にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4344819993バロックの裔 -無垢なまなざし- (リンクスロマンス)
和泉 桂
幻冬舎コミックス 2010-08

by G-Tools

新しいシリーズだそうです。
うーん、パンチが足りないなぁ…。
【バロックの裔~無垢なまなざし~/和泉桂/梨とりこ/リンクスロマンス(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
華やかな皇國の首都・皇都に隣接するバロック。
そこは、悪人たちが住まう無法地帯であり、バロックの住人は都に管理されることなく六花という少年によって管理・庇護されていた。
幼い頃にバロックに捨てられ、今は掏摸を生業とする竜胆という女性と共に暮らす三春は、掏摸としてはまだ半人前。
経験を積むため都に出ていた三春は、そこで松宮子爵家の長男である良成と出会う。
住む世界が違うと分かっていても、良成に惹かれていく三春だが…。

架空の国の設定ですが、ベースは明治(~大正?)時代の日本。
東京の片隅にあるスラム街のような一角をバロックと呼んでいて、そこは日本であっても日本の統治から外れた場所という設定です。
竜胆や三春のような掏摸だけでなく、やくざや詐欺師、強盗など様々な悪人たちが住んでいる場所。
そこを統べているのはどうやら六花という少年で、さらにその奥には影の世界があるようなのですが…そこは今回出てきません。
フラグが立っているので、シリーズが進めばきっと登場すると思います。
今回のカップルは、そんなバロックの住人で、掏摸として一人前になろうと頑張っている三春と、都に住む子爵家の長男・良成。
身分違いの恋です。
三春は、バロックの住人であることを告げても差別することなく、優しく接してくれた良成が気になり、会えることを楽しみにしているうちに、良成に惹かれている自分に気付きます。
そしてその姿を追っているうちに、良成が恋人に騙されている事を知ってしまう。
何とかしたいと身元を偽って子爵邸に入り込むけれど、何も知らない良成は三春の意図が分からず困惑してしまいます。
まぁ当然ですよね…。
良成も三春のことを特別に思っていますが、だからこそ突然家に現れ、初対面のような態度を取られたらいい気はしません。
このすれ違いがあったから話が盛り上がっているとは思うけれど、この場面含め、話の展開と人物の心理がいまいち噛み合っていないなぁと感じてしまいました。
場面場面は納得できても、そこに至る流れだったり、背後にある感情だったり、そうしたところが物足りない。
例えば、そんな簡単に子爵家の下男として入りこめるなら、別に三春は掏摸しなくても都で生きていけるのでは?と思ってしまう。
それにも関係しますが、バロックで三春の向かいの長屋に住む桐谷黎士と、バロックに事務所を構えながらも都の人の依頼を受けている弁護士・古閑侑生。
ふたりはどうやら特別な関係で、桐谷に頼まれたからと言って、侑生が何故そこまで面倒な手回しをして三春と良成を助けているのか。
これ、ちょっと所の労力じゃないですよね?
その割にその件に対して良成があっさりしすぎているような…。
三春と良成、桐谷と侑生、そして松宮家のゴタゴタが、同じ流れの中にあるはずなのにバラバラな印象です。
良成がもっと頑張らないと!
三春は素直で可愛く、キャラを掴みやすかったけれど、良成のイメージがぼんやりしてしまっている。
桐谷と侑生が思いの外出張ってました。

濡れ場は一応3回あるけれど、そのうち1回は誤解が切っ掛けになって強引にというもの。
冷静に考えたら「だからと言って強姦はいかんだろう!」と突っ込みたくなる場面ですが、BL的にはよくあるパターンですねw
痛がる受が好きな私には美味しい展開で、今回は三春が可愛いいのでさらによし。
あ、痛がると言っても流血とか(実際はしてると思うけど)SMとかそういった描写があるわけではありませんので悪しからず~。

ということで、和泉先生の新シリーズです。
第1弾は王道に身分違いの恋。
三春は可愛かったのですが、全体的に話の展開にぎこちなさを感じてしまい、スッキリしない読後感になってしまったのが残念です。
次の話でメインになるだろう桐谷と侑生が表に出すぎなのでは。
もうちょっと良成に焦点を当てたり、格好いい場面をつくってあげたりしたらよかったのになぁと思います。
設定の割にこぢんまりとしてしまったかな。
少し辛口な感想になってしまいましたが、桐谷&侑生カップルは清澗寺シリーズの次男編に似たニオイがするので楽しみです。
梨先生の挿絵も好きなので、今後の盛り上がりに期待!

■関連作
「凍える吐息」 桐谷×侑生
関連記事
2010.09.16 01:37 | 和泉桂 | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさんこんばんは!

レビュ拝読させていただきました。
先ほど書いた拙ブログ記事にて桐谷と古閑を「深沢と和貴みたい…」と書いたのですが、
にゃんこさんの此方の記事、最後の一言に運命を感じてしまいました!(違

ということで、トラックバックをいただいてゆきます…!

2010.09.17 22:22 URL | 伊吹亜弓 #u77LlXc2 [ 編集 ]

伊吹さん、こんばんは~

>深沢と和貴みたい
ですよね!
同意を得られて嬉しいですww
和貴編は濃厚なので、こちらのシリーズの続編もパンチが効いているといいなぁと思います!

こちらからもうかがわせていただきますね♪
レス遅くなってしまい申し訳ありませんでした(>_<)
またぜひお越しくださいませ!ではでは~

2010.09.19 02:11 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/891-9ba1c99e

バロックの裔~無垢なまなざし~
旅行でもないのに…5日も小説を読まない…など…… それもこれもファン精神がとうとう厨に昇華してしまったからでしょうか。 ある作家さん...

2010.09.17 22:19 | BL.ue-BL.oom

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |