にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

義父~梅花日記~ :丸木文華

4781604536義父―梅花日記 (AZ NOVELS)
丸木 文華
イースト・プレス 2010-08

by G-Tools

今月2冊目の丸木先生。
義兄弟の次は義父ですか!濃いです。
【義父~梅花日記~/丸木文華/丸木文華/アズノベルズ(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
両親を亡くした徹雄は、父の友人である紀田清一に引き取られ養子となった。
清一は将来徹雄に紀田財閥を継がせようとしているが、徹雄は絵画の道を志したいと思うようになっていた。
17歳を目前にしたある日、徹雄はその気持ちを清一に伝えるが、そんな徹雄に清一は激怒して…。

時代は明治。
清一は庶子ながら紀田財閥を継いでいるが、34歳になっても妻を迎えようとはせず、養子に迎えた徹雄を溺愛していた。
過保護に育てられ、性格的にも大人しい徹雄は、絶対的な存在である清一に意見する事もなく、清一に従っていることに疑問を持つこともなかった。
そんなある日、徹雄に絵画を教えていた画家・安田の熱意に押され、絵画への道を清一に打診してみることに。
しかし、清一は全く取り合わず激怒してしまう。
その態度に反発した徹雄は、初めて清一と今後について思い悩むことに。
そうした中、徹雄を快く思わない紀田家の一員によって怪しげな集団の元へ連れて行かれてしまう。
間一髪清一によって助け出されるが、清一は媚薬を盛られた徹雄を犯し、それ以来親子の関係は一変する。
徹雄を別宅に軟禁し、毎日のように身体を求める清一。
エスカレートする清一の執着から、徹雄はどうにか逃げだそうとするのだが…。
という、親子と言っても血の繋がらない父と子の話です。
徹雄が素直に清一の庇護下にいた時は「過保護な父」の範囲内だったのに、徹雄が自発的に外に出ようとしたことで「子供に執着する父」となり、さらに肉体関係を持ってしまった後は父という枠を飛び越え病的な執着を見せていく清一は、かなり危うい精神状態にあります。
清一のためにも自分は逃げなくてはと考える徹雄でしたが、その気持ちは次第に変化していく。
この手の話の強引な展開自体は珍しくないけれど、その変化の過程に説得力があり、無理なく受け入れられたのがよかったです。
思いがけず話にまとまりがありました。
読み所はもちろん徹雄の気持ちの変化の過程ですが、読み進めるにしたがって分かってくる清一の気持ちにもハッとさせられます。
後半は、清一が心のバランスを取り戻している分、徹雄が少し黒くなっているような…。
義理とは言え、親子で愛し合うというタブーを侵しているので、精神的にふたりとも強くならないとやっていけませんよね。
小悪魔な顔が見え隠れしている徹雄もなかなかよいです。

エロはとてもエロでした…!!
ずっこんばっこん(表現が古いけどまさにそんな感じ)やっちゃってます(笑)
丸木先生のエロが好きだ!大好きだ!
初っ端から私の好きなエネマプレイが出てきた時はテンション急上昇!
しかもこの時代、もちろん洋式便座じゃなく和式便座ですよね?!
萌え転がりました。
和式便座萌え(なんだか古いのに新鮮な発見)
他にも女装や緊縛などもあり。
清一の変態っぷりを応援しながら読みましたw
しかし、この人どんだけ巨根なんでしょうね~。
下世話な興味がわいてしまうわ(笑)
時代的に和装で下帯というところがまた美味しい!

ということで、丸木先生、今月2冊目の新刊は義兄弟に続き義父でした。
自分から離れようとした子供に激怒し犯してしまう、というエロ主体の話。
こういった話の場合、ふたりの関係の決着の強引さに物足りなさを感じてしまう事が私は多いので、少し不安に成りながら読み進めました。
が、思いの外気持ちの流れも丁寧に書かれていてホッとしました。
エロと話が両立していました!
どちらもドロドロと濃厚~♪
義兄弟の方よりこちらの方が私は好みです。
堪能させていただきました。むふふふ
関連記事
2010.08.31 00:03 | 丸木文華 | trackback(0) | comment(9)
            

おはようございます。この間のとこの本を昨日勢いで買ってしまいましたがちょっとお父さんが酷くって途中で挫折しそうです。読みますが(笑)
濃度が濃くって倒れそうですv-12

2010.09.01 09:51 URL | ルイ #- [ 編集 ]

にゃんこ様の感想を読み、本屋で尋ねて買いましたよ~!
ちょっと恥ずかしかったですが…。
どれほど破廉恥三昧ドロドロか期待しましたが、厠の場面で哲雄が泣き叫ぶセリフが喚き声では無く、「お父さん」なのが可愛くて新鮮です。

透明になるまで繰り返されるのですが、ここは細部を書かないで終わってしまいました。
書いたら18禁になるからかな?

義父と子の激しい究極の愛を書いている作品で、桜庭一樹の「私の男」はBLではありませんが、濃くて衝撃的でした…。
義父が哲雄に逃げられないよう徹夜で励み、ライバルを窺う心労も祟って、身体を壊す場面が入っていますが、ターミネーターのようにすぐ復活する様な安易なキャラではなくてデリケートな面が判明して良かったです。
離れてみて、失いかけて見えてくるもの、気付くことがあるかが、大切ですよね。

楽しかった~!!

2010.09.02 00:59 URL | Y子 #- [ 編集 ]

まだまだ暑いですね。また晴れが続くのかと思うとしんどいですね~。

にゃんこ様の感想を読み、本屋で尋ねて買いましたよ~!
ちょっと恥ずかしかったですが…。
どれほど破廉恥三昧ドロドロか期待しましたが、厠の場面で哲雄が泣き叫ぶセリフが喚き声では無く、「お父さん」なのが可愛くて新鮮です。

透明になるまで繰り返されるのですが、ここは細部を書かないで終わってしまいました。
書いたら18禁になるからかな?

義父と子の激しい究極の愛を書いている作品で、桜庭一樹の「私の男」はBLではありませんが、濃くて衝撃的でした…。
義父が哲雄に逃げられないよう徹夜で励み、ライバルを窺う。心労も祟って、身体を壊す場面が入っています。
義父がターミネーターのようにすぐ復活する様な安易なキャラではなくて病気にもなるし、デリケートな一面が判明して私はこの義父が好きになりました。
離れてみて、失いかけて見えてくるもの、気付くことがありますね。しみじみ。
精神的な強さは安田の方が上か?

楽しかったです!
またにゃんこ様の作品の感想が楽しみです。


2010.09.02 01:11 URL | Y子 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.09.02 01:33  | # [ 編集 ]

ルイさん、こんばんは~

無事読み終えられましたか?
2冊連続はさすがに萌えもたれしそうです(笑)
お父さんは序盤どうなることかと思いましたが、後半意外と心情が掴めてきてホッとしました。

コメントありがとうございました!
またお気軽にどうぞ♪ではでは~

2010.09.04 02:22 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

Yさん、こんばんは~

丸木先生2作の感想にコメント頂きありがとうございます!

丸木先生、大好きなのですが時々掴みきれないまま話が終わってしまうので、ワクワクの裏でドキドキしながら読みました。
でも今回は2冊とも大当たりで嬉しいです!
どちらも攻の心情描写が効いてましたね~。
そして変態さに萌え転がりましたww
一部やたらとテンション高い感想で恥ずかしいです(笑)

また濃い丸木先生の作品が読みたいですね!
ではでは(*´ェ`*)

2010.09.04 02:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこ様。
いつもコメント返しありがとうございます♪

藍生先生の付録が欲しくて初めて雑誌花丸を買いました!
そのなかで一番萌えたのが、

小説花丸秋の号980円
旦那様は恋人を拾う
作,間之あまの
イラスト,香咲

こちらは義父ではないですが、雪のなか拾われた設定で「旦那様萌え」です。

なんか「義父」みたいです~。
どちらも手淫を手解きされますが、
義父は強引で体育会系男児のイメージかな~。と思ったのですが、
旦那様の方は優しいイメージ。
いつも頭をなでなでされる立花君は容姿に劣等感がありオドオド型かな?
義父は変態レイプ型ですが(浣腸と緊縛)、
旦那様の方は相手がじっくりゆっくり型(愛撫ムラムラ)。策士!

続きの冬号が気になります。
この作品が完成して、もしにゃんこ様のコメントが出たら読みたいです!
ところで、以前BLの棚を見ていたら嫌な事がありました…。
通行人が擦れ違い様に尻を撫でました…。別の棚へ移動してもやって来るので店を出ました!
本屋の死角のせいもありましたが…。
子連れの時なのにショックでした。(子供は絵本コーナー中)
にゃんこ様は普段大丈夫ですか?

つまらない事を書いてしまいごめんなさい…。
変な内容ですから
レスしなくてもいいですよ☆
また楽しい作品案内待ってます。

先日は古本屋まんだらけの口コミを教えて下さってありがとうございます!!

一宮市Y子

2010.09.15 20:33 URL | Y子 #- [ 編集 ]

にゃんこ様、義父のレスありがとうございます!
ところで、小説花丸(藍生有先生のCD付録入)を買いました。
値段高いですね!BL税でも掛かっているのでしょうか?(笑)
その中に義父に似た作品があり、あれ?と思いました。
義父程変態ではありませんが、う・う・う、な作品でありました!
旦那様に拾われた少年の話です。
読み切りでないので続きは12月です…。
どうなるのか気になって悶々です!

にゃんこ様は小説雑誌はご覧になるのですか?

良かったら色々教えて下さいませ。

2010.09.20 14:01 URL | Y子 #- [ 編集 ]

Y子さん、こんばんは!

小説花丸買われたのですね~♪
私は前の号を西野花先生目当てに購入したのですが、今回は見送っています。
コメントで中身が気になり調べてみたら、この号の袋とじは藍生先生の双子シリーズなのですね…!!
心が揺れるww
私は普段雑誌は買いません。
全サ目当てに買っても、ほとんど中身読まないまま処分してしまったり…(汗)
ただ、花丸の袋とじには誘惑されます~

あ、教えていただいた作品気になります(*´д`*)
その作家さんの作風を知らないのですが、単行本になったらチェックしてみようと思います!
情報ありがとうございましたー!

2010.09.22 01:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/886-30f10f48

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。