にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4592850564双つ龍は艶華を抱く (花丸文庫BLACK)
藍生 有
白泉社 2009-10-20

by G-Tools

3P熱が高まってこのシリーズまとめ買いしてしまいました。
第二弾のこの話が一番好みです!
【双つ龍は艶華を抱く/藍生有/鵺/花丸文庫BLACK(2009年)】

オススメ:  全体としては…

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
突然の兄の死で実家の旅館に戻った松波聖。
兄は多額の借金を残していただけではなく、ある男と旅館の土地の売買契約を交わしてしまっていた。
交渉のため、その男・杠葉義臣に会いに行った聖だが、義臣と弁護士の政臣はその見返りとして聖の身体を求めてきて…。

優しくて穏やかだった兄が残した使途不明の借金、旅館のずさんな経営実態、そして土地の売買契約。
兄の死後、聖はやむなく休職願を出し実家の立て直しに奔走することになるが、売買契約の破棄を交渉するために出向くが、相手は一帯を取り仕切る暴力団・杠葉組の若頭・義臣だった。
動揺しながらも旅館を守るために引けない聖は、誠意を見せろと身体を求める義臣と弁護士の政臣に従うしかない。
2人がかりで行われる非道な仕打ちにプライドを打ち砕かれながらも、身体は快楽に翻弄されていく聖。
そんな中、旅館の周囲では不穏な事件が起こっていた。
その対応を含め二人と関わっていく中で、次第に聖の心が揺れ動き…。
聖は強引に身体を奪われながらも、最後には受け入れています。
こういう話の場合その過程にどこまで説得力があるかが重要だと思うのですが、そこがいまいち弱いのが残念。
快楽に溺れてしまう身体はともかく、ふたりに抵抗していた心が一転するだけの心理描写がなかったように思います。
そして、それにも絡むけれど、お兄さんのエピソードが微妙…。
それでどうして双子が聖を脅す事になるのか?
もう少ししっかりとした軸があって欲しかったです。

と、ストーリーは辛口感想ばかりですが、この話のメインはエロですから!
エロがよければある程度は許せます。
ということでエロの感想を。
このシリーズ、今までに3冊出ていて全て双子ものです。
話はそれぞれ独立していて繋がりはないですが、双子、剃毛という要素が共通して盛り込まれています。
それを毎回どう活用しているかが読み所!
まず双子要素は、義臣と政臣というふたりの攻。
同シリーズでネタ的には既出だけど、このふたりの関係が少し特殊で、攻同士で普通にキスしたり口淫までしてしまう仲なんですよ。
恋愛感情ではないけれど、ふたりの心の距離がかなり近いです。
聖とのエッチの最中もそういうやりとりが所々にあって、ドキッとさせられました。
個人的には、攻ふたりが双子である事に特別萌えるわけじゃありません。
でも双子故にこうして攻同士で濃厚なやりとりがあるというのはいいですね~。
攻→受だけじゃない繋がりがあると、濃厚な3Pになると思います!
そして2つめの要素、剃毛!
このブログで何度も叫んでしますが……剃毛大好きです!!!
パイ○ン萌えww
される場面も萌えるけど、その後で受が感じる心細さとか、羞恥心だとか、そういった部分にいちいち激萌えしてしまう。
今作の剃毛は、挿入された状態で行われるという…なんて美味しい体勢!
しかもパイ○ンな状態を悪者に見られるという羞恥プレイ付き。
受が恥ずかしがるのがいいんです!!
そんなお決まり要素以外にも、道具使っていたりといろいろ弄られまくりなのですが、その中で今回一番輝いていたのはこれです。
尿道責め!
しかも2回も!!ぐふふふ
藍生先生、萌え所分かってますなぁ~ww
とにかくもう設定が私の萌えツボに刺さりまくって、始終ニヤニヤして頬が緩みっぱなしでしたよ(笑)

すみません、半分くらい…というかほとんどエロの感想でした…。
正直言って、話自体はかなり消化不良です。
エロ主体と言っても、やっぱりある程度話がしっかりしていないと厳しい。
お決まりのパターンでもいいので、ぶれない軸があって欲しいです。
聖が堕ちる過程も、義臣と政臣が聖に惹かれた理由もよく分からず、そこが一番モヤモヤした所でした。
がしかし、エロはエロい!!
聖の羞恥心をもう少し前面に出してもらえるともっと美味しかったかなぁと思うけれど、とにかく設定が好みすぎて大興奮でした。
もっと過激でも大歓迎なんですが、流石にムリかしら(笑)
話は物足りなかったですが、読んでいる最中のワクワクだけでかなり幸せな気持ちになれたので満足です。
兎にも角にも、藍生先生の双子3P&剃毛に対する拘りがステキです!!
既刊本一気に読んでしまったので、次が待ち遠しい~。
それにしても、あとがきにあった「双子受」の3Pってどんな感じになるんだろう…。
妄想だけで萌えるなぁ。
藍生先生、萌え3Pお待ちしております♪

■シリーズ
「禁忌を抱く双つの手」
「双つ龍は艶華を抱く」
「白き双つ魔の愛執」
「双つ星は抱擁に歪む」
「愛に揺らぐ双つ翼」
「双思双愛の夏休み」

禁忌を抱く双つの手 (白泉社花丸文庫BLACK) 双つ龍は艶華を抱く (白泉社花丸文庫BLACK) 白き双つ魔の愛執 (白泉社花丸文庫BLACK) 双つ星は抱擁に歪む (白泉社花丸文庫BLACK) 愛に揺らぐ双つ翼 (白泉社花丸文庫BLACK) 双思双愛の夏休み (花丸文庫BLACK ア 5-6)
関連記事
2010.04.29 02:21 | 藍生有 | trackback(0) | comment(4)
            

にゃんこ様、はじめまして。
なかなか人に感想を聴く機会が無い為楽しかったです!
他の作品を色々読んで凄い!にゃんこ先生の本棚で貸本を営めますよ!
普段BLにあまり興味が無いのですが藍生有先生の作品は表現力抜群。大好きです!
私は双子の第1段が大好きです!
第2の尿道責めは怖いし、痛そうです…。
なんてタフな受けなのかしら…。
血がにじむ導尿の痛みを経験した私にとっては恐怖感が強いです。
ところで、外国では陰毛の脱毛が盛んなのですか?
昨今の処理事情も機会がありましたら教えて下さい☆

かしこ

2010.07.21 02:06 URL | Y子 #- [ 編集 ]

Y子さん、こんにちは!

いえいえ、私の蔵書や読んでいる量はBL読みの人の中ではきっと大したことないですよ~。
私の周囲には年期の入った達人たちがたくさんいるので、友人の本棚を見る度感動しています(^_^;)
読んだ本を全部感想書けるわけではありませんが、参考にして頂けると嬉しいです♪

導尿…痛そうです、うぅ。
萌えはありますが流石に自分は遠慮したい…(汗)
>外国では陰毛の脱毛が盛んなのですか?
そうなんですか?!
そういった事情は私も詳しくないので分かりません~。
でも興味津々!

藍生先生はこのシリーズしか読んだことがないのですが、萌えがいっぱいで好きです♪
早く次が読みたい!
コメントありがとうございました。
またぜひお越しくださいませ~。ではでは。

2010.07.22 10:41 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ニャンコ様、2年ぶりの酷暑で昼間引きこもっております。(愛知県は暑いです!!)

先日渡瀬先生の作品
櫻狩り
上中下読みました★

とても芸術性が高い表紙、話しもロシア文学に出てきそうな奥の深い作品ですね。カラーイラストが美しい~!!

渡瀬先生は現在サンデーでも作品を連載中ですが、最近サンデー作品にBLギャグが出てくる時がよくあります!
少年誌ではありますが、女の子も十分楽しめます!
ニャンコ様のお勧め週刊ものがございましたら教えて下さい!
かしこ

2010.07.23 10:46 URL | Y子 #- [ 編集 ]

Y子さん、こんにちは~

愛知ですか!同じですねw
今日も暑いです(汗)

渡瀬先生は元々少女漫画の方を読んだことがなかったので、特に先入観もなく読めました。
普段どんな作品を描かれているのか分からないのですが、サンデーに掲載されているその作品、機会があったら覗いてみます♪
私は全サなどで必要にならない限り雑誌は買わないので、情報が乏しいのですが…
モーニングで連載されているGIANT KILLINGは面白いです。
サッカー漫画で腐的要素はないですが、男性がいっぱい出てくる熱い漫画は面白いですねww

参考になる情報がなくて申し訳ありません~
それではまた!

2010.07.23 17:50 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/843-e0426ebc

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |