にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

八月七日を探して :樋口美沙緒

4199005811八月七日を探して (キャラ文庫)
樋口 美沙緒
徳間書店 2010-07-27

by G-Tools

切なかった…。
樋口先生の既刊本の中で一番好きです!
【八月七日を探して/樋口美沙緒/高久尚子/Chara文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
階段から転落し、3ヶ月間の記憶を無くしてしまった水沢涼太。
幼馴染みの二宮恭一は転落で骨折した涼太を献身的に世話してくれるが、涼太はそんな恭一の行動に苛ついてしまう。
そんな中、毎晩のように男に抱かれる夢を見るようになった涼太は、記憶のない三ヶ月間の間に自分は誰かに抱かれていたのではないかと思うようになるのだが…。

高校2年生の涼太と恭一は、小学生の頃からの幼馴染み。
中学生の頃まではいつも一緒で、スポーツも勉強も出来る恭一を自慢に思っていたし、一番近くで何でもわかり合える親友だと疑うこともなかった。
けれど、ある日突然された告白。
答えは入らないと言う恭一と、何事もなかったかのように再び日常が始まるが、関係は少しずつ変わっていく。
高校進学後、一緒に入った陸上部をひとりで辞めて以来、涼太は恭一と距離を取るようになっていた。
そんな中起きた転落事故と記憶喪失。
献身的な恭一の態度に苛つき、思い出せない男との関係に怯え、涼太の不安はどんどん大きくなっていく。
涼太は『夢の男』を探そうとするのだが…。
という、高校生の記憶喪失ストーリー。
思い出せないけれど、夢に出てくる情景はリアルで、記憶にない3ヶ月間の間に男に抱かれていたと思うようになっていく涼太。
その相手は誰なのか?
場所と服装から考えると、生徒会長の北川が怪しい。
でも、本当に?何故?
読み進めると漠然と相手は想像出来るのですが、そこに至る過程が分からないからモヤモヤし、先の展開が気になって仕方ない。
そして、涼太は恭一との関係にも心が揺れています。
ずっと親友だった恭一に対して劣等感を抱くようになり、恭一の優しさを素直に受け取れなくなっている涼太。
優しさを拒みながらも、自分の知らない恭一を見ると苛ついてしまったり、自分で自分の気持ちがよく分からなくなっている。
切っ掛けはいくつかあるけれど、元を辿ればそれは恭一の告白です。
恭一が涼太の答えを求めなかったことで、涼太は自分でも気付かないうちに心のモヤモヤが積もっていきます。
この涼太の心理描写が、読み進めるとすごく胸にくる。
素直になりたいのになれないのは何故なのか。
それが分からずモヤモヤしてしまった経験は自分自身結構あるので、身につまされる思いで読んでいました。
素直に吐き出してしまえば、意外と簡単に答えは見えてくるのかもしれない。
一方の恭一も、すごく不器用なんですよね。
しっかりしているけれど、涼太のことになると途端に臆病になってしまう。
ひとつひとつは些細な事でも、互いの気持ちが伝わっていないから積もり積もって大きな誤解に繋がってしまっていたふたり。
その心の動きに「どうして素直になれないの!」と思いつつ、そんな不器用さに共感して、どんどん惹き込まれていきました。
ずっと涙腺は緩んでいたけれど、最後の場面に出てくるメールの文面に心撃ち抜かれて決壊しました…。

話の面白さだけでなく、キャラも魅力的!
涼太みたいに、ツンツンしているのに繊細なタイプには弱いです。可愛い!
感情が抑えきれなくて泣いてしまう場面にキュンとしちゃいます。
そしてそんな涼太が喘がされているなんて、萌えまくるに決まってます!
記憶がないのに開発されちゃってる身体を持て余す涼太に萌え。
エッチになるとスイッチが入る恭一に拍手(笑)

ということで、「愛の巣へ落ちろ!」で好きになりまとめ買いした樋口先生の作品(と言っても全部で3冊しかないですが)の中の1冊。
ファンタジーもいいけれど、私はこの作品が一番好き!!
記憶のない3ヶ月間に一体何があったのか?
そんな謎解き要素に加え、ふたりの心情がとても丁寧に書かれています。
高校生らしい不器用さと感情の揺れが、甘酸っぱくも切ない。
「愛の巣へ落ちろ!」でも思いましたが、樋口先生は話の組み立て方が上手いですね~。
軸がしっかりあるので安心して読めます。
エロがちゃんとエロいのもいい!
今回は高久先生の挿絵もとても合っていて、萌え度アップ!涼太に激萌え!
大満足の1冊でした♪
関連記事
2010.11.23 01:41 | 樋口美沙緒 | trackback(0) | comment(4)
            

こんばんは。

私も「愛の巣へ落ちろ!」にハマり、この作品に手を伸ばして更にハマったクチです。
元々記憶を扱ったお話が好きなんですが、この作品はお書きのように物語の組み立てが巧みで、真相は何となく見えてくるのにラストまで目が離せませんでした。

挿絵も繊細でステキでした~。

次回作が楽しみな作家さんですよね。

2010.11.24 00:05 URL | コモ #- [ 編集 ]

コモさん、こんばんは~

コモさんも同じパターンなのですねw
樋口先生の評判は時々耳にしていたのですが、花丸の方の2作が自分の守備範囲じゃないわ…と、ずっと手に取らずにいました。
もっと早く魅力に気付くべきだった!
話の組み立てと文章が上手く、着地点がしっかりしているので、ネタがイロモノでも安心して読めます。

今後大注目の作家さんですよね!
コメントありがとうございました~(´∇`) ではでは

2010.11.28 03:18 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんにちは~♪
にゃんこさんの日記を読んで気になって、「八月七日を探して」を買っちゃいました(*^_^*)
始め~最後までずっと目が離せなくて、すごく面白かったですっ!!!
何度か出てくる夢の場面も内容が少しずつ違って、ドキドキしながら読みました~!
色々な場面にエロが良い感じに入っていながら、謎解きを追う感じが、今までに無い、とても魅力的な作品でした~♪
雰囲気も、独特な静かさを感じる繊細な文章で、挿し絵もそれにぴったりで..すごくハマってしまいました!!
この作家さんは初めて読みましたが、私にはドストライクでした~☆本当に買って良かったです!!

自分で買うとなると、読んだ事が無い作家さんだと買うかとても迷います..失敗が多いので...(-ω-)
にゃんこさんのおかげでお気に入りの本が1冊増えました♪゛ありがとうございますっ!!!
とても参考になるので、これからも楽しみにしてますね~(*^_^*)

2010.12.03 11:35 URL | さち #- [ 編集 ]

さちさん、こんばんは

樋口先生は私も友人から薦められたのが切っ掛けで手に取ったのですが、とても面白いですよね!
特に、この作品が私は一番好きで、今年のベストに入れようかな~と思っているくらいです。
他の作品も面白かったし、今月新刊が出るようなので、別の作品もぜひどうぞ♪

楽しみにしていただきありがとうございます!
私も友人の意見を聞いたりしていますが、最初の頃は誰が自分の好みに近いのか分からず、失敗も多くありました。
もちろん、個人的な好みなので失敗=面白くない作家さんではないと思うのですが、萌えは人それぞれ違うので難しいですよね…。
ブログの記事は私の感想でしかありませんが、少しでもお役に立てれたら嬉しいです。
そして、同じように萌えを感じていただけると、さらに嬉しいです!

コメントありがとうございました。
とても励まされます!
またぜひどうぞ~(^^)

2010.12.04 20:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/914-6a24814b

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |