にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

世界は光に満ちている :深井結己

481247518X世界は光に満ちている (バンブーコミックス 麗人セレクション)
深井 結己
竹書房 2011-02-26

by G-Tools

すべて古い時代設定で、しかも年下攻!
じっくり堪能させていただきました~♪
【世界は光に満ちている/深井結己/バンブーコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
『世界は光に満ちている』
戦争が続いている中、病に倒れ田舎でひっそりと療養している正之介。
そこへ、戦闘機の墜落で怪我をしたアメリカ兵が迷い込んでくる。
医者を目指していた正之介はそのアメリカ兵・ジョーイを治療し、匿うのだが…。

戦時中、当然アメリカ兵を匿うなんて「非国民」どころの騒ぎじゃないのですが、身を隠すように療養している正之介は自分の信念を貫いています。
一緒に暮らすようになって、正之介が抱えている孤独感が次第に癒されていく。
と言っても、正之介は自分の身体のことを分かっているので遠くを見ているところがあるのですが。
年の離れた弟である幸作がいることで、ふたりの様子を少し離れたところから見ている形になっています。
切なくて明るい展開ではないけれど、だからこそその間にある幸せな時間が暖かく感じられる話でした。
表紙裏や、カバーしたの画にホロリとさせられる。

『象牙色の銀河』
ハレー彗星の噂に浮き足立っていた明治時代のある日。
「明日死ぬなら何がしたい?」という問いかけに答える形で、兄の友人である禮次郎に告白をした楓。
しかし、禮次郎は楓の前から姿を消してしまい…。

その後いろいろな不幸に巻き込まれ、死ぬ覚悟で復讐を果たそうとする楓が「明日死ぬなら」と禮次郎を探しだし会いに行く話。
禮次郎が姿を消したのにはある事情があります。
再会してお互いに何を思っていたのか分かっていく過程もいいけれど、最後、禮次郎のペンネームの由来にやられた!となりました。

『上弦の月が沈んだら』
航太郎の父親が亡くなって12年。
毎年命日に墓で顔を合わせていた天ヶ瀬の事が気になっていた航太郎は、それが恋心だと自覚するようになる。
その気持ちを抑えきれず告白するのだが…。

天ヶ瀬は航太郎に自分は父の部下だと言っていますが、本当は違います。
ふたりは惹かれ合うけれど、天ヶ瀬はそれが理由で姿を消してしまう。
長い時間をかけて培われていくふたりの関係がすごくよかったです!
天ヶ瀬さん、歳をとっても色気あるわ…。

『契る花』
神の使いである和野である継也と、その世話係として長年仕えてきた笹一。
和野としての最後の神事に臨むため、御神木へと向かうふたりだが…。

因習ものは仄暗い中にある淫靡さにドキドキして大好きです。
このページ数でその雰囲気がすごく出ていたし、途中の容赦ない展開も、その後の暗いけど救いのあるラストもよくて、なんだかもうとにかくとても面白かった!
そして………
まさかの触手にテンション上がりまくり…!!

『五月雨る抱擁』
古い大学の寮に入った神沢は、寮を管理している糸屋に恋心を抱くようになる。
しかし、家庭の事情で大学を辞め実家に戻ることとなった神沢。
最後に糸屋へ想いを伝えるのだが…。

糸屋が奥さんと死別していることもあって、神沢は自分の想いが通じる事は期待していません。
神沢が感謝の気持ちを伝える形で告白したあと、優しさだけじゃなくてちゃんと糸屋が神沢の事を考えて受け入れているのがよかった。
そして、「何十年後」のふたりが…!
2,30年後くらい?
おっさん二人の同居生活の様子にキュンとなってしまいましたww

--
ということで、深井先生の新刊です。
すべて時代設定が古い話で、しかも年下攻!
年齢差が結構ある物もいくつかあって、全体的にしっとりした雰囲気です。
どれも短編なので、最初読んだ時は物足りない気もしていたのですが、どの話も2度3度読むとジワジワきます。
個人的には『契る花』が一番好き!
雰囲気も好みだし、話がしっかりしているのにネタ的な萌えもが組み込まれているところに私の萌えテンション一気に上昇しましたよ…!
どの話も最後の〆がよかったので、明るいハッピーエンドではなくても読後感はよかったです。
あ、ハッピーエンドじゃないと言っても、バッドエンドではありません。
購入を迷っていたけれど、これは買って大正解!
じっくり堪能させていただきました~♪
関連記事
2011.03.13 00:24 | 深井結己 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/952-621d96fd

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |