にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

メリーチェッカ :鈴木ツタ

4199604650メリーチェッカ (キャラコミックス)
鈴木 ツタ
徳間書店 2011-01-25

by G-Tools

「3軒隣の遠い人」のスピンオフ。
よいツンデレ眼鏡でした!はふぅ~
【メリーチェッカ/鈴木ツタ/Charaコミックス(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
サラリーマンの潮見の趣味は「日記公開」。
「塩」というハンドルネームで続けているサイトは、辛口トークが持ち味の人気日記ブログ。
ある日、最近注目されている癒し系ブログの管理人「みや」が、ブロガー同士で集まるオフ会にやってきた。
ずっと謎だった「みや」の正体は、予想とは違った人物で…。

「みや」が注目されていたのは、正体が謎だったから。
嫌みのない天然さで、萌えキャラとしてネット上で人気になっている「みや」は、学生の女の子と思われています。
それなのに、オフ会に登場したのはガタイのいい社会人の男性。
当然オフ会は騒然となるけれど、「みや」の中身はやっぱり癒し系。
「塩」のファンだという「みや」は、酔いつぶれた「塩」を自分のマンションへ連れて行く事になり、そこからふたりは親しくなっていく。
「塩」も「みや」と一緒にいるのが楽しくて、自分から遊びに誘ったりして「塩」と「みや」の距離はどんどん近づいていくのですが、その一方で「みや」が自分に向けている好意にも気付いている。
それに対して自分はどうしたいのか悩む「塩」だが…。
という、ネット上で知っていた相手とオフで会って恋に堕ちる話です。
自分がこうしてブログをやっている事もあって、なんだか共感する部分がたくさんあり、読みながら笑ってしまいました(笑)
まぁ私の場合、日記ブログではないし、オフ会で会った事があるのはBL読みやアニオタの女性の方が大多数だからか、この話で言っているような「殺伐としたオフ会」には遭遇したことありませんが…。
え?オフ会って殺伐としてるものなの…??

「みや」みたいに、その場を和ませる人って実際いますよね。
あいさつひとつを取っても、堅すぎず砕けすぎず、程良い距離感でその場を和ませてくれる。
そういう方のブログは自然と人が集まってきて、読んでいてとても心地よいです。
「みや」のブログもきっとそんな雰囲気なんだろうなぁと想像出来て、かなり好印象でした。
逆に、辛口トークで人気の「塩」も、ユーモアや垣間見える人柄がいいからこそその辛口が受け入れてもらえるんだと思うんですよ。
ふたりともすごいなぁと、BLとは違う所で感心してしまいました(笑)
あ、そして適当にHNを考えて後に引けなくなったエピソードに爆笑してしまった!
だって私もそうだから(笑)
猫が好きだからという理由でつけたのですが、まさか実際にその名前で呼ばれる事があるなんて最初は思ってもみなかったわけで…。
当時はオフ会の存在すら頭になかった。
呼ばれるのには慣れましたが、自己紹介するときは未だにとても言い辛いです(笑)

あ…ずれた感想になってしまいました、すみません。
オタクな部分でも面白かったですが、恋愛面も読み応えがありましたよ!
「みや」(結局最後までHNとペンネームしか出てこなかった…)は、ブログの印象通り少し乙女な思考の男性です。
天然乙女ワンコ攻めと言えばいいのかな。
基本優しくていい人だけど、いざという時の押しは強い。
そんな「みや」から好意を向けられて、潮見も惹かれているけど素直になれない。
所謂ツンデレなんですが、潮見の場合、最初は「みや」と「塩」として出会っているから余計にどうしていいか分からなくなるんじゃないかなと思います。
潮見のように、ネット上での自分と実際の自分は違ったりしますよね。
どちらも自分だけど、相手に対するアプローチの仕方が違っていて、まさに二次元と三次元の自分がいるような感覚がある。
共通の趣味の有無に関係なく、人間関係、特に恋愛となったら、相手の心を受け入れたり、自分の心を見つめ直したりする作業が必要で、一方通行では成り立たない。
ネット上では逃げられても、リアル世界で人間関係を築くには素の自分を見つめ直さなきゃダメなんだよね…と改めて感じた話でした。
自分のキャラを作っても、それは自分が望む自分であって本当の自分じゃないわけで、自分はひとりでも大丈夫!と思っていたって、実際のところそうじゃなかったりするんですよ。
潮見が「みや」に対する自分の気持ちを受け入れていく過程が丁寧に描かれていて、まとめ方もすごくよかったです。

ということで、ツタ先生の新刊は「3軒隣の遠い人」のスピンオフでした。
2007年9月ということは3年半前?
スピンオフがあるとは思っていなくて、実は私、「3軒隣の遠い人」の内容をすっかり忘れていました…。
しかも、本編を復習しなくてはと思って探したのに、いつの間にかドナドナしていたようで見あたらない!
仕方がないのでとりあえずブログに書いた感想を読み返したら、「先輩は何のオフ会に行ったんだろう…。」とあって爆笑しました(笑)
気になってたんだなぁ自分(笑)
すっかりグダグダとまとまりのない感想になってしまいましたが、兎にも角にも面白かったです!
ツンデレ眼鏡は萌えますね…!!
赤面する潮見が可愛くて仕方ありませんでした。
こんな可愛い潮見を知っているのは「みや」と私(読者)だけ…むふふふ。
エロはほとんどないのに、充実した読後感。
大満足の1冊でした。
あ、前作読んでいなくても話は分かると思います。
ただやっぱり、この話を読んだら読み返したくなりますね。
でも、本屋で軒並み売り切れているので未だに買えていません…。
手に入らないと余計に欲しくなる!

■シリーズ
「3軒隣の遠い人」 光也×昇
「メリーチェッカ」 みや×潮見

41996035733軒隣の遠い人 (キャラコミックス)
鈴木 ツタ
徳間書店 2007-09-25

by G-Tools

関連記事
2011.02.09 01:54 | 鈴木ツタ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/941-d24e752e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。