にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812444691凍る月 ~七色の攻防~ (ラヴァーズ文庫)
夜光 花
竹書房 2011-01-25

by G-Tools

シリーズももう第7弾。
そしてついに佳境に入ってきました…。
【凍る月~七色の攻防~/夜光花/高橋悠/ラヴァーズ文庫(2011年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
イギリスに身を隠していた光陽と梁井は、銀の頼みを聞くために日本に戻ってきた。
獣人の組織を潰すため、梁井に協力を求めてきた銀。
以前とは違い自分の力を知った銀は、組織のトップである須王に対して、敵対心だけでなく、強い相手を倒したいという獣の本能的な欲望を抱いている。
そんな銀に触発されていく梁井や亨に不安を覚える光陽だが…。

凍る月シリーズの第6弾。
メインカプは3冊目の「凍る月~灰色の衝動~」以来ですね。
スピンオフ挟んでいますが、基本的に時間軸で追っているので(須王と巴の過去編以外)、今回の話は前作の6冊目「銀月夜」の続きになります。
私、光陽たちについては2年くらい間が開いていたため、すっかり何故イギリスにいたのか忘れてました。
獣化促進剤を打たれた際、獣人の姿を一般人に見られたからだったのですね。
そういえばそんな事もあったような…。
そんなわけでしばらく日本を離れていたふたりですが、仲間を集めて組織を潰そうとする銀に呼び出され戻ってきます。
以前の銀とは違い、獣人としての自分を知った銀はとても強気。
組織を潰すための大胆な計画を持ちかけられた梁井と亨は、獣人としての野性の部分が刺激されていく。
元々平和主義者で組織のメンバーと関わったことのある光陽は、当然その流れに危機感を覚え反対するのですが、銀の計画を止める事はできません。
光陽の言葉は聞き入れられることなく、銀、佐倉、梁井、亨の獣人4人と、銀の仲間である人間の洋二と未来は作戦に向けて準備を進めていくのですが…。
そう簡単に上手くいくはずもなく、次第に様々な問題が浮上してくるのでした。
相手にしている組織が大きすぎるという事もあるけれど、それよりも仲間内でのトラブルの方が問題ですね。
作戦の成功云々より、結局、獣人同士が人間の世界で上手くやっていくには組織のようなものが必要なのでは?となってしまう点で。
梁井や銀たちは組織を敵対視しているけれど、スピンオフとかで書かれていたように、組織側にも正義がある。
勧善懲悪でないところがこの話の面白いところなので、この先どうやって話がまとまっていくのかが気になります。
どうやら獣人同士で戦っている場合ではないようですが…。
光陽は相変わらず「戦うのよくない!」と正論を振りかざして無茶をしていて、正直ちょっとイラッとします(笑)
でも、今回は梁井たちも冷静さを失っているから、どっちもどっちという所かな。
まぁそういう真っ直ぐさが光陽らしさだから仕方ないですね~。

エッチに関してはいつもよりは控えめ。
もう出来上がっているカップルだし、今回は恋愛メインの話ではないので。
こっそりエッチしている光陽と梁井だけど、銀と佐倉も別の部屋でやっていたりしたんだろうか…と気になります。
そしてベッドの音に赤面する洋二と未来…みたいな様子を思い浮かべると…(笑)
この状況は亨が可哀想ですね~。

ということで、凍る月シリーズももう7冊目。
この先一体どうなるんだとドキドキして、後半は一気に読んでしまいました。
個人的には今回のメインカプより須王と巴カプが好きなので、仲良さそうな姿がちらりと登場していて嬉しかった!
巴かわいいよ巴!
次の巻で完結の予定らしいです。
佳境に入って、今まで活躍していたキャラが消えていくのが寂しい…。
ヨハンの時もそうだけど、今回消えたキャラにも胸が切なくなりました。
組織はいい面もあるのは確かだけど、負の部分を抱えてしまっている人もいる。
それが悲しい。
その辺りをどうまとめるのか、次の巻が楽しみです。
1冊でまとまるのかしら…?

■シリーズ
スピンオフ含めてひとつの話になっています。順番にどうぞ。
「凍る月~漆黒の情人~」(梁井×光陽)
「凍る月~紅の契り~」(梁井×光陽)
「凍る月~灰色の衝動~」(梁井×光陽)
「花の残像」(須王×巴)
「花の慟哭」(須王×巴)
「銀月夜」(佐倉×銀)
「凍る月~七色の攻防~」(梁井×光陽)
「凍る月~瑠璃色の夜明け~」(梁井×光陽、須王×巴)
関連記事
2011.01.31 00:43 | 夜光花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/938-2c2a13a1

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |