にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

白の彼方へ :真崎ひかる

4576070592白の彼方へ (二見シャレード文庫)
真崎 ひかる
二見書房 2007-04

by G-Tools

季節間違えた…と思ったけれど、実は春先から秋にかけての話なのでした。
肉体派の男たちはかっこいい!!
【白の彼方へ/真崎ひかる/高峰顕/シャレード文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
2話収録されています。

『白の彼方へ』
北アルプスの山中にある山荘の管理人をしている伊澤朝陽。
ある日、富山県警山岳警備隊の新人である塩見岳という男に出会うのだが…。

立山黒部アルペンルートが開通している半年あまりの間、愛犬のツルギと2人で山荘を営んでいる朝陽。
7年前にある想いを抱えて立山にやってきた朝陽は、そこで出会った山荘の管理人に勢いのまま連れて行かれ、それ以来1年の半分を山荘で過ごしていた。
そんなある日、富山県警の山岳警備隊の新人として友人の淺田が連れてきた塩見の容貌を見て、朝陽の心は揺れ動く。
10年前、北アルプスで滑落し行方不明になった朝陽の恋人・稜と似ている塩見。
一目惚れをしたという塩見に迫られ、心が揺れる朝陽だが…。
という、形としては未亡人と義弟の話です。
男同士なので周囲は知りませんが。
だからこそ、朝陽は恋人を失った悲しみを誰にも言えず苦しんでいて、恋人を奪った北アルプスに向かい、紆余曲折を経て山荘の管理人になっています。
山岳警備隊の隊員である淺田だけはそれに気付いていて、時々関係を持ちつつ程良い距離で朝陽を見守っている。
BLだと余りこうしたセフレ関係は出てこないけれど、朝陽と淺田の関係はこの設定でいい味出しているなぁと思います。
言葉にしない代わりに肌で慰め合っているのだろうし、朝陽の場合は世間から離れて生活している事もあって、こういった付き合いがなかったら仙人のようになってしまいそうじゃないですか…。
男女だとドロドロしそうだけど、男同士ならそれもありかなと思う。
そして私はそこに萌える…!
その関係がある上で塩見とのやりとりがあるから、朝陽の気持ちの変化が特別な事がよく分かります。
年下の熱いアプローチに心が揺れる美人受という構図も好みでよかった!

『青の果てまで』
室堂警備派出所がある立山センターに3ヶ月間派遣された医師・間宮拓未。
出来るだけ他人と関わり合いになりたくない間宮に、山岳警備隊員の淺田崇文は好きだと言って迫ってくるのだが…。

間宮は恋人の裏切りに傷ついていて、例外的な派遣もそれに絡んでいるため、センターでは他人と距離を置こうとしている。
そんな間宮に淺田は言い寄るが、間宮に冷たくあしらわれるばかり。
だが、ある時間宮の心の隙間に淺田が忍び込み、関係を持ってしまった。
淺田を意識する間宮だが…。
今度は当て馬・淺田さんの話です!
淺田は調子いいことばかり言ってテンション高い人だけど、実は結構一途ですよね。
朝陽の件に関しても、淺田にとっては真剣だったのだろうし。
空気読んでないようで、ちゃんと読んでます。
優しい。
そして、淺田の一番の魅力は仕事になると一変して本気モードになり、しかも隊員から信頼される男だというところなんですよ。
そのギャップがかっこいい!!
これを目の当たりにしたら惚れるに決まってる!
強引だけど優しい攻に、次第に溶かされていくツンデレ受という組み合わせが美味しかったです。

--
ということで、山に魅入られた男の話2編。
以前ドラマCDを聴いた時から気になっていたけれど、原作の方が細かい部分までわかって読み応えがありました。
(しかしドラマCDはツルギの存在感がある意味一番インパクト強い……)
それぞれの話は短いし内容的にもシンプルなのですが、舞台設定が特殊なので、恋愛に発展する過程はすごく説得力がありました。
自然を相手にして身体張って働く男は無条件にかっこいい。
それに、生死に関わる極限な場面に遭遇してもおかしくないから、ドラマティックな展開が自然と受け入れられる。
私は全然登山はしないから実際の山の厳しさを知っているわけではないけれど、読んでいてワクワクしました。
山岳警備隊が男ばかりというのも美味しいですよね!
しかもみんないいカラダしてるし!
設定で既にテンション上がりまくりでした。
二組とも大好物な傷心のツンデレ美人受というのもポイント。
短いから物足りないという面もありますが、でも短いからいろんな味が楽しめるというメリットもあるので、私はこれはこれでありだなと思います。
商業小説だとこういった中編は少ないですしね。
満足~♪
続編も既に読んだので、そちらもまた感想をあげたいと思います!


ところで、ちょうど数日前に立山黒部アルペンルートが開通したというニュースがTVで流れていました。
山荘に荷物を運び入れている様子も映っていたのですが…その映像に、よこしまな妄想をしてしまったのは私だけじゃないはず(笑)
観光で訪れたら山岳警備隊の人をチェックしてしまいそうですw
関連記事
2010.04.21 01:50 | 真崎ひかる | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/840-6c5ddbdc

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |