にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

459285070Xエンジェルヒート―Blood (花丸文庫BLACK)
西野 花
白泉社 2010-10-19

by G-Tools

期待を裏切らず、エロいっぱい!萌えいっぱい!
なるほど、スピンオフが出たのはこのためだったのですね(違)
【エンジェルヒート~Blood~/西野花/鵺/花丸文庫BLACK(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
裏の世界で売買されている媚薬・エンジェルヒート。
紆余曲折を経て、その元締めである組織『ヘブン』のトップである兄弟・景彰と漣の性奴隷となった七瀬。
ふたりとの関係は、主従の関係を超えたものとなっていたが…。

ある事件で景彰と漣に捕らえられてしまった七瀬。
ふたりに気に入られた七瀬は「エンジェル」と呼ばれる性奴隷にされてしまう。
無理矢理始まった関係はずが、七瀬はいつしかふたりを愛するようになり、その関係を受け入れる事で幸せを感じていた。
しかし、景彰と漣の実家である暴力団・桔梗会の会長が倒れたことで、三人の置かれた状況が一変。
次期会長であるふたりの兄・北城剛成は、七瀬にふたりのうちどちらか1人を選べと迫るのだが…。
前作で七瀬がふたりへの恋愛感情を自覚し、3人の関係は安定期に入っています。
そこに突然訪れた危機!
3人の関係のバランスは崩れ、景彰と漣は、自分を選んで貰うためにそれぞれ別々に七瀬と時間を過ごすようになる。
そんな中で、七瀬はやっぱり3人じゃないとダメだ!という想いを強くしてゆき、自ら行動を起こすという展開。
3人で関係を続けていくには、この手の葛藤は乗り越える必要はありますね。
七瀬の気持ちよりも、私は景彰と漣がお互いをどう思っているかの方が気になりますが…。
兄が登場し、景彰&漣兄弟の背景が少し分かってくる話でした。
毎回言いますが、このシリーズは話の中心にあるのはエロであり、すべてはエロの為の伏線です。
なので、流れはシンプルで、突っ込みどころもいろいろとある。
でもいいんです、エロければいいんです!
その域に達すれば、どんな強引な展開も「ここからどんなエロ受難が七瀬の身に!?」というワクワクに脳内変換されるので楽しくなってきます(笑)
このシリーズの場合、どうしても強引にならざるを得ない、出会いから関係が落ち着くまでが1作目で終わっているので、2作目以降は気楽に読めるのがいいですね~。

さて、本題に入りましょう!
以下、エロに関してネタバレしています。
挿絵見れば分かる事なので隠す必要はないのかもしれませんが、未読の方はご自身の判断でこの先は読んでください。

濡れ場の数は、1作目6回、2作目7回、そして今回は前回と同じく7回でした!
内容としては、3P 3回、2P 3回、5P的なものが1回。
一番の見所は5P…!
5Pと言っても乱交状態ではありません。
3Pと2Pが受でくっついて、つまり百合プレイなのですよ!
百合!百合!
なるほど、これをやるためにスピンオフで鴫原と雛希カプが出たのですねww
まぁそれは言い過ぎですが、でもこのキャラ設定だからこそ自然に(?)出来るシチュエーションだと思います。
吉田先生の「ピジョン・ブラッド」にも同じような体位はあったのですが、そちらは両性具有なのである意味本物(笑)
こちらは正しい「百合プレイ」と言ったところでしょうか!
BLで初めて出会った気がします。
なかなかこんな状況作れませんからね~。
この濡れ場だけで2つも挿絵があって、両方とも気合い入った画なのがまたテンション上がる!
鵺先生の挿絵が今回も絶好調でございました。
他には、緊縛に覗き部屋、車や病室で…などなど。
個人的には、お仕置きの緊縛プレイが好きです!
愛あるハードなプレイに萌える!!
苦しくてもその先に快楽がある事にハァハァしている七瀬のドMさに萌え滾る!!
そして、3P恒例の二輪挿しはありませんが、兄弟以外との絡みは今回もあります。
そこで「身体で屈服させろ」と言われるのですが…。
騎乗位とかで頑張るのかと思いきや、結局翻弄されっぱなしの七瀬。
最初はおや?と感じたけれど、七瀬はこれで男を喰うのだなと妙に納得させられるエピソードでした(笑)
このシリーズで最強なのは間違いなく七瀬ですね。
精気を注ぎ込まれ、吸い取り、男を喰う!!
七瀬恐るべし!

ということで、待ちに待ったエンジェルヒートの続編。
今回の感想もエロMAXでお届けしました(笑)
突っ走った感想で申し訳ありません…。
でもこのシリーズに関しては冷静に感想書けないのです。
だって、こんなにハイテンションで読むBL本はなかなかない!
正直なところ、2作目の「in Love」よりは萌え度が低いのですが、それでも普通のラインを超えた萌えをいただきました。
上記にも書いたように、愛あるハードプレイが読めるという所に私はテンションが上がるので、これからもその路線を突き進んで欲しいです。
マイナープレイばっちこい!!
願わくは、次はエネマやフィストあたり来てもらえると大興奮で萌え転がります。
この3人では展開的に厳しいなら、新カプでもっとハードSM路線とかあったらいいな…花丸文庫さん、お願いします!!
エロがエロいってステキですね。
西野花先生と花丸文庫BLACKの漢前っぷりに、今回も拍手!
ビバエロ!ビバ3P!!
続編を全力でお待ちしております~♪

■シリーズ
景彰&漣×七瀬
「エンジェルヒート」
「エンジェルヒート~in LOVE~」
「エンジェルヒート~Blood~」
「エンジェルヒート〜Devil〜」
「エンジェルヒート〜vacances〜」

鴫原×雛希
「ストレイエンジェル~天使志願~」

エンジェルヒート (白泉社花丸文庫BLACK) エンジェルヒート in Love (白泉社花丸文庫BLACK) エンジェルヒート―Blood (白泉社花丸文庫BLACK)
エンジェルヒート ~Devil~ (花丸文庫BLACK ニ 1-8) エンジェルヒート 〜vacances〜 (花丸文庫BLACK)
ストレイエンジェル 天使志願 (白泉社花丸文庫BLACK)
関連記事
2010.10.28 01:15 | 西野花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/905-f923a87f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |