にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

花夜叉、花鬼 :山藍紫姫子

4048730444花夜叉
山藍 紫姫子
角川書店 1997-04

by G-Tools

4048735039花鬼
山藍 紫姫子
角川書店 2003-12

by G-Tools

さ、さすが山藍先生!すごかったです。
期待以上のエロさ。
いろんなプレイしちゃってます!
マニアックですが超オススメ!
自分的にはアリだけど、倦厭するヒトはいるだろうな…(^_^;)
でもこんな事(!)やあんな事(!!)してても、
何故か耽美にまとまってるのはすごいわ。
【花夜叉、花鬼/山藍紫姫子/水上有里、小林智美/角川書店(1997,2003年)】

オススメ:

↓ネタバレしてます。caution!!
あらすじ
能の名門藤代流の若き後継者・篠芙。神懸かった舞の才能と、たぐい稀なる美貌を持つ彼は、稚い頃より、観月の四長老にその身を捧げ、一度廃絶した藤代流を復興させるための贄となってきた。だが、藤代は異母弟の明煌が襲ぐことになり、篠芙の運命は大きく変わってゆく。男たちに弄ばれ、支配されてきた篠芙が、華麗なる舞の裡に秘めた想いとは―。狂おしい官能の美を描いた至極の愛の物語。


感想など
能の世界のお話です。
名門観月流に連なる藤代流の跡取りである藤代篠芙(しのぶ)が主人公です。
その異母弟である明煌(あきら)との話がメインの流れ。
篠芙は受ですが、明煌に対しては始めのうち攻です。
明煌はどっちもオッケーなんだな。
(個人的には明煌の受けはいやだ…)
つまり近親相姦なんですが、それ以上に話は複雑です。
藤代のために観月流のオヤジたちにいたぶられてる篠芙さんですが、
オヤジたちの策略によって、藤代流は明煌が襲ぐことになり、
篠芙は観月流の次期宗家となりました。
結局おやじ達に加え、パトロンの爺さんとかにも
身を捧げなければならない生活が続きます。これがまたエロい。
篠芙はやられることに心は抵抗するものの、
体は調教されまくってるので言うこと聞いてくれません。
いや~、このおやじ達のエネルギーはすごいよ。
絶倫だね(^_^;)
明煌は始め篠芙に虐げられ、やられちゃってたので、
篠芙を憎んでいますが、藤代流をついでからは立場が逆転しちゃいます。
で、篠芙への倒錯した愛情に気付き苦悩の日々を送るんですね。
明煌さんも結構普通じゃない人だけど、この作品ではまともだわ…。
最終的には二人は結ばれる訳ですが、それも策略のうち?
おそらくこの先も苦しい生活が待っていると思われる篠芙ですが、
心の拠り所を手に入れられてよかった!
救いようのない最後だったら、へこみましたよ。
篠芙と明煌の精神的なつながりが萌えます。
結局、すべてが真木さんの思惑通りって感じかもしれないけど、
真木さんは篠芙を愛してるから(でもかなり屈折)、ま、よしとしよう。
ふり返ってみるとみんな変態ですよね…。
いっちゃってます。

花夜叉はハードカバー版が見つからず、文庫で購入。
花鬼はハードカバーです。。
でも絶対ハードカバー版の花夜叉を買います!!
小林智美さんのイラストが耽美です。
表紙だけ見ると内容想像できません。
でも挿絵はやらしすぎるって!!
正統派の絵で真面目に描かれるといやらしさが増すわ~。
一般の人がつい手にとって、中の挿絵見たら思わず叫ぶよ…。
文庫版は中の挿絵がないので、絶対ハードカバー版がオススメ。

追記:2006.2.20
先日、ハードカバー版「花夜叉」ゲットしました。
この本、古本屋に全然無くて、少々苦労いたしました。
イラストが小林先生ではないのですねー。
ちょっと残念。
※花夜叉(文庫。表紙のみ)、花鬼が小林先生です。



とにかく個人的に超ツボでした。
でもマニアックなツボなので、用心してかかって下さいね(笑)
関連記事
2006.01.23 14:19 | 山藍紫姫子 | trackback(1) | comment(9)
            

にゃんこさん今晩は☆

山藍先生の記事にコメントを頂きましてありがとうございました。
お返しTBをさせて頂きますね。

このシリーズは、小林先生の表紙が美麗ですよね♪
基本的には文庫をメインに所有している為、ハードカバー版で購入をしたものは、
「花鬼」だけになってしまいますが、挿絵のエロさに驚愕致しました。(笑)

勿論、山藍先生の文章も大変な事になっているのですが、にゃんこさんの、
「ふり返ってみるとみんな変態ですよね…。 」
に、これ以上無く同意をさせて頂きたいと思います。

BL世界そのものが、ある意味では変態ばかりだとは思うのですが、
このシリーズは、変態の度合いが違いますね。
女性陣までもが普通の精神ではありませんし。

山藍先生の作品と言うのは、「面白いか詰まらないか」と言うよりも、
「好きか嫌いか」で判断の別れるものが多いかと思いますが、
私にとっては「大好き」の部類に入っています。(笑)

それにしても、にゃんこさんのブログは、本当に沢山の山藍作品の感想があって
凄いですね。山藍作品は、読みたい作品に限って、悉く絶版になっているものが多いので、
ありがたく拝見させて頂きました♪

そうそう、コメントついでで何ではございますが、私のブログからリンクをさせて
頂きましたので、ご報告をさせて頂きます。

気付いたら、長々とした文章になってしまいましたので、そろそろ失礼をさせて頂きますが、
今後もちょこちょことブログを拝見させて頂きますね。

それではまた☆

2006.07.28 21:04 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは。

コメント&TBありがとうございます。
さらに、リンクもして頂いて感激です。
こちらからもリンクさせて頂きましたので、これからもよろしくお願いいたします!

>「面白いか詰まらないか」と言うよりも、「好きか嫌いか」
確かに。
さらに言えば「受け入れられるかどうか」でしょうか?
山藍先生の作品、時々とてつもない事態になりますからね(笑)
私は「大好き」なのですが、山藍先生の作品のレビューが全然無かったので、「これはイカン!」と思い、マイナーな作品含めレビューしてます。
私は、基本的に耽美小説が好きなので。
確かに絶版してる本が多いですが…(苦笑)
ハスイさんのブログにレビューがあるのを発見して、うれしかったです!

それでは、またおじゃまさせていただきます☆

2006.07.31 14:05 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.08.01 20:13  | # [ 編集 ]

こんにちは。にゃんこさん。お久しぶりです!^^セナです。

本当に久しぶりに来たので、覚えていただいてないかもしれませんね。(涙)
韓国は今夏休みの真っ最中です。それで一所懸命その間読んでないBL本を読んでいます。
にゃんこさんはお元気ですか?^^

実は最近山藍紫姫子先生の世界にハマっています。(笑)絶版が多くてオクションなどからもいろいろ探し出したくらいです。(苦笑)
花夜叉、花鬼はちょっと購入を悩んでいたところです。ストーリーと人物の関係が複雑すぎて...まあ、本来山藍先生の世界は複雑ですけどね。

でもにゃんこさんの記事を読んで購入決定しました!本当にありがとうございます。
外にもいろいろ感想を参考していただいて、助かりました。^^これからはもっと遊びに来ていいですか?

2007.07.17 08:02 URL | セナ #mQop/nM. [ 編集 ]

セナさん、こんにちは~

お久しぶりです!
韓国は夏休みなのですね、羨ましい~。
日本も大学はもう夏休みに入っている所が多いんじゃないかと思いますが…私も長い夏休みが欲しいです!

山藍先生の本は絶版が多くて、集めるのが大変です。
日本にいてもなかなか巡り会えなくて、私もオークションなどを活用していますよ。
「花夜叉」「花鬼」は能の世界が舞台なので、雰囲気をつかむのが大変かもしれませんね。
でも私はとても好きなので、気に入っていただけるといいなぁと思います。

コメントありがとうございました!
これからも是非遊びに来てくださいねw
夏休みを満喫してください~☆
ではでは。

2007.07.17 11:11 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

古い記事へのコメントでごめんなさい!

最近、山藍先生に嵌って花鬼を読んだんですが、、、錦鯉って騒がれている部分がお菓子の鯉だったんですけど修正されたのでしょうか??? 別に生の鯉が良かったわけじゃないんですけど、、。。。

2009.05.10 20:46 URL | かんぽ #- [ 編集 ]

かんぽさん、こんばんは!

今「花鬼」を読み返してみたら、確かにお菓子でした…!
あわゎ、すっかり思いこみで読んでいたようです。
恐らく「山藍紫姫子の世界」の記事からこちらにコメントしていただいたのではないかと思うのですが、明日にでも「山藍~」を確認し、訂正したいと思います。
間違えたまま2年も感想を放置していていたのかと思うと恥ずかしい…(^_^;)

>別に生の鯉が良かったわけじゃないんですけど
どちらでもいいですが、確かに気になりますよね…。

最近山藍作品を読んでいないのですが、久しぶりに読み返してみると、読んだ当時のドキドキが蘇り、再読したくなってきました。
これを機に読み返して記事を書き直そうかなぁ。

ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m
古い記事ですが、コメントいただけると嬉しいので、またお越しくださいませ♪
それではまた。

2009.05.11 01:50 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

良かった~~~
他の方もブログで生の鯉ということで
戦いていたんですよ!

でも、私の本はお菓子の鯉になってるし・・・
一体何があったの??
と、思っていたんです~~
スッキリしました。

山藍先生、素晴らしいですね!
もっと早く読んでみればよかった・・・

2009.05.12 10:10 URL | かんぽ #- [ 編集 ]

かんぽさん、こんにちは!

他の方も生の鯉だったのですね…。
挿絵もあったし、ちょっと冷静には読めない内容だったからなぁ(笑)

山藍先生素敵ですよね♪
私もたくさん読んだのは最近で、もっと前から追っていればよかったなぁと思ってます。
新しい作品が出るといいですね~

それではまた(^^)

2009.05.13 14:43 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/9-834eeed0

花鬼
【内容紹介】+FC2Affiliate+何より欲しいあなたのために、人より堕ちて鬼となる??六百年の歴史を誇る能楽界最大流派観月流三十代目宗家をつぐ美貌の能楽師、観月鏡花。観月のために身体を捧げた鏡花が、華麗なる舞の

2006.07.28 20:41 | +synapse∞Type-Bee+

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |