にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

434481942X蒼穹の剣士と漆黒の騎士 (リンクスロマンス)
夜光 花
幻冬舎コミックス 2010-04

by G-Tools

今までとは少し雰囲気の違う作品ですね~。
異世界ファンタジー苦手なのですが面白かったです。
【蒼穹の剣士と漆黒の騎士/夜光花/山岸ほくと/リンクスロマンス(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
セントダイナ国と契約を交わし、居住地を認められている鳥人族。
その長であるユーゴは、鳥人族の中でも特殊な体質で、美しい容姿と真っ白な羽を持っている。
セントダイナの騎士と共に戦っている中で、ユーゴは狼炎という男の態度を忌々しく思っていたのだが…。

ユーゴは人間の姿に羽をもつ少数民族・鳥人族の長。
鳥人族は契約を交わすことでセントダイナ国の中に居住地を認められていて、セントダイナとは協力関係にある民族。
同じように少数民族であるアフリ族のひとり・狼炎は、セントダイナ国の騎士団に所属しており、国王に忠誠を誓っている。
共に戦いながらも立場の違うふたり。
無言で自分を見てくる狼炎を快く思っていないユーゴは、ある日狼炎の態度に突っかかっていくのだが、組み伏せられ、狼炎に突然唇を奪われてしまう。
その理由を知ってもなお反発していたユーゴだったが、鳥人族を取り巻く環境が一変したことでふたりの関係が変わり始め…。
という、異世界ファンタジーです。
カタカナ名が多いし、設定を頭に入れて想像力を膨らませる必要があるので最初は戸惑いましたが、読み終わってみるとそこまで複雑な話じゃなかったかな。
私がファンタジー苦手で余計に気負ってしまっていただけで、読み慣れていればスッと世界に入れるのかもしれません。
鳥人族は人間とはかなり体質が違い、寿命も短いので人生観や価値観が特殊です。
恋愛に関しても同じなので、世界観だけでなく、精神的な面でもとてもファンタジーでした。
一応ユーゴと狼炎の恋愛物語も盛り込まれているけれど、話の中心は鳥人族を中心とした戦いですね。
でもそこが面白いです。
特に後半、鳥人族が危機に陥るあたりからグッと話に引き込まれました。
その盛り上がりに比べると、恋愛面がちょっと印象薄いかな。
アフリ族にとってユーゴの容姿が神と似ているという設定が、ユーゴが好意的に迎えられる事に繋がっているし、狼炎がユーゴに熱い視線を送っていた理由にもなっていて、そこは納得できます。
ユーゴがツンツンしながらも狼炎が気になっているんだろうなぁというのも分かる。
ちょっと強引ではあるけれど、媚薬を切っ掛けにして肉体関係を持つのもありだと思います。
こうした流れはいいけど物足りなさを感じるのはどうしてなのか…。
ユーゴの心の動きが読みにくいから?
元々恋愛に関心の薄いユーゴが、どうしてそこまで狼炎に執着したのかという所をもっと詳しく知りたかったです。
狼炎はもう最初からメロメロってことで!!
媚薬の場面、狼炎が心の中でガッツポーズしたのが目に浮かぶようでした(笑)

エロの分量は少なめです。
そもそも鳥人族は年2回しか発情期がなく、それ以外は媚薬使うしかない。
途中はエッチしてる場合じゃない展開だということもあって、濡れ場の回数自体が少ないんですよね。
でも、1回1回は充実していました♪
何がいいって、ユーゴが初物って所です~。
媚薬飲んでどうなるか分からないくらい知識もないし。
精通ですよ精通!
「イク」もいいけど「漏らす」って萌えセリフだなぁ。
そしてファンタジーならではの萌え要素に気付きました。
発情期って美味しいですね…!!
ユーゴがやる気満々なんですよ。
受が積極的に欲しがるのっていいでね~萌えですね~。
しかしこのふたりは今後どうなるんでしょうか。
立場的に許されるのかという問題もあるけど、エッチはいつも媚薬使うってこと?
まぁ狼炎は精力ありそうだし大丈夫かww

ということで、夜光花先生の新刊はガッツリとファンタジー。
私普段こういった作品を手に取らないので不安だったのですが、全然大丈夫でした♪
序盤を乗り越えたらあっという間で楽しかったです。
この話、リンクスの全サ企画から出来たとあとがきにあったので、その小冊子を引っ張り出して再読してみました。
絵師さんの描いた画に話を付けるというコラボ企画で、この鳥人族がもう絶滅しかかっている未来の話。
キャラ的には全然繋がりはないけれど、今回の話を読んでから短編を読むとなんだか切なくなってしまうなぁ…。
兎にも角にも、夜光花先生の書きたい!楽しい!という熱が感じられる作品でした。
多少恋愛面が弱くても、読み応えは充分!
萌えもいっぱい。
普段とはひと味違う夜光花先生を楽しませていただきました~。
それにしても、リンクスで出た作品は毎回面白いですね。
相性がいいのかな。
次も期待していまーす!
関連記事
2010.05.06 00:51 | 夜光花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/846-481d177d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |