にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4896441281桃色男子 林檎編 (ジュネコミックス)
藤井 あや
マガジン・マガジン 2007-09-29

by G-Tools

疲れた時に読みたくなるこのシリーズ!
早く続編が読みたいです~。
【桃色男子 モモ&蜜柑パパ編・林檎編/藤井あや/JUNEコミックス(2007年、2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
現在2冊出ている桃色男子シリーズ。
世界観が共通でカップリングが異なっています。
出版は林檎編の方が先ですが、雑誌掲載がモモ編からなので、モモ&蜜柑パパ編を先に読んだ方が分かりやすいです。

『モモ編』
高校生になった高木モモは、ある日突然モテるようになった。
でも、相手は男ばかりで、毎日のように「桃の匂いがする」と言われて襲われる。
そんな危機を助けてくれるクラスメイトの津森が気になり始めるモモだが…。
津森×モモの高校生カップル。

『蜜柑パパ編』
小柄で華奢なのに柔道がめっぽう強い高木蜜柑。
柔道を始める切っ掛けとなった恩人である川島に惹かれている蜜柑だが、蜜柑の強さの秘密を知ってしまった川島の態度は冷たい。
傷心の蜜柑は、柔道の師匠である村岡の部屋を訪れ…。
村岡×蜜柑の歳の差師弟カップル。

『林檎編』
特異体質に目覚めて以来、友人との関係は壊れ、近づいてくるのは匂いに惹きつけられて乱暴にセックスをしてくる男ばかり。
林檎は他人との信頼関係を築くことが出来ない体質に絶望していた。
そんなある日、新しい香を開発するため林檎の体質を研究しようとする、宇田川冴香という京都弁の男に捕まってしまい…。
宇田川×林檎の大学生と高校生カップル。

という3カップルの話が収録されています。
モモは蜜柑の息子で、林檎は蜜柑の兄の子供(モモと林檎は従兄弟同士)。
父親がゲイなのに息子登場?!と不思議な感じがしますが、そこはまぁ若気の至りということで(笑)
母親は出てきません。(っていうか、モブ以外に女が全く出てこない!)
このシリーズに共通するのは、高木家の男子の特異体質。
高木家の男子は、精通を迎えると男を惹き寄せるフェロモンを発するようになり、エッチ(中出し)によりその匂いが抑えられるという体質を持っています。
モモは目覚めてから割とすぐに津森と結ばれているので比較的苦労していませんが、蜜柑や林檎は体質を理解して受け入れてくれる相手が見つかるまで、複数の相手と関係を持っている。
本人たちは表向き軽いノリで男を漁っているけれど、それは体質的に誰かとエッチしないとおさまらないから仕方がないからで、内心傷つき、悩んでいます。
男と惹き寄せるフェロモンを持っていてエッチしなきゃ治まらない特異体質。
そんなBL的に都合のいいイロモノ設定で、エロ描写も当然すごく多いし、何よりピアスコミックスだし…ということで、読み始めるまで実は全然ストーリー的に期待していませんでした。
私、こういうネタ的な話は、萌えに満足しても話の内容は薄くて印象に残らない事が多いです。
でも、読んでみたらエロだけじゃなく話も面白くて吃驚!
複雑な話ではないけれど、この特殊設定を上手く心理描写に繋げてますよね~。
私は特に林檎編が好きです。
ツンとした顔の裏に、切ない思いを抱えている林檎が可愛い!!
林檎の強がっている顔が変わっていく過程がすごく伝わってくる。
宇田川も最初酷いことしてるけれど元は悪い人じゃなくて、そんな林檎にどんどん絆されていく。
すっかり話に惹き込まれました。
蜜柑編も面白かった~。
その特異体質で柔道ってそりゃ無敵でしょう(笑)
セフレだった男の子が密かにお気に入りですv

そしてもちろん、エロはガッツリ盛り沢山!!
肌色率かなり高いし、大胆なカットも満載~。
こちらまで匂ってきそうなくらい汁気いっぱいです。
私は女なので効果ないですけどね(笑)
ただ、エッチに突入すると受の描写が女の子っぽくなるので、そこは好みが分かれるところかもしれません。
ちなみに、私は女の子っぽい受は基本的に苦手ですが、このシリーズは全然気になりませんでした。
モモは元々可愛い雰囲気なのでショタっぽいからかな。
林檎と蜜柑はツンツンしてさばけた態度を取っているけれど、実際は結構純粋で、不安定なんですよね。
だからエッチの時にギャップがあっても自然と受け入れられるのかもしれません。

ということで、桃色男子シリーズです!
面白くて萌えるエロが読みたい!という方にオススメ。
数年前に友人に借りて嵌り、自分の手元にも揃えてしまいました。
それ以来、疲れて萌えエロが欲しい!という時に大活躍!!
小説もいいですが、漫画は即効性があっていいですね(笑)
エロだけじゃなく、話も面白いのがポイントです。
シンプルだけど、締めるところをしっかり締めてくれる。
藤井先生は漫画が上手いですね。
好きだ~!
エロに対する情熱が感じられるのも好き!
このシリーズ、既刊本が出てからしばらく期間が空いてますが、林檎編の最後に出てきた檸檬編が雑誌に連載されているみたいです。
そろそろ檸檬編最終回らしいので、コミックスになるのが待ち遠しい!
フェロモン攻はどんななのかな~♪
ワクワク!

4896441591桃色男子 モモ&蜜柑パパ編 (ジュネコミックス)
藤井 あや
マガジン・マガジン 2008-01-31

by G-Tools

因みに、このシリーズの同人誌はAmazonで取扱があるようです。吃驚!
2011.07.14 01:00 | 藤井あや | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/994-51792c66

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |