にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

江戸繚乱 :山藍紫姫子

459285067X江戸繚乱 (白泉社花丸文庫BLACK)
山藍 紫姫子
白泉社 2010-07-21

by G-Tools

さすが山藍先生、濃厚~。
久しぶりに「耽美」な山藍先生で嬉しいです!
【江戸繚乱/山藍紫姫子/水上シン/花丸文庫BLACK(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
江戸の老舗呉服問屋・駿河屋の総領息子である新之助は、ある日大津屋の大旦那・十右衛門に遊びに誘われる。
連れられた先は「桃源宮」と呼ばれる隠れ遊里で、そこは、財政の苦しい貴族から売られた止ん事無き姫君を抱かせる雲上茶屋だった。
十右衛門が新之助に用意したのは、王麻呂という公家の若君。
新之助は王麻呂の身体に溺れていくのだが…。

時代は江戸。
新之助は江戸で一番の呉服問屋の息子で、伊勢屋という大店の娘・お染との祝言も決まっている。
駿河屋とはそのお染との婚姻を巡って確執がある大津屋ですが、大旦那である十右衛門は新之助をとっておきのお店に連れて行きます。
当然そこには十右衛門の思惑があり、老舗大店の跡取り息子であるプライドをくすぐられ、王麻呂の身体に溺れた新之助は簡単に罠に嵌ってしまう。
そして、次第に十右衛門の隠された顔が見えてくる…という話です。
主な登場人物は、この十右衛門と新之助、王麻呂に加え、桃源宮の楼主である侘助、大津屋の丁稚・太助。
最初、王麻呂が主人公で心も身体も開発され十右衛門に堕ちる話なのかと思いながら読んでいたのですが、実際はもう少しずれたところに話の中心があります。
徐々に十右衛門の企みと手腕が明らかになっていく過程が読み所かな。
あ、でももちろん王麻呂の堕ちていく様子も萌え所です!
十右衛門が王麻呂を仕立てていくところをじっくり読みたかったー!
でも、実は私が一番気になる人物は侘助なんです。
ただの楼主かと思いきや、なかなか過去もヘビーで萌えるお方。
またしても細かい描写がないのが残念でならないのですが、侘助と十右衛門との過去ががっつり読みたかった!!
書いてないから妄想で余計に萌えるのかもしれませんが。
でも絶対萌え悶えると思うの…。
悶々。
十右衛門、王麻呂、侘助の関係は、肉体関係ありつつもプラトニックな三角関係という感じで、そのバランスが私は好きです。

この作品、元々は同人誌です。
思えば私の2007年初読みやおいがこの同人誌でした…(ってもう3年以上前!?)
細かいところまで確認していないのですが、大きな改稿は恐らくないと思います。
話の始まりも終わりも一緒。
ただ、同人誌の方は本編に加え、細かい設定や小道具などの用語解説もあって読み応えがありました。
こういう解説を読むと時代物はさらに萌えますね~。

ということで、山藍先生の新刊は花丸文庫BLACKからでした。
ちょっと意外だったけど、このレーベルなら違和感ないですね。
雰囲気は「色闇」に似ているかなぁと思いました。
十右衛門のサドっぷりとか…ステキw
話としては、一応男同士の色恋沙汰です。
ただ、濡れ場は王麻呂だけでなく、女性であるお染もかなり濃い描写があります。
十右衛門と王麻呂、侘助の3人の関係も絶妙で、分かりやすい「ハッピーエンド」という形では終わっていません。
山藍先生の作品は「耽美」作品と「BL」作品でかなり雰囲気が違っていて、所謂BLレーベルから今までに出ている作品の多くは「BL」でした。
バニラ新書とか昔の作品は「耽美」寄りだなぁと思いますが。
まぁもちろん「BL」と言ってもそこは山藍先生なので独特の雰囲気があり、ダリア文庫のシリーズのように多少シリアスな場面があるものもありますが、割と斜めにはじけてます。
最初の頃それに慣れなかったものの、それはそれで面白いと最近は思うようになったのですが…たまにはドッシリ濃厚耽美な山藍先生が読みたいー!!となっていたのも事実。
今回の作品は久しぶりにお耽美全開な山藍先生でした!
初出の同人誌の方も読んでいましたが、こうして文庫となって読めるのはなんだか嬉しいです。
十右衛門はやり手そうだし、侘助や太助はまだまだこれから面白い展開を生んでくれそうだしなので、同人誌でもいいから続編があるといいなぁ……。
山藍先生が八〇一の神様に取り憑かれてくれることを祈って、次の作品を待ちたいと思います!!
関連記事
2010.08.05 08:07 | 山藍紫姫子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/878-6287b21c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。