にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

UNDER THE HEAVEN(上下巻) :かわい有美子

4862639097UNDER THE HEAVEN〈上〉 (ビーボーイノベルズ)
かわい 有美子
リブレ出版 2011-02

by G-Tools

新装版ですが大幅に改稿されているみたいです。
ラストが違うって吃驚!
【UNDER THE HEAVEN(上下巻)/かわい有美子/立石涼/BBN(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
両親を事故で亡くし、孤児院に入った高城史貴と妹の真里絵。
ニューヨークマフィアを率いるハーベイとその息子・イェインの目に止まり、ふたりと同じく孤児であるアレックスはグレン家に引き取られることに。
ひとり息子であるイェインの補佐として様々な訓練を受けるアレックス、美しい容姿で皆に愛される真里絵。
大人しく真面目な史貴はそんなグレン家で目立たない存在だったが、孤児院の頃から側にいて心安らぐ存在だったアレックスに特別な想いを抱くようになり…。

日系人だがロシア系の血の入っていて、東洋系の顔立ちでありながらも白い肌を持ち、美しい容姿をしている史貴と真里絵。
イェインはそんな真里絵に一目惚れし、幼い頃からアプローチをかけているけれど、不器用なイェインの行動は逆に真里絵を遠ざけてしまう。
明るいけれど感情的なところのあるイェインに対し、落ち着いたアレックスは周囲に信頼されていて、イェインはそれが気に入らない。
そして史貴はアレックスに想いを寄せていた。
兄弟4人はそれぞれに異なる思いを抱えながらも、穏やかな史貴と真里絵の存在によって大きな問題はなく過ごしていたのだが、そんなグレン家に、ある日不幸な事件が起こってしまう。
真里絵の身に降り掛かった悲惨な事件は兄弟の関係をも変えてしまうが、その中で史貴にとってアレックスの存在が大きくなっていた。
そしてグレン家の息子である事で、史貴も事件に巻き込まれ…。
という、マフィアの一家で兄弟として育った子供たちの話。
4人の微妙な関係と、悲惨な事件の中で育っていく史貴とアレックスの恋愛感情を中心に書かれています。
アレックスとイェインは反発し合っているけれど、志は一応同じだし、史貴と真里絵がいるから決裂する事態には至っていません。
そんな癒しの存在だったふたりの身に降り掛かる悲惨な事件…。
心も身体も傷ついているし、自暴自棄になってしまった時期もある。
それでも周囲の助けと、そして何よりもふたりの強い心によって立ち直っている。
グレン家としては、後を継ぐイェインと補佐であるアレックスがいればよくて、高城兄妹はおまけみたいなものだったのですが、結果的に家族の絆を強くしたのはこのふたりの存在があったからなんですよね。
いろいろありつつも、家族の仲は壊れなくてホントによかったなぁと思います。

それにしても…途中で大きな落とし穴が何個も待ち構えていました…。
一応恋愛面に重心はあるけれど、周囲のドタバタの方がインパクトが強い。
そんな中、主人公の史貴は、アレックスと両思いになった事もあり、後半どんどん精神的に強くなっていきます。
襲われても自分の力で乗り切っていたり、冷静に交渉していたりするシーンは読んでいて気持ちよかった。
そんな史貴とアレックスの甘い時間を垣間見るのはもちろん楽しいです。
ただ、当て馬的存在になっていたイェインの不器用さがとても可愛かったので、史貴といろいろあった頃のイェイン視点の話とか、実はイェインもあの時は…みたいなエピソードがあったりしたらよかったなぁとこっそり思いました。
メインカプ以上に萌えていたかも(笑)
あ、あとがきでかわい先生が「アレックス×イェインもいける」と書かれていましたが…それもいい!!
イェイン可愛いなぁ~。
いっそ3Pなんてのもいいですね。はわゎゎ激萌え…!
濡れ場はそれなりに回数あり、萌えもありましたが、個人的には滾るような萌えではなかったかな。
作中よりもここに書いた妄想パターンで滾りました(笑)
因みに、作中で私が一番萌えたのは史貴が風呂場でアレックスに見つかってしまう場面です!
私、事後の痕跡とか始末する描写がツボなんですよね。
史貴がパニックになっている様子にも萌えましたww

ということで、改題されていますが、1997年に「MIKADO-帝-」として出版された作品の新装版でした。
私は旧版を読んでいないので細かい所は分かりませんが、かなり改稿されていて、最後まで鬱展開だった話がハッピーエンドになっているらしいです。
しかし…ハッピーエンドにはなっているとはいえ、マフィアものということもあり全体的に怒濤の展開で、最近ではなかなか見かけない勢いで受が陵辱されていますよ!
ここのところ私が読んでいる作品が作家買い中心で冒険しないからという事もあるのか、陵辱されて心身共にダメージを受けて生きる気力をなくしてしまうような話を久しぶりに読んだ気がします。
萌えエロに繋がる陵辱じゃないんですよ(もちろんそういう展開に萌えを感じる方はいると思いますが)
陵辱シーンは客観的な描写が多い。
こういった話の展開や描写の仕方に、初出の古さを感じました。
90年代くらいの作品はこうした話が多くあったように思います。
私は痛い描写は苦手ではないし、傷ついた受が立ち直っていく様子を見守るのも面白いと思うので特に意識せず読みましたが、抵抗ある方もいらっしゃると思うので、その辺りはお気をつけください~。
話の内容について漠然とした感想になってしまってすみません。
細かい部分を説明してしまうと面白さが半減してしまうと思うので、ネタバレは出来るだけしないようにしました。
兎にも角にも、ザクザク話が進んでいく感じなので正直物足りない部分もあったのですが、上下巻を一気に読んでしまったくらいの勢いがある!
「次はどんな落とし穴が…?」とハラハラドキドキ。
理由は上手く説明出来ないけれど、心を掴まれるような魅力があったのは間違いありません。
旧版の鬱ラストが気になるので、見かけたら手に取ってみようと思います!

4862639240UNDER THE HEAVEN(下) (ビーボーイノベルズ)
かわい有美子
リブレ出版 2011-03-18

by G-Tools

関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/957-6f2e87e5

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。