にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

桜雨は仇花の如く :神奈木智

4344817680桜雨は仇花の如く (幻冬舎ルチル文庫)
神奈木 智
幻冬舎コミックス 2009-09-15

by G-Tools

仇花シリーズ第3弾も面白かった!
新人の希里もかわいい!成長が楽しみです~
【桜雨は仇花の如く/神奈木智/穂波ゆきね/ルチル文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
「翠雨楼」で育ち、男花魁として色街で生きている佳雨。
馴染みの客である老舗骨董屋「百目鬼堂」の若旦那・久弥と恋仲になるが、花魁と馴染みという関係は続いている。
佳雨付きだった梓が水揚げを終えて独り立ちし、新たに「翠雨楼」に買われてきた希里が佳雨に預けられることになった。
気が強く反発してばかりだった希里。
その希里がある日姿を消してしまい…。

親友を助けるため、そして身受けされる姉・雪紅の幸せを願い、男花魁の世界に自ら飛び込んだ佳雨。
その生き方を尊重し、花魁としての佳雨も受け入れてくれる久弥と結ばれ、互いに辛い状況にありながらも身受けされることなく密かに関係を続けていた。
そんなある日、馴染みの客である老舗高級料亭「蜻蛉」の3代目・豊蔵から身受けの話が出る。
受ける気のない佳雨はやんわりと断るが、豊蔵の態度は揺るがない。
穏やかな性格だった豊蔵の変化に違和感を覚えていた佳雨は、久弥から最近立て続けに起こっていた失踪事件と豊蔵との繋がりを聞く。
しかし、久弥が追っている骨董品の行方との関係も見えてきた矢先、新入りの希里が姿を消してしまう。
足抜けではないと感じる佳雨は胸騒ぎを覚えるのだが…。
仇花シリーズの第3弾です。
今回は、水揚げされ独り立ちした梓の代わりに佳雨の世話をする事になった、新入りの希里が初登場。
田舎から出て来たばかりで、まだ自分の置かれた状況が受け入れられていない希里は楼主にも佳雨にも反発しています。
厳しい楼主にはもちろん、優しい言葉を佳雨がかけても警戒心丸出しな希里は、まるで拾われたばかりの野良猫みたいです。
野良猫が懐いていくのって可愛いですよね。
そんなところが見たくて、つい希里に目が行ってしまう。
穂波先生の挿絵の効果もありますが、それなりに裕福な家庭で育った梓とは違って、希里は田舎の農村で育っただけに野性的な少年っぽさが少し残ってます。
このタイプの男の子が女物の着物を着て身体を売るって、なんだかドキドキしちゃいます。ギャップがいい!
男花魁仲間の銀花もそうですが、少年っぽさがなくなったらキリッとした美人になりそうですよね。
この先どんな風に成長していくのか、楽しみで仕方ありません。

今回も消えてしまった百目鬼堂の骨董を巡る事件が起こっています。
何故久弥がそんなに必死になって探すのか、それが少し分かってきました。
人の心を惑わすというそれらの存在がいいですね。
私は物の怪とか和風の不思議話が好きなので、ワクワクしてきました。
毎回佳雨の周囲で事件が起こるのは何か理由があるのかな?
久弥に惚れていて、一緒にいて幸せを感じていても、「死ぬときは一人と決めている」なんて寂しいことを考えていた佳雨が、事件を通して久弥への強い気持ちを自覚していきます。
ふたりの関係は久弥の財力があってこそ成り立っているので、佳雨がそう考えてしまうのは仕方がないのかもしれない。
でも、佳雨は自分に厳しすぎるので、もっと我が侭なところを表に出してもいいと思うのですよ。
久弥だってそう思ってる。
そんなもどかしさが事件によって少しずつ解消されていき、佳雨の普段は抑えている情熱的な面が表に出てくるので、読んでいて気持ちがいい。
1巻で既に出来上がっている同じカップルの話を続けると、周囲の話に恋愛が霞んでしまうことがありますが、このふたりは毎巻恋愛面でも読ませてくれるます。
派手さはないけれど、ふたりの熱が伝わってきそうなエッチも萌えました。
着物は色気があっていいなぁ~。

ということで、仇花シリーズ第3弾も面白かったです!
このシリーズ、毎回読み応えがあって好き。
ボリュームは少ないけど、押さえるところをしっかり押さえているので面白い。
登場人物も魅力的だし。
独り立ちして少し大人になった梓も可愛いし、ツンツンしている希里もこれからの変化が気になるし、次の巻も楽しみです!

■仇花シリーズ
「群青に仇花の咲く」
「薄紅に仇花は燃ゆる」
「桜雨は仇花の如く」
「銀糸は仇花を抱く」
「橙に仇花は染まる」
「夕虹に仇花は泣く」

群青に仇花の咲く (幻冬舎ルチル文庫) 薄紅に仇花は燃ゆる (幻冬舎ルチル文庫) 桜雨は仇花の如く (幻冬舎ルチル文庫)
銀糸は仇花を抱く (幻冬舎ルチル文庫) 橙に仇花は染まる (幻冬舎ルチル文庫) 夕虹に仇花は泣く (幻冬舎ルチル文庫)
関連記事
2011.07.17 15:19 | 神奈木智 | trackback(0) | comment(2)
            

おはようございます♪

いつも楽しみに読ませて頂いています。
私もこのシリーズ大好きで
年に一回の逢瀬を首を長くして待っている一人です。
お話と挿絵の相性がまたピッタリで。
銀花メインの話も読んでみたいなぁとか・・・
4巻めのレビューも楽しみにしております。

2011.07.19 08:24 URL | namazz #r882NP3M [ 編集 ]

namazzさん、こんばんは!

おいで頂きありがとうございます(^^)
このシリーズ、友人から勧められて最近読んだのですが、すごく面白くて嵌りました!
キャラの雰囲気に挿絵がピッタリで眼福です。
ずっと同じカップリングで続く話なので途中で飽きるのではないかと心配していましたが、読めば読むほどキャラが好きになり、周囲の人間関係も面白くて益々大好きになりました。
梓のように短編でもいいので、銀花メインの話も読みたいですね~。
4冊目はもう読み終わっているので、また近いうちに感想を書きたいと思います!!
1年に1冊ペース…そろそろ5冊目が出る頃でしょうか?
楽しみで仕方ありません♪

コメントありがとうございました!
また是非おいでくださいませ。ではでは~

2011.07.20 02:38 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/995-82686d9e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |