にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

金曜日の凶夢 :夜光花

4796400605金曜日の凶夢 (ガッシュ文庫)
夜光 花
海王社 2010-07-28

by G-Tools

3年経ってまさかの続編、スピンオフ~。
予想外の話の展開に吃驚しました!
【金曜日の凶夢/夜光花/稲荷家房之介/GUSH文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
ドイツを拠点に活躍するヴァイオリニスト・紀ノ川滋は、日本に帰国している数ヶ月間音大の学生を指導することになる。
学生のひとりである酒元良麻は何とか親しくなろうと必死だが、その隠された目的は紀ノ川の監視だった。
必死すぎる良麻の行動に不審を募らせていった紀ノ川に対し、良麻は仕方なく真実を伝えることになるのだが…。

「水曜日の悪夢」のスピンオフで、前作の主人公・新城のライバルであり友人でもある紀ノ川の話です。
話の内容がリンクしているので、順番に読んだ方がいいと思います。
今回の話は、前作の事件が原因で引き起こされた問題を解決するため、良麻が紀ノ川に近づいた事から始まります。
個性的でちょっと変わったところのある紀ノ川は、良麻の行動に不審を抱きながらも、好奇心から良麻を臨時マネージャーとして側に置くことに。
でも、知れば知るほど良麻にはいろいろと矛盾する点がいっぱい。
良麻を問い詰め真実を知ることになった紀ノ川は、その過程で良麻の置かれた状況も知っていきます。
一方、良麻は監視対象だった紀ノ川への興味が次第に恋愛感情へと変わってしまったことで追い詰められていくのですが…事態は予想外の展開を迎えます。

以下、オチはぼかしてありますが、設定や前作についてのネタバレをしています。
未読の方はご注意下さいませ!

事の発端は、「水曜日の悪夢」で起こったタイムリープ。
新城が、本来死ぬはずだった真吾を助けた事で未来が書き換えられてしまいます。
その影響を最小限にとどめるために未来からやってきたのが良麻。
良麻は紀ノ川が子供を作らないようこの世界に留まり、監視するのが役目。
紀ノ川に近づくことができるように、顔を新城に似せ、完璧なヴァイオリン演奏が出来るようにされています。
でも思いがけない紀ノ川の観察力で、良麻の正体はばれてしまう。
まぁ元々良麻は人がいいし、監視役になった経緯も複雑なので、紀ノ川を騙し通そうという方が無理な話ですよね…。
紀ノ川が常識人だったならともかく、非科学的なこと大好きな紀ノ川なので、良麻の突拍子もない告白を割とあっさり受け入れています。
ただ、状況を理解しても、「はい、そうですか」と簡単に受け入れられるような未来ではないので、紀ノ川はどうにか抗おうとする。
良麻はそれを止めたい。
そんなふたりのやりとりに、読んでいる私も心が揺れました。
特に、良麻の立場と想いが切ない。
子供を作らないようにする目的だったら、ふたりが恋愛関係になってもそれはそれで目的達成しているので問題ないですよね。
でも、未来に残っているこの時代の記録を変えるような事はしてはいけない。
なので、良麻は紀ノ川の特別な存在として見て欲しいけれど、良麻が良麻としてこの時代を生きることは難しい。
紀ノ川の気持ちの変化は少し掴みにくいですが、良麻の秘めた情熱が予想以上に熱くて、SF要素以外の所でも読み応えがありました。

そしてここがかなり重要ポイントなのですが…エロがエロくて大興奮!!
私、失○もそうですが、浣腸とか出産プレイ(そんな名前があるのか謎)とか生理現象的な行為を見られて受が恥ずかしがっているのが大好きなんです!(力説するのもどうかと…)
今回出てきたのは…まぁ詳細を言葉にして書くのもなんだか微妙なので伏せますが、AVだとそんな珍しくないんじゃないかな(多分)。
感覚的には出産プレイに近い?
BLでも似た描写は時々描写がありますが、攻が受に見せて欲しいとお願いしてあえてやらせているのは珍しい気がします。
これは萌える……!!
音の描写は予想以上に効きますね。
音が私の萌えツボなのだと今回気付かされました。エロい!

ということで、「水曜日の悪夢」のスピンオフでした。
すみません、私の言葉が足りなくて上手く説明できていなくて分かりにくいところがあるのではないかと思うのですが、実際はそんなに難しい印象ではなく、読めば理解できると思います。
前作と併せて読めばさらに分かりやすいです。
それにしても3年も経ってスピンオフが出たわけですが…。
紀ノ川は前作で存在感のある人物だったので、主人公になるのは分かります。
でもまさかこんな形で話を持ってくるとは…!!と驚きました。
最初からこの設定があったのか、続編があるから考えたのか?
深く考えると「どうなってるの?」と疑問に思うところもありますが、前作のおとぎ話的なファンタジーから少しSF色の強いファンタジーへのスイッチした設定作りが上手いなぁと思いました。
複雑な所がありつつ、ちゃんと最後はシンプルで優しいハッピーエンドなのもいい。
そしてちゃんとエロいww
恋愛面も含め、どうなるんだろうとワクワクして読み進めました。
個人的にはこのふたりのキャラには萌えはないし、紀ノ川が掴みにくいなぁと思う部分もあるのですが、話の内容とエロでかなりカバーされた感じです。
面白かった!


--
ちょっと余談。
今回のSF設定、私は思わずハ○ヒとみ○るちゃんを連想してしまいました。
こうした設定は別にハ○ヒだけじゃないですが、未来人という言葉に思わず。
こうやって考えると、「水曜日の悪夢」は「エンドレスエイト」みたいなものなのか…。

■シリーズ
「水曜日の悪夢」 真吾×新城
「金曜日の凶夢」 紀ノ川×良麻
「火曜日の狂夢」 大智×充

水曜日の悪夢 (ガッシュ文庫) 金曜日の凶夢 (ガッシュ文庫) 火曜日の狂夢 (ガッシュ文庫)
関連記事
2010.08.09 12:34 | 夜光花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/879-1a701d0c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |