にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

愛の巣へ落ちろ! :樋口美沙緒

4592876245愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)
樋口 美沙緒
白泉社 2010-04-20

by G-Tools

評判がよさそうなので手に取ってみました。
面白いじゃないかー!可愛い!
【愛の巣へ落ちろ!/樋口美沙緒/街子マドカ/花丸文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
節足動物と人類が融合した未来の世界。
起源種によってハイクラス、ロウクラスに分けられ、生活環境は全く違っていた。
ロウクラスのシジミチョウ科出身の青木翼は、ある日テレビ番組で見たある高校生の発言に大きく心を動かされる。
その高校生に憧れ、ハイクラスが通う星北学園に特別奨学生として入学した翼だったが…。

隕石の衝突によって人類は生存の危機に瀕し、生命力の強い節足動物と融合した。
起源種の違いによってクラス分けされ、ロウクラスは上位にあるハイクラスと関わることはほとんど無い。
そんな中、翼はロウクラスのシジミチョウ科出身でありながら、特別枠で星北学園に入学し、寮生活を送ることになる。
ロウクラスに対する差別はあるが、同室になった央太(スジボソヤマキチョウ)や寮長の兜(ヘラクレスオオカブト)、副寮長の真耶(ヒメスズメバチ)のような理解者もいる。
そんな寮の中に、翼は未来への希望と勇気を与えてくれた星北学園の生徒を見つけ、心躍らせた。
しかし、その生徒・七雲澄也(メキシカンレッドニータランチュラ)は周囲から恐れられる問題児で、翼に対しても冷たい態度。
「シジミチョウは嫌いだ」という澄也の言葉に傷ついていた翼だが、思わぬトラブルで澄也に抱かれてしまい…。
という、少し変わった世界観のファンタジーです。
いくらなんでも昆虫と融合って!という突っ込みはさておき、昆虫の性質を残している人間がいる世界で繰り広げられる学園ラブストーリー。
前向きで一生懸命な姿とは裏腹に、翼には人には言えない秘密がある。
幼い頃からずっとその秘密のために過保護に育てられてきた翼は、TV番組で聞いた澄也の言葉で生きる希望を見つけ、努力を重ねた末に星北学園に入学します。
でも、澄也は翼が思い描いていた人物とは違っていて、成り行きで気持ちが通じ合わないまま身体の関係を持つことに。
冷たい態度だけどふとした時に優しさを垣間見せる澄也に対し、翼は憧れを捨てきれずにいて、次第にそれは恋愛感情になっていく。
一方の澄也も、素直ではないけれど翼に対する態度に変化が見られ、これでふたりは上手くいくのかしら…と思った矢先、澄也のいとこ・陶也(ブラジリアンホワイトニータランチュラ)が現れたことで状況は一転。
ここまでの展開はラブコメではよくあるパターンかなと思いますが、この特殊な設定で十分普通以上の面白さがありました。
そして、樋口先生の巧さはここからですね!
惹かれ合っていても、価値観の違いから噛み合わないふたりの気持ちが書かれていますが、翼の体質や澄也の背景とか、そういった所がとても上手く盛り込まれている。
だから、翼のその体質故に起こった騒動をすんなり受け入れられました。
詳細は伏せますが、普段の私だったら小説でこの展開に出会うと(そもそも私が普段読む本で出会うこと自体がほとんどない)、ファンタジーとは言え「男同士だから必要ない!」と冷めた目で見てしまうことが多いです。
でも今回は不覚にも「なるほどそうきたか!」と思う自分がいた…(笑)
土台がしっかりしていれば苦手展開も大丈夫になるのだな!と、新たな発見をしたのでした。

そして、話だけでなく、萌えがしっかり盛り込まれていてテンション上がりました!
設定がとてもエロに活用されていますね~。
見た目は普通の人間ですが昆虫の能力も残っているので、意識的に羽を出したり、触手出せたり、はたまた薬やフェロモンを分泌できたり。
人間同士のエッチなのに、触手プレイとか出来ちゃうんです!
めちゃくちゃ便利(笑)
そんなオプションを駆使されながら、快楽に翻弄されてしまう翼がとても可愛い!
一応高校生設定ですが、小柄な身体なのでショタっぽい雰囲気ですね。
エロ描写もとても好みで堪能させていただきました~♪
触手エロって美味しい…むふ、むふふふ

ということで、初読みの樋口先生面白かったです!
評判よさそうなのは知っていましたが、タイトルと表紙の雰囲気で私の守備範囲外だと思っていたこの作品。
今回、本の好みが似ている友人に薦められて手には取ってみたものの、実は内心疑心暗鬼でした。
……疑ってすみません!!
特殊設定なので力業で展開していくのかと思いきや、話がしっかりしていて吃驚!
ただのイロモノじゃない!
軸になる部分の組み立てが上手いですね。
そして話のリズムがいいので、間延びすることなく、最後まで面白く読めました。
キャラもいい。
翼も澄也も普段の顔とは違う影の部分があって、そうした背景含めて人物が書かれているので感情移入しやすいです。
萌え要素もしっかりあって、満足度の高い1冊でした。
番外編が載っている同人誌をまとめ買いしたので、届くのが楽しみ~。
樋口先生、作家買いリストに追加したいと思います♪


動物と人間が混ざっているという設定だけじゃなく、その特殊設定の裏にある心理描写に胸を打たれたり。
話の雰囲気が「SEX PISTOLS」に似ているなぁと、感想を書きながらふと思ったのでした。

■シリーズ
「愛の巣へ落ちろ!」 澄也(メキシカンレッドニータランチュラ)×翼(シジミチョウ)
「愛の蜜に酔え!」 綾人(クロオオアリ)×里久(クロシジミチョウ)
「愛の裁きを受けろ!」 陶也(タランチュラ)×郁(カイコガ)
「愛の罠にはまれ!」 兜(ヘラクレスオオカブト)×篤郎(オオスズメバチ)
「愛の本能に従え!」 大和(オオムラサキ)×歩(ヤスマツトビナナフシ)

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫) 愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫) 愛の罠にはまれ! (白泉社花丸文庫) 
愛の裁きを受けろ! (白泉社花丸文庫) 愛の本能に従え! (白泉社花丸文庫)
関連記事
2010.11.16 01:39 | 樋口美沙緒 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/911-475c80e7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |