にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

ダブル・バインド (3) :英田サキ

4199006214ダブル・バインド3 (キャラ文庫)
英田 サキ
徳間書店 2011-06-25

by G-Tools

人間関係の変化と事件が上手く絡んでいて面白い!!
次が最終巻なんて寂しいです…。
【ダブル・バインド (3)/英田サキ/葛西リカコ/Chara文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
餓死死体遺棄事件を追う刑事の上條は、被害者ふたりの関係を探るために情報を集める中で、ある映像を見つけた。
一方、新藤のため事件を追い始めた葉鳥は、被害者ふたりと関係のある男が行方不明になっていることを知る。
それぞれに事件の核心に迫っていくのだが…。
「ダブル・バインド」シリーズの3巻。
上條と瀬名、新藤と葉鳥、それぞれ別のルートで事件を追っていますが、思いがけない接点でそのルートが交わります。
その鍵となっている人物が祥。
でも、祥は精神的な疾患を抱えていて、祥自身の問題も事件の解決に関わっていそうな雰囲気なので、接点が出来たものの見えない部分も大きい。
祥の病気に潜む闇は大きそう。
そして、事件が大きく動いた事で、犯人が浮かび上がってきます。
登場人物が多いようでいて、条件に当てはまる人物は少ないので。
予想通りならあのキャラなのか…。
犯行理由も匂わされていますが、ただの復讐にしては凄惨ですよね、この事件。
実行に移すに至るまでには、悲しくてやりきれない背景があるんだろうなと思うとなんだか切ないです。

こうして周囲の状況が切羽詰まってきている中、上條と瀬名、新藤と葉鳥の関係は以前よりも道筋が見えてきています。
上條と瀬名はお試しの恋人同士となって少し落ち着きました。
3巻は、それよりも瀬名と新藤のしがらみが解けた事と、葉鳥と新藤の関係が一歩踏み込んできた事が大きな展開ですね。
結局、どちらのカップルも瀬名と新藤が過去を引きずっていた事が影響していたので、それが解決した事は大きい。
これでようやく前に進めます。
ただ……大丈夫なのかしら葉鳥は…。
2巻の感想でも書きましたが、お願いだから葉鳥は新藤と幸せになってもらいたい。
強気なのに臆病だった葉鳥に安心して帰る場所が出来て欲しい。
冷静そうに見える新藤は、言動以上に葉鳥の事大切に思っているので、葉鳥に何かあったらやばそう。
上條と瀬名よりも、こちらのふたりの方が心配…。

濡れ場は上條と瀬名のシーンが少しあるくらい。
キャラで萌えるので、肌色シーンがなくても全然気になりません。
でも、最終巻では2カップルともしっかりガッツリ読みたいですよ…!!!
お願いします、英田先生ーーーー!

ということで、ダブル・バインドシリーズ第3弾です。
視点が入れ替わりながら徐々に事件が見えてきました。
人間関係の変化に、事件が上手く絡んでいますね。
毎回言っていますが、キャラもいいし、事件も面白い!!
英田先生の堅めの文章がすごくマッチしています。
この雰囲気好きだなぁ~。
新刊が待ち遠しいけど読むのが勿体ないと思うくらい、このシリーズに嵌ってます。
それなのに次の巻が最終巻なんて……!
事件も恋愛も、そして祥の事も含め、解決しなければいけないことがたくさんあるのですが、このペースでまとまるのかしら?
ちゃんとラブッとしたところも堪能できるのかしら…?
好きな作品だけに、どうまとまるのか期待と不安でドキドキです!
その前にドラマCDが出るのかな?
そちらも楽しみ!!


【とても余談】
最近某ヒーローアニメに嵌っているのですが、私の脳内でそのアニメの登場人物の関係が上條と瀬名とシンクロして益々萌えまくり。
私、ツンツンした受が「仕方ないなぁ」というスタンスで身体を許して、でも実は内心不安でドキドキしていたり、攻に翻弄されてしまうんだけど、翌朝はまたツンツンしてるという展開が好きなようです…。
ヘタレているようで実は格好いいおっさんも好きです。
すみません、妄想です。
というわけで(?)、上條と瀬名の関係は大好きなのでありました。
お願いだからツンは残しておいてね…。


■シリーズ
「ダブル・バインド (1)」
「ダブル・バインド (2)」
「ダブル・バインド (3)」
「ダブル・バインド (4)」

■スピンオフ
「アウトフェイス」 新藤×忍

ダブル・バインド (キャラ文庫) ダブル・バインド 2 (キャラ文庫) ダブル・バインド3 (キャラ文庫)
ダブル・バインド4 (キャラ文庫) アウトフェイス  ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)

■ドラマCD
Chara CD Collection ダブル・バインド Chara CD Collection ダブル・バインド2
関連記事
2011.07.07 01:07 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/992-27f34d35

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。