にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

光さす道の途中で :杉原理生

4344816102光さす道の途中で (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生
幻冬舎コミックス 2009-03-17

by G-Tools

今年の桜はもう散ってしまったけれど、春にピッタリな1冊。
じわじわと胸が締め付けられます。
【光さす道の途中で/杉原理生/三池ろむこ/ルチル文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
高校生の真野裕紀は、2年生になって親友の栗田義之から紹介された高東成道を何故か苦手に感じていた。
どう距離を取ったらいいのか分からない。
戸惑いを覚えながらも、3人でつるむことになってしまった。
3人それぞれに複雑な想いを抱えたまま高校生活を終え、大学に進学するのだが…。

高東の登場で、どこか居心地の悪さを感じていた真野。
自分が知らない頃の栗田を知る高東に、栗田を取られるような気がしているのも確かだけれど、高東の存在は真野の心を揺らす。
思いがけない過去の繋がりに気付いた頃からその苦手意識は変化し、真野と高東は親しくなっていくが、それはさらに3人のバランスを不安定にしていた。
高東と栗田の間に時折流れる微妙な空気に、真野は気付きながらも深追いしないまま高校生活は終わりを告げる。
栗田はひとり関西の大学へ、真野と高東は同じ東京の大学へ進学。
ふたりの距離は近づくが、栗田の存在がふたりの関係を複雑にしていて…。
という、静かな三角関係の話です。
あからさまに3人が恋愛感情を表に出しているわけではなく、それぞれが、他のふたりを大切にしているから前に踏み出せない。
そんな膠着状態を続けている中でももちろん変化はあり、3人が感じている消化不良を解消する機会は何度もあったけれど、関係を大切にする余り動けずにいます。
読んでいてとてももどかしい。
動けない気持ちも理解できるし、そこで動いていればという思いもある。
そんな中、危ういバランスを自覚しながらも、恋愛感情の存在に真野が気付くのはかなり遅いです。
いや、気付きたくなかったから考えないようにしていた部分も大きいのかも。
3人の間にある駆け引きめいた空気を、「恋愛」に繋げてしまったら壊れてしまうと無意識のうちに感じている。
それは真野だけじゃなく、高東や栗田も同じで、だからこそ誰も動けない。
結果的に、自ら戦線離脱した栗田の存在が真野と高東の心のブレーキになっているけれど、自分の気持ちを明らかにしていないからこそ栗田もフォローのしようがない。
栗田も辛い立場なんですよね…。
読み手としては栗田の辛さも分かっているので、真野が兄の事を非難する場面は読んでいて胸が痛くて仕方なかった。
真野の言うことも分かる。
でも、それを聞いてしまった栗田の気持ちを思うと…。
カップリングは真野と高東だけれど、栗田に共感する部分も大きかったです。
気持ちを告げたら壊れてしまう。
告げられなかったことで、壊れてしまう。
不安と葛藤の中、3人が前に踏み出すまでの過程がとても丁寧に書かれていて、じわじわと胸が締め付けられました。
抑えていた想いがあふれ出す場面が好きです。

真野と高東の関係がかなりゆっくり進展するので、濡れ場は最後までお預け。
溜めに溜めたふたりの求める気持ちも爆発していていますが、私の思い入れも爆発して、ページ数は多くなくても十分満足できました~。
真野の反応が可愛い!
がっついてる高東も可愛い!

ということで、またしても杉原先生に泣かされました…。
モノローグの時点でこの3人の関係が将来どうなるのかという事はある程度分かってしまうから、読み進めるのにドキドキします。
そして、読み終えて再びモノローグを読むと胸が締め付けられる思いです。
杉原先生の作品は最初に現在の描写があって、そこから過去のエピソードを辿るものが多いのですが、結末が分かっているからこそ感じるものってありますよね。
分からないから感じるドキドキもあるけれど。
戻りたくても戻れない、切なくて幸せな過去の思い出を噛みしめる。
この作品はただ恋愛感情の行き違いで感じる切なさだけではなく、そうした過去に対するセンチメンタリズムに泣かされる話です。
だからこそ、過去を辿る話の構成が効いているなぁと思いました。
桜の季節になると私は過去に思いを馳せてしまいますが、同じような経験のある人は少なくないのでは?
今年の桜はもう散ってしまいましたが、そんな季節にピッタリな話でした!
関連記事
2011.04.28 01:02 | 杉原理生 | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんにちは。
蠍座なんですね、ふふ。
蠍座の作家さんは、とっても業が深いストーリーが多いので(笑)、大好きです。木原さんとか秀さんとか。
木原さんのお話ではにゃんこさんのおすすめの『美しい人』がとても印象にのこっています。秀さんの『緊縛』取り寄せ中ですv
にゃんこさんおすすめのSMモノとっても楽しみにしております笑!

モグ

2011.04.30 22:36 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは!

お察しの通り蠍座です、ふふふふw
これからも濃い作品を紹介をしていけたらいいなと思っております!

コメントありがとうございました♪ではではまた~

2011.05.03 03:02 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/967-fc08dded

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |