にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

残花 :水原とほる

4896017641残花 (ルナノベルズ)
水原 とほる
ムービック 2010-04

by G-Tools

消化不良です…。
もっとハードな話かと思ったら意外とマイルド。
【残花/水原とほる/高緒拾/ルナノベルズ(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
大学進学で上京した美智也。
新宿にあるバーでバイトを始めた美智也は、そこで思いがけない人物と再会した。
以前街で絡まれていた美智也を助けてくれた安齋征二は暴力団・紀瀬川組の幹部で20歳近く年上だが、その優しさに惹かれてしまい…。

美智也は大人しく真面目な大学生。
家庭の事情で仕送りが少ないために夜の街でバイトを始めるが、そこで安齋というヤクザと知り合い、惹かれていく。
安齋もその想いを受け入れ、一緒に暮らし始めたふたり。
しかし、次第に組の状勢に暗雲が立ちこめ、先代とは方向性が異なり、傲慢な性格の岳矩が後を継ぐと状況は一変。
安齋の忠誠心を疑う岳矩に、美智也は囚われてしまう。
岳矩の女にされてしまった美智也は、それでも安齋への気持ちは捨てられない。
安齋との日々を取り戻すため、岳矩を受け入れようとする美智也だが…。
美智也と安齋、そして岳矩との三角関係です。
岳矩は当て馬なのかと思いきや、意外と美智也の心に入り込んでる。
でも、愛情と言うよりは同情に近いかな。
岳矩は乱暴だけど、その行動の裏には子供みたいな感情があります。
欲しいものが欲しくて駄々こねて、力尽くでものにする。
それに振り回される美智也や安齋は大迷惑なんですが、次第にその存在を「仕方ないな」と受け入れていて、最初は殺伐としていた関係が落ち着いていきます。
美智也と安齋は割とあっさり両思いになってしまうので、読み所はその岳矩を絡めた3人の関係なのだろうなぁと思います。
こういう三角関係は萌える!
ただ、今回は少々不完全燃焼でした…。
一番の原因は美智也の魅力不足かなと思います。
これは私の好みによるところが大きいのですが、健気そうに見えて実は結構ちゃっかりしてそうな所が気になってしまうんですよね。
大学生から見たら40近いヤクザなんて相当遠い存在だと思うんですけど、美智也が馴染むのが早すぎて吃驚。
経済力が全然違うから仕方ないのかもしれないし、出世払いだからいいのかもしれないけれど、一緒に暮らしてお金も出してもらって…。
なんだかなぁ。
そんな美智也に何故安齋や岳矩が惹かれるのかが、正直よく分かりませんでした。
このキャラ設定なら、安齋と岳矩の精神的な繋がりを前面に出した方が面白かったんじゃないかなと思います。
作品中では岳矩の安齋に対する執着が書かれていますが、そこをもっと掘り下げて、安齋の心理描写も入るとかなり萌える三角関係になったのでは?
美智也を挟んだ安齋と岳矩の愛憎物語という形の方が俄然萌える!
三角関係って、攻2人の関係が重要だと思います。
私は岳矩が一番気になるキャラでした。
結局、美智也には多少理解して貰えたけれど、最後まで安齋の視界には入ってない岳矩が可哀想……って、あら?なんだかずれた感想になってますよ(笑)

水原先生と高緒先生のコンビ、そしてヤクザという組み合わせは、私の中で「夏陰-Cain-」シリーズの印象が強いので、ハードな話なのかしら?!と発売前からワクワクしていました(挿絵は当初花本先生の予定だったようですが)。
他の男に囚われて女にされてしまうという話の展開は、その期待から外れていないと思います。
満足出来るかどうかは別にして。
ただ、残念なことにエッチはマイルドだった……。
確かに激しい陵辱シーンはありますが、描写はそこまで濃くないです(比較的)。
岳矩がエッチに関しては割とまともなんですよねぇ。
もっと突き抜けた変態さんだったらよかったのに(←オイ!)
組関係暴走するのと同じように、エッチも暴走して欲しかった!
あ、安齋はキャラ通りエッチも普通です。
なので、結局全体を通してエロでの盛り上がりが足りない…。
うぅ欲求不満…!

ということで、期待が大きかっただけに物足りなさが残る読後感でした。
ハードなエロを期待していたので残念。
それでも、肉体関係がないところでの萌えがあればよかったと思うんですが…。
主人公の魅力も足りませんでした。
3人の精神的なベクトルが少し違ったら、もっと読み応えがあったんじゃないかなぁと思います。
今月はChara文庫も出ていて既に手元にあるのですが、そちらはどうかな?
水原先生嫌いじゃないけれど、私の好みに合うときと合わないときの差が激しいのでドキドキです。
うー、もっと尖った水原作品が読みたい!
関連記事
2010.05.01 02:08 | 水原とほる | trackback(0) | comment(2)
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.05.09 01:16  | # [ 編集 ]

Eさん、こんばんは!

自分が感じていたモヤモヤに賛同していただけてホッとしました(笑)
やっぱりこの組み合わせは期待してしまいますよね!
Eさんのコメント、心強いです(^_^)

ありがとうございました!
またお気軽にコメントどうぞ~。

2010.05.11 01:43 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/844-0f2f5061

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |