にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

夏服 :杉原理生

4344818199夏服 (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生
幻冬舎コミックス 2009-11-17

by G-Tools

冬真っ只中に夏の話です。
夏服の男子高校生が見たくなりました。
【夏服/杉原理生/テクノサマタ/ルチル文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
高校へ向かう途中のコンビニで、毎朝会う先輩の事が気になっていた茅原朋紀。
自転車で高校へ向かう後ろ姿を密かに追っていた茅原だったが、ある日、その先輩・坂江俊一に突然話しかけられ、それを切っ掛けに親しくなっていく。
毎日のように一緒に帰り、茅原の部屋に寄っていく坂江に対し、茅原の気持ちは憧憬を超えたものとなっていくのだが…。
という、高校生同士の話。
時間軸的にはその数年後から始まりますが、高校生の頃の話がメインです。
茅原のように、同性に憧れを抱いたり、気になる人を追いかけたりする行動は、中高生の頃なら珍しくないんじゃないかなと思います。
実際、自分も同じように先輩を追いかけ、その姿を遠くから見てはドキドキしていたなぁと懐かしく思い出しました。
だからと言ってそれ以上の事、例えば告白するとかそういうところまではいかない、茅原の言う「近所のかわいい犬」みたいな見て満足するアイドル的存在。
でも、茅原の気持ちは元々それを超えていて、実際に親しくなればなるほど惹かれる気持ちは募っていきます。
そして坂江も自分に向けられている好意を感じてる。
茅原はそれを分かっているけれど、親しい先輩後輩という枠を壊さないために、後輩が向ける好意のラインを超えないよう必死に押さえています。
そんなふたりの駆け引きめいたバランスにドキドキさせられました。
杉原先生の描写が上手い!
このふたりの場合、付き合い始める前だけじゃなく、その後もそんな探り合いのようなところがあるんですよね。
茅原が甘い空気に慣れないから素直になれないということもあるだろうけど、坂江も年上と言ってもまだ高校生だから、スマートに茅原を誘導できないところがあって、ふたりで空回っている。
大抵は、膨れあがった茅原の不安がふとした坂江とのやりとりで爆発し、そうしてようやく言えなかった本音を言うことが出来て解決するわけですが、こうしたやりとりを通してふたりはお互いへの気持ちを再確認して前に進んでいきます。
不器用だけど、こうしてぶつかり合うからいいんでしょうね。
相手のことが好きで、諦められないからこそ必要以上に気持ちを抑えてしまったり、気持ちをぶつけたり。
茅原視点なこともあり、茅原の気持ちは分かりやすくとてもかわいいのですが、江坂も予想以上に茅原にめろめろになっていてかわいかったです!

雑誌掲載分『夏服』に加え、4本の短編中編が収録されています。
上記で感想を書いた『夏服』は、付き合い始めてから5年ほど経ち同棲をしている頃に、喧嘩をして過去を振り返っている話。
出会いから付き合い始めるまで。
それ以外の4本は、付き合い始めてからの話や、『夏服』で仲直りをした後の話、そして卒業間際の話で、どれも面白かったです。
特に、最後の『卒業』が好き。
『夏服』でもあったけれど、茅原があふれる気持ちを堪えきれず涙を見せてしまう場面に泣かされました。
いろいろな感情が押し寄せてどうにもならない、そんな気持ちが伝わってくる。

濡れ場は多くないですが、この話の雰囲気の中で覗いてはいけないものを覗いてしまったような、なんだかとても妄想で萌えさせられました…。
杉原先生のエロ描写好きです。
激しくないのに萌え転がる。
翻弄される茅原がめちゃくちゃかわいかったです…!

ということで、冬真っ只中に『夏服』でした。
高校生の恋愛は、純粋に、全力で恋愛に向き合っていてキラキラと眩しいです。
そして、卒業という区切りがあるから切ない。
中学と高校より、高校と大学の間にある距離って大きいですよね。
実際の距離もあるけれど、それ以上に価値観や生活環境の違いがあるので、高校生の話は進学した後の関係が気になってしまう。
今回のふたりの場合、歳の差があるから余計に難しいと思うのですが、その後のふたりの様子は成長しつつも相変わらずで、互いへの気持ちが色褪せずあってホッとしました。
長く付き合っているふたりが喧嘩をし、少し距離を置いて昔のことを振り返るという流れで、以前読んだ栗城先生の『蛍火』を思い出しました。
付き合うまでより、その関係を続けていくことの方が大変なんですよね。
きっとこのふたりなら、これからも手を取り合って生きていけるんだろうなぁと感じられる話でよかったです。
『夏服』というタイトル通り、夏服の高校生の描写がたくさんあります。
自転車に乗った高校生の白いシャツや、青い空の情景が目に浮かび、早くそんな季節にならないかなぁと思いを馳せました。
…まだまだ先ですけどね(笑)
ドロドロと濃厚な大人の話も好きですが、高校生ものも好きだー!
心癒されました。
関連記事
2011.01.17 01:11 | 杉原理生 | trackback(0) | comment(2)
            

こんにちは♪にゃんこさんの日記を読んで、ずっと気になってた「夏服」読みました~!すっごく素敵でした!最初から最後まで爽やかで、夏の抜ける様な青空とか風景が想像できるくらいに描写が丁寧で、何度も胸がギュッっとなりました。私は、基本的に"先輩"と言う言葉に弱いのですが、先輩×後輩のお話しの中で一番爽やかで、一番可愛くて...一番好きなものになりました(*^_^*)
この作家さんは一度読んだ事があったのですが、そのお話しはあまり好みではありませんでした..でも今回読んでみて大正解でした!こういう事があるから、色々な作品を期待を込めて買ってしまうんですよね~笑爽やか200%の作品に出会えて、本当に良かったです!夏が少し待ち遠しくなりました♪

2011.03.25 09:33 URL | さち #- [ 編集 ]

さちさん、こんばんは~♪

タイトル通りとても爽やかな話でしたよね!
高校生の初々しさや白シャツのまぶしさにやられました。
まだ寒い日が続いていますが、早く夏のニオイを感じたい!
「先輩」、私も弱いですww

杉原先生は私も読み始めて日が浅い方ですが、最近どっぷり嵌ってます。
ステキな作品がまだまだあるので、是非さちさんもどうぞです~♪

コメントありがとうございました!
また是非感想聞かせてくださいね。ではでは~~

2011.03.27 02:31 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/933-2fd515cb

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |