にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4864420076キャッスルマンゴー 1 (MARBLE COMICS)
小椋 ムク 木原 音瀬
ソフトライン 東京漫画社 2011-04-20

by G-Tools

1話で心掴まれました。画もキレイで視覚的にも美味しい!
早く続きが読みたいなぁ~。
【キャッスルマンゴー (1)/小椋ムク(原作:木原音瀬)/マーブルコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
城崎万の家は、昔ながらのラブホテル。
父が作ったこのホテルを守っていきたい万は、父の亡くなったあと、母を助けながら奨学金で高校に通う日々を送っていた。
ある日、アダルトビデオの撮影のためにやってきた十亀と出会うが、印象は最悪。
万は監督である十亀の強引な態度に反発するが、万の弟・悟は何故か十亀に懐いて親しくなっていく。
ゲイだと公言する十亀と弟の関係に危機感を募らせた万は…。

キャッスルマンゴーは、万と悟の名前から父親が付けたホテルの名前。
世間にどう言われようと、万は父の残したホテルを大切に思っています。
AVの撮影にも特別変な感情は持っていないけれど、十亀には反発してしまう。
十亀が弟と仲良くしていることで余計にその反発心は膨れあがってきて、ある日、酔っぱらった十亀の記憶がないことをいいことに十亀の弱みを握り、万と十亀は付き合うことに。
付き合うと言っても、万は弟に十亀を近づけないためでしかなく、だまされている十亀も万が好きなわけではない。
最初は全く実態のない付き合いだったふたりだけれど、お互いに相手のことを知っていくうちに気持ちが動いていき…。
という、ドタバタしながら進展していくラブストーリー。
万、顔に似合わず大胆な行動をしていますよね~。
演技派(笑) 
でも弟を大切にする気持ちと、十亀への反発心が合わさった勢いで付き合うことになってしまったものの、実際には好きじゃないからその後の付き合いが順調にいくわけもなく…。
そもそも、万は恋愛経験がないんですよね。
だからこそこういう大胆な行動が取れたのかもしれませんが、付き合い始めてもスキンシップすら拒む勢い。
でも、十亀と同じ時間を共有していくうちに、心も近づき、そして身体の距離も近づいていきます。
もー!頑なだった心が次第に開いていくのが可愛くて仕方ない!
そしてそうなればなるほど、モヤモヤした気持ちが膨らんで動けなくなっていく万の姿がまた可愛いんですよね。
十亀も口は悪いけれど、中身はかなり優しいし。
人生経験を積んでいる分十亀は寛容。
万の事も気付いているのかな?
どうやら過去に何かあったようなのですが、1巻ではまだ分かりません。
その辺り含め、十亀の背景が気になる~。

ということで、ムク先生の新刊は木原先生原作のお話でした。
小説からのコミカライズではなく、漫画のために書き下ろされているということもあってか、木原先生の作品という印象は余り受けません。
でも、ムク先生の既刊本とも雰囲気は違っていて、今回のほんわかしつつも軸のしっかりしている雰囲気は、コラボしたからこそ生まれたものなのかなと感じました。
とてもいい感じ!
学校では真面目な姿しか見せない万が、家であるラブホテルでは動揺することなく仕事をこなし、ホテルを愛していることが伝わってきて、その一見アンバランスなところに味があっていいですね。
1話で心掴まれました!
そして、そんなインパクトのある設定で始まっていますが、恋愛面ではゆっくりと展開しています。
1巻ではまだ濡れ場はありません。
キスシーンだけでも萌えますが…
ふたりのエッチが読めるのはいつですかー!?
ムク先生の画がとてもキレイだし、木原先生原作なので期待してしまうのだけれど…続きが読めるのは1年後くらい?
待ち遠しい~♪
関連記事
2011.04.30 01:01 | 小椋ムク | trackback(0) | comment(4)
            

こんにちは、にゃんこさんのブログをいつも拝見させていただいてますが、コメントをするのは初めてです。間違えたらすみませんが、以前どこかの雑誌(だっけ?)で木原先生が書いた「リバーズエンド」という書き下ろし的な?ものを読んだことがあって、主人公は確かに十亀俊司で、このマンガに出てる十亀と同じ人物だと思います(AV監督を見たらピンと来ました(笑))。十亀の過去にお気になるなら、ぜひそれを読んでみてください。
文章が下手で申し訳ありません。

2011.04.30 14:48 URL | ピエロ #- [ 編集 ]

はじめましてですーいろいろ流れていたらたどりつきました。BLはむしろ苦手分野だったはずなのに、やまねあやのさんの絵と、男性声優さんの色っぺー声やら何やらが複雑に入り混じって、ばっちりBL世界に飛び込んでました、いつのまにか。これからも拝見させていただきますー^^

2011.05.02 13:57 URL | 菜美 #- [ 編集 ]

ピエロさん、はじめましてこんばんは!

十亀の過去…!!
気になって調べてみたら、「リバーズエンド」は雑誌の付録小冊子だったようですね。
普段雑誌を買わないので全く知りませんでした!
幸いにも小冊子を持っていた友人に読ませて貰うことが出来そうなので、読んだら感想に追記したいと思います♪
情報ありがとうございました!とても嬉しかったです m(_ _)m

レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
またいつでもお気軽にコメントどうぞです(^^) ではでは~

2011.05.03 02:59 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

菜美さん、はじめましてこんばんは!

おいで頂きありがとうございます~。
私は奥が深いBLにすっかり嵌っています(笑)
好みは人それぞれなので私の感想がお役に立つかは分かりませんが、菜美さんがステキな萌えBLに出会えることを願っています~~♪

コメントありがとうございました(^^)
また是非どうぞ!

2011.05.03 03:07 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/968-002d7708

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |