にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ダブル・バインド :英田サキ

4199005730ダブル・バインド (キャラ文庫)
英田 サキ
徳間書店 2010-06-30

by G-Tools

まだまだ序盤です。
キャラも魅力的だし、続きが気になる!!
【ダブル・バインド/英田サキ/葛西リカコ/Chara文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
東京湾に近いある公園で見つかった死体。
故意に餓死させられたと思われ、さらに男性器が切り取られていた。
捜査にあたることになった警視庁捜査一課の刑事・上條嘉成は、第一発見者の少年・真宮祥の保護者として現れた、高校時代の後輩・瀬名智秋と16年ぶりに再会する。
アメリカでクリニカル・サイコロジスト(臨床心理士)として働く瀬名は、病気の母親の見舞いに訪れた祥に付き添い来日していた。
高校生の頃少女のような中性的で線の細い美少年だった瀬名。
外見も内面もすっかり変わっていたが、上條は捜査という形で関わっていく中で次第に瀬名に惹かれていく。
今になって知った瀬名の過去や、勢いで交わしたキス、それはいつしかふたりの関係を変えてゆき…。
殺人事件を機に16年ぶりに再会した男同士の話。
瀬名はゲイですが、上條はノーマルで瀬名に高校時代から惹かれる部分があったけれど、それを恋愛感情としては認識していません。
高校時代、行き場のない想いを持てあましていた瀬名はある男と付き合っていたけれど、結果的にそれが原因で本気の恋愛から遠ざかる事に。
そうした過去の話に加え、殺人事件の方も大きく動きます。
瀬名が世話をしている祥は精神的な病を患っているため、殺人犯に会った記憶が抜け落ちている。
そこが事件的にも、祥の病状にとってもどうやら大きな鍵となっているようですが…真相はお預け。
シリーズ1作目なので、今回はキャラの顔出しと事件の動きだしといった部分が中心になっています。
キャラがみんな立っていていいですね~。
主人公の上條と瀬名はもちろん、祥、脇のヤクザ・新藤やその愛人・葉鳥などなど、一癖ありそうな人達ばかりです。
上條はちょっとヘタレたオヤジ(と言うには32歳は若いと思うけど)だけど、捜査一課にいるだけあってもちろんやる時はやる男で、基本的に真っ直ぐで優しい。
その根の真面目さが瀬名にとってはやっかいなんですけど。
惹かれてもその壁を打ち破る勇気のなかった高校時代の瀬名は結局自分の気持ちを打ち明けられないままで、再会してからも素直になれずツンツンしてしまっています。
変わろうと努力して海外へ渡り、外見も大人になり、手に職をつけて自分に自信を持っているように見えても、恋愛面は弱いんですよね。
揺らぎながらも必死に自分を保とうとしている瀬名が可愛くて仕方ない!
上條は、それを頭では理解してなくても本能的に感じ取ってるから惹かれてるんでしょうけど……もー、早く自分の気持ちに素直になりなさいよ!瀬名の心の隙に飛び込みなさいよ!と言いたくなります(笑)
そんなもどかしいふたりもですが、新藤と葉鳥の方はまた違った意味で気になる存在でした。
ヤクザの若頭と愛人という関係だけど、葉鳥は囲われているだけではなく、自分から新藤のためにいろいろと手を回したりする。
新藤のことが好きで、新藤のために生きていこうと思っているけれど、新藤にとって自分は代わりのきくだたの愛人。
だから葉鳥は自分の存在意義をそうした行動で示そうとしてます。
葉鳥が思っている以上に、新藤は葉鳥を特別に思っているんじゃないかなと思うんですけどね~。
静かだけど熱を秘めているタイプの新藤と、アグレッシブで強気だけど健気な葉鳥という組み合わせが美味しいです。

エッチ描写は新藤&葉鳥で少しあるくらい。
でも、キスだけでもドキドキさせてくれるので、物足りなさは感じませんでした。
葛西先生の挿絵に色気があるのもいい!

ということで、英田先生の新作は日本を舞台にした刑事もののシリーズでした。
「DEADLOCK」も面白かったけど、こちらの方がイメージとして身近で掴みやすいし、私の好きなヤクザという要素も絡むので話に入りやすかったです。
「エス」と比べると、キャラ的にも話的にも堅くない。
個人的にはこのくらいの話のリズムが心地よく読めるので、まだ話の序盤ですが好感度大!期待大!
キャラも魅力的だし、事件も面白いです。
どう展開するのかワクワクさせられる。
犯人の目的は何なのか、祥はどう関係しているのか、そして上條と瀬名の関係はどう変わっていくのか?
どれもこれも気になります!
早めに続編が出るといいなぁ。

■シリーズ
「ダブル・バインド (1)」
「ダブル・バインド (2)」
「ダブル・バインド (3)」
「ダブル・バインド (4)」

■スピンオフ
「アウトフェイス」 新藤×忍

ダブル・バインド (キャラ文庫) ダブル・バインド 2 (キャラ文庫) ダブル・バインド3 (キャラ文庫)
ダブル・バインド4 (キャラ文庫) アウトフェイス  ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)

■ドラマCD
Chara CD Collection ダブル・バインド Chara CD Collection ダブル・バインド2
関連記事
2010.07.16 08:49 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/871-227d701a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |