にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

ダブル・バインド (2) :英田サキ

4199005943ダブル・バインド 2 (キャラ文庫 あ 4-7)
英田 サキ
徳間書店 2010-12-01

by G-Tools

色気のあるキャラたちがステキ!
早く続きが読みたい~。
【ダブル・バインド (2)/英田サキ/葛西リカコ/Chara文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
事件解決の糸口が見えないまま、二人目の犠牲者が出てしまった。
餓死死体遺棄事件を追う刑事の上條は、被害者ふたりの関係を探るために情報を集める中で、ある映像を見つける。
そこから、被害者の繋がりが見えてくるのだが…。
「ダブル・バインド」の2巻。
前作に引き続き、話の軸は餓死事件です。
事件を追う刑事である上條と、上條の高校時代の後輩である瀬名。
瀬名の従兄弟で暴力団の若頭・新藤と、同居している愛人・葉鳥。
この二組の恋模様が、事件に関わりつつ展開していく形になっています。
瀬名が世話をしている祥が事件の第一発見者だったことから、ふたりは16年ぶりに再会し、それを切っ掛けにして頻繁に会うように。
元々上條に好意を寄せていた瀬名は、上條に冷たい態度で接しながらも、本心では上條を求めています。
上條も瀬名に惹かれているけれど、「自分はホモじゃない」と頑なにそんな自分を抑えようとしている。
今回は、ついにそんなふたりが一線を越えます。
心が不安定になっていた瀬名が自分の気持ちを上條にぶつけ、上條はそれを受けとめるのですが、その瀬名が可愛いのなんのって!!
瀬名に惹かれる気持ちを自分で整理出来ないままだった真面目な上條がクラッときて、「恋愛感情かどうか分からないけれどとりあえず瀬名を受け入れる」という決断をするのは当然ですよね。
というか、なんだかんだ言いつつ瀬名を大切に思っている上條が、それを拒める訳がない!
その場の流れから「瀬名が日本にいる間だけの恋人」という形にはなっていますが、駆け引きめいたやりとりを続けていたふたりが、一歩踏み込んだ関係になってくれてとても嬉しいです。
ふたりの関係は始まったばかり。
これからいろいろとぶつかり合うのは必至だと思うのですが、読み手としてはそこが読み所なので楽しみですね。
一方、新藤と葉鳥の方は相変わらず、お互いの気持ちは相手に向いているのに、どこか不安定です。
新藤の感情表現が足りないのはあると思うけれど、一番の問題は葉鳥が新藤の愛情を受け入れられていないこと。
求めているけれど、無くしたときが怖くて信じたくない。
葉鳥を見ていると、自分の愛を叫ぶことより、相手の愛を信じる方が難しいのだなぁと改めて感じます。
でも…葉鳥はそろそろ真剣に向き合わなくちゃダメですよ。
向き合わないから、その気持ちが新藤への過剰な愛情表現に向かっていて、いつか破滅するのではないかとハラハラしてしまいます。
今回、最後の場面がフラグのように思えて仕方ないのですが…。
不安だ…とても不安…。
お願いだから、新藤と葉鳥には幸せになってもらいたい。
二組とも問題は抱えていますが、どちらもお互いの信頼関係がベースにあるのがいいなぁと思います。

兎にも角にも、瀬名が私の萌え心を掴みまくりのキャラなのです。
「俺を嫌いじゃないんだろ」という上條の言葉に、無言で小さく頷く瀬名が可愛い!
普段強がっていても、そういう素直な自分を見せられるくらいに瀬名は上條にちゃんと心を許しているんですよ。
何この可愛さ!
しかも色気も兼ね備えてるなんて…。
社会人としては経験を積んで自立している大人なのに、中身はとても不安定。
そんな瀬名を、上條は優しく見守り、支えてあげて欲しいです。
あぁもう上條になりたい!
瀬名の可愛い姿が見たい!
濡れ場はそんなに濃くないですが、上條視点の描写に萌えました。
以前にも何度か感想に書いていますが、個人的に、英田先生のエッチ描写自体にはあまり萌えません。
ただ、そこにキャラ萌えとかシチュ萌えがあると一気に感じ方が変わってくる。
今回はキャラ萌えが爆発して、エッチシーンに限らず、ちょっとした瀬名の仕草とか上條とのやりとりに萌えを感じられてすごくテンション上がりました!
2カップルとも美味しかったですv

ということで、ダブル・バインドの2巻ですよ!
1巻に引き続き、私の萌え心を捉えてやまない話でした。
キャラもいいし、事件も面白い。
事件の方は何となく犯人の予想は出来てきたのですが、どうなのかな?
祥の方も、過去が少し見えてきた。
でも、事件が祥と繋がっているのかどうかは分かりません。
最初から最後まで、ワクワクしながら読めてとても楽しかったです。
葛西先生の挿絵も、相変わらず色気があってステキでした!
早く続きが読みたいー!!

■シリーズ
「ダブル・バインド (1)」
「ダブル・バインド (2)」
「ダブル・バインド (3)」
「ダブル・バインド (4)」

■スピンオフ
「アウトフェイス」 新藤×忍

ダブル・バインド (キャラ文庫) ダブル・バインド 2 (キャラ文庫) ダブル・バインド3 (キャラ文庫)
ダブル・バインド4 (キャラ文庫) アウトフェイス  ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)

■ドラマCD
Chara CD Collection ダブル・バインド Chara CD Collection ダブル・バインド2
関連記事
2010.12.05 01:20 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/918-b407cfd2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。