にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

愛罪の代償 :水戸泉

4592850653愛罪の代償 (花丸文庫BLACK ミ 1-2)
水戸 泉
白泉社 2010-05-20

by G-Tools

予想の斜め上をいくブラックさが面白かったです。
好みは分かれるネタだけど、レーベルの持ち味出てますね!
【愛罪の代償/水戸泉/鵺/花丸文庫BLACK(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
会社に入社して以来親しくしていた豊口笙に恋人・杏子を奪われた佐々谷夏生。
豊口は杏子と結婚するが、佐々谷はそれからも豊口の部下として働いていた。
しかしある日、用事を頼まれ豊口のマンションを訪れた佐々谷は、切羽詰まった様子の杏子に流され手を出してしまう。
そのやりとりを豊口に見つかってしまい…。

佐々谷と創業者の息子で将来を約束されている豊口との出会いは、入社試験の時。
それ以来休日を一緒に過ごしたりするほどだった豊口に、佐々谷は学生の頃から付き合っていた杏子を寝取られ、豊口と杏子は結婚してしまう。
そんなことがあったにもかかわらず、佐々谷と豊口の関係は壊れることなく続いていたのだが、それはある日突然終わりを告げる。
自宅マンションで怯えていた杏子は豊口から逃げたいと言いだし、佐々谷はそんな杏子に流されるように関係を持とうとしてしまう。
それを見つかってしまった佐々谷は、豊口の要求を受け入れるしかない状況に。
だが、豊口が求めたのは佐々谷の身体で…。
という、会社の部下と上司であり、友人だったふたりの話です。
端から見たら、友人の豊口に恋人を奪われた佐々谷が、元恋人の誘いに心が揺らぎ不倫をしてしまう…というBLらしくない状況ですが、これは紛う事なきBLなので、その先にはもちろん男同士の関係があります。
それぞれの行動の裏に、相手への好意が隠されている。
豊口は出会った頃からずっと佐々谷に惹かれていて、でも佐々谷は手に入らないから、杏子を通して佐々谷を感じるために結婚した。
一方の佐々谷は事が起こるまでそれが恋愛感情だとは自覚していなかったけれど、常に意識の先には豊口がいて、強引に身体を奪われてからハッキリと意識しています。
お互いに想い合っているのに、豊口は全く佐々谷の言葉を受け付けず、ふたりの気持ちはすれ違うばかり。
徐々に精神的に追い詰められていってしまう過程が読み所。
そして、精神面でもドロドロしていますが、エロもガッツリ濃いです。
攻視点で受に対する興奮が書かれているのに萌える!

強引に身体を奪われてから始まる恋は、BLでは珍しくないですよね。
しかしこの話は他の作品とはひと味違います。
ひとつはエロ的な意味で。
もうひとつは、話の展開的な意味で。
以下、ネタバレ要素を含むのでご注意くださいませ!

まずはエロ。
まさか、杏子がこのような形で関わってくるとは思いも寄りませんでした。
耽美作品ならともかく、BLでは初めて読んだかも。
それは……女性を絡めた数珠つなぎ3P!
どうしてこうなったかは伏せますが、豊口の気持ちからしたら分からないでもない行動かなと思うし、話の流れ上ちゃんと意味はあるので納得は出来ます。
ただ、女性の立場からすると複雑な気持ち…。
羞恥プレイの一環として第三者が見ていて、それが女性であってもまぁいいかなと思うんですが、流石に3Pに参加してくるとなると…その女性にやる気があってもなくても微妙です。
エッチだけで言うなら、私は読めます。
でも、これは抵抗ある人も多いだろうなぁと思います。

もうひとつは話の展開。
私、水戸先生の作品読むの2冊目で、なんとなく水戸先生は明るい話を書く作家さんだと認識していたので、まさか今回こうした展開をするとは!と吃驚でした。
お互いに相手を好きなのにすれ違っている状態であっても、そこは何か切っ掛けがあって理解し合える状況が生まれるのが普通ですよね。
でも、どんどん変な方向へ転がっていきます。
どうやって収拾するんだと不安になっていたら……こう来たか!
壊れているのは豊口だけじゃありませんでした。
文章は一人称で、前半の表題作が佐々谷視点、後半の『ラブレター』が豊口視点。
私はどちらかというと一人称は苦手で、以前水戸先生の作品を読んだときも乗り切れなかったのですが、でも今回はこの文章がすごく合ってる!
ふたりの気持ちがどれだけすれ違っているか、そしておかしくなっていく過程がよく分かります。
これもまた好みが分かれそうですが、シリアス好き、JUNE好きな私はワクワクしながら読めました~。

ということで、水戸先生の新刊は思いがけずBLACKな話で面白かったです。
好きだけど伝わらない、そんなもどかしさが楽しくもあり、怖くもある話でした。
予想の斜め上をいく展開とプレイ。
この作品に関して言うと、文章と話の雰囲気が丸木文華先生に似ていますね。
執着の強さや壊れっぷりがいい味出してる!
特殊なプレイやドロドロの展開は読む人を選ぶとは思いますが、エロ方面の守備範囲が広くてシリアス好きな方にはオススメです!
ところで最近、花丸文庫、特にこのBLACKレーベルがお気に入り。
このレーベル、エロが濃いところはもちろんですが、今のBLではマイナーな路線を許してくれるような印象があって好きです。
鵺先生の挿絵も好き!
これからも楽しみにしています♪
関連記事
2010.05.27 01:37 | 水戸泉 | trackback(0) | comment(2)
            

書店で平積みされているのを見てふと、にゃんこさんの感想が頭をよぎり買ってしまいました~!私も鵺さんのイラスト好きなので若干ジャケ買いに近いものはありますが、イラストのエロさに描写の方も負けてないなと(笑)
ラストも一般的なハッピーエンドとは程遠いですが、私的にはアリです!互いに想い合うがゆえに追い詰められて、最終的に二人だけの排他的な世界で閉じてしまう。実際にいたらドン引きですが、BLはファンタジーですからね!



そして悌○プレイがお好きなにゃんこさんにオススメの新刊があります!それは……
「欲しいもの全部」山田2丁目

表題作が○毛のお話なんですが、もうたまらんです!読みながらニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤしちゃいました…。

2010.05.29 22:04 URL | まりん #- [ 編集 ]

まりんさん、こんばんは~

明るくはないですが、こんな話もいいですよね。
BLはファンタジー!
萌えがあれば大丈夫~♪(ぇ?)

>「欲しいもの全部」山田2丁目
ふふふ、実はもう読んでます!
まりんさんと同じように、「剃○好きにゃんこさんにオススメな漫画が…」と紹介されましたww
漫画ではあまり読んだことがなかったので、キター!と興奮しながら読んでしまいました(笑)萌え!
マニアックだとは思いますが、公言しておくとこうして薦めてもらえていいですね。
ありがとうございます!
また何かお薦めの本などありましたら是非教えてくださいね♪

コメントありがとうございました。
それではまた~(*´∀`*)

2010.05.30 19:37 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/854-e9c4c2ce

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。