり合える存在。
でも大学で別の学科に進学したことで、生活も交友関係も別々になってしまった。
充の知らない光が増えていく中、基久と治久に誘われふたりは別荘へ。
密かに想い続けている基久との時間に気持ちが高ぶる充だが、光の様子がおかしいことに気付く。
その理由を知ってしまった充は、戸惑いながらも受け入れるしかなくて…。
という双子と双子の話です。
双子シリーズでは初のカップリングですね!
窪沢家の双子は、大人しくて控えめな性格の充と、明るくて奔放な性格の光。
氏原家の双子は、理知的で優等生な基久と、人当たりがよく軽い雰囲気の治久。
一卵性双生児で容姿はそっくりですが、それぞれ性格はかなり違っています。
主人公の充はずっと基久に憧れていて、それが性的衝動に繋がった今では恋愛感情を自覚しています。
そんな充と基久がどう近づいていくのか?
もちろんそこにはエロいっぱいな展開が待っていますv
光と治久の関係にも注目です!

このシリーズは基本的にストーリーよりエロメインという認識で読んでいるので、双子同士と知って、私は思わず何が(どんな体位が)出来るのか想像を巡らせてしまいました(笑)
4Pはもちろんあるだろうし、2組向き合う形もあるだろうし…。
そして複数P以外にも、剃○、尿○責め、二○挿しはシリーズお決まりのプレイ!(毎回ではないかもしれませんが頻出!)
それがどう盛り込まれてくるのかワクワクでした。

以下、エロに関してネタバレしています。
何が起こるのかワクワクしながら読みたい!という方はご注意くださいませ。

とにかくもう1度エッチが始まったら延々とやっていますよ、この4人!
2泊3日、寝てる以外の時間は盛ってたんじゃ……若いな。
これだけ時間があるので、プレイもいろいろやってます!
4P、○毛、○道責め、○輪挿しに加え、スワッピングに潮吹き!!
そして陥没乳首責め!!
私、乳首萌えはないのですが、この陥没乳首は可愛かった…!
新たな萌えツボを発見しました。
スワッピングはダメな人もいるかもしれませんね。
でも、このシリーズを読んでいる方なら問題ないかしら?
双子同士の気持ちの通じ合う様子が分かりやすくあぶり出されていて、スワッピングが効果的に使われているなぁと思いました。
背面座位に萌えるので、いっぱいあって満足!!!
欲を言えば、剃毛した後敏感になっていたり丸見えな事を恥ずかしがる様子を強調する描写がもっとあると嬉しかったです。
あと、産○プレイはリベンジして欲しかったwww
潮吹きはむしろ失禁の方が個人的に大歓(ry

そんな萌えエロいっぱいな中で、「恥ずかしいことは気持ちいいんだ」というセリフが今回私の萌え心を沸き立たせました。
それなの!私の萌えツボ(主にエロ)のベースにあるのは、それなのですよ!
それが萌えパターンのすべてではないけれど、受には恥ずかしがって欲しいのです!
P161の挿絵がめちゃくちゃかわいい!
こんなセリフで戸惑っていた充をエロく洗脳していく基久を、読みながら全力で応援してしまいました(笑)
最後までドSなスタンスを崩さないのもいいですね~。
BLだとなかなかこうした関係が最後まで続かない事が多いように感じます。
最初は酷いことしても、最後には優しい攻になってしまう場合が多い。
それに物足りなさを感じているので、今回の基久と充の関係にはテンションが上がりました。
いろんなプレイで恥ずかしがらせたらいいよ…!!

ということで、双子シリーズの新刊面白かったです!
感想の後半ただの萌え叫びになっていますが(笑)
充は戸惑っているけれど、大好きな基久だけじゃなく、光と治久の関係に最初は巻き込まれてような形で受け入れています。
4人しかいない別荘という閉鎖されて空間で、次第にその違和感すら快感になっていく過程がいいです。
優しいと思っていた基久のドSな本性もすごく好み!
このシリーズではキャラ萌えはあまりなかったのですが、今回の基久と充はキャラとしても魅力を感じたので、それが全体の好印象に繋がったのだと思います。
そして兎にも角にもエロいっぱい!
双子×双子は可能性無限大ですね…!!!
西野花先生の「エンジェルヒート」シリーズもそうですが、突き抜けたエロは例えストーリー的に浅くても、その勢いで強引に納得させられる。
難しい事を考えず、萌えに身を任せられます。
もちろん切なくて胸が震える話も面白くて大好きだけれど、疲れた時にはこんな萌えに身を任せるのが私のストレス解消法。
読んでいる最中に「萌えエロキターー!!」と胸が高鳴る本に出会えると、すごく嬉しい!
これまでに出ている双子シリーズの中では、今回がずば抜けて大好きです。
藍生先生、萌えをありがとうございましたー!
次回も楽しみにしています♪

■シリーズ
「禁忌を抱く双つの手」
「双つ龍は艶華を抱く」
「白き双つ魔の愛執」
「双つ星は抱擁に歪む」
「愛に揺らぐ双つ翼」
「双思双愛の夏休み」

禁忌を抱く双つの手 (白泉社花丸文庫BLACK) 双つ龍は艶華を抱く (白泉社花丸文庫BLACK) 白き双つ魔の愛執 (白泉社花丸文庫BLACK) 双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK) 愛に揺らぐ双つ翼 (白泉社花丸文庫BLACK) 双思双愛の夏休み (花丸文庫BLACK ア 5-6)
関連記事
2011.07.22 01:12 | 藍生有 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/997-cc2ee335

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |