にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

羊とオオカミの理由 :杉原理生

434481925X羊とオオカミの理由 (幻冬舎ルチル文庫)
杉原 理生
幻冬舎コミックス 2010-03

by G-Tools

先入観に惑わされましたが、ホームラブコメディだったと知ってようやく納得。
可愛い話でした。
【羊とオオカミの理由/杉原理生/竹美家らら/ルチル文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
大学生になる弟・太一が大好きな久遠章彦。
自他共に認めるブラコン兄弟だが、ある日太一の友人・高林亮介が居候し始めたことで今までの平和な兄弟の生活が少しずつ変わっていく。
太一が高林に好意を抱いているのではないかと思い始めた章彦は、太一が道を踏み外さないようにと、高林の言い出したある提案を受け入れるのだが…。

章彦と太一は再婚した親の連れ子同士で血縁関係はないが、両親が事故で亡くなって以来章彦にとって太一は守るべき存在で、それは大人になっても変わらない。
太一も愛情過多な章彦を慕っていて、ふたりは周囲が呆れるほど仲のいい兄弟だったのだけれど、そこに高林が現れたことでバランスが次第に変わっていく。
今までにない太一の態度に、太一が高林に好意を抱いているのではないかと疑い始めた章彦。
何かと自分に突っかかってくる高林を快く思っていないが、弟を守るために高林の提案したある交換条件を呑んでしまう。
高林にキスを受け入れることになった章彦だが…。
章彦は吃驚するくらいブラコンです。
それを受け入れている太一も相当ブラコン。
居候することになった高林はそれを目の当たりにして当然のことながら呆れていて、章彦に対してきつい言動を取っています。
そんな高林の登場で弟との関係が以前とは違ってくるのですが、章彦はそれが太一が高林に想いを寄せているからだと思い込んだ結果…
弟を守らなければ!→ゲイである高林が弟の好意を知って手を出したら大変!→自分が身代わりになればいいじゃない!という斜め上をいく三段活用してます。
どうしてそうなるの!と突っ込みたくなるんですが、本人は至って真面目。
この人は弟のことになると謎の思考回路に切り替わるので、キャラが掴めなくて戸惑いました。
そのままの天然キャラなのか、それとも実は何か抱えているのか?
そんな事を考えていたので、明るいハッピーエンドだったにもかかわらずなんだか座り心地の悪い違和感があったのですが、あとがきを読んでようやくスッキリ。
そうか、これはホームラブコメディだったのか!!
何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、杉原先生も挿絵の竹美家先生も私の中でコメディの印象が全くなかったし、杉原先生の文章って割と淡々としているので、いつシリアス展開になるのかとドキドキしながら読んでしまったんですよね。
高校時代の経験が鍵になっているんじゃないか?とか。
確かに過去は章彦の心の棘になっていたけれど、トラウマとか深刻なものではなくて、何故か忘れられない苦い思い出といったところかな。
それを解決するところが章彦の中でターニングポイントにはなっていますが、コメディなので重くはないです。

あ、感想がずれてしまった。
ふたりの恋愛については割とシンプルです。
無自覚な章彦がひとり空回っているだけで、章彦の気持ちは行動からすぐ分かるし、高林が章彦に惹かれていく過程も自然に受け入れられる。
その中でずっと謎の人物だったのは弟の太一ですね。
章彦に好意があるのは明らかだけど、それがどんな種類のものなのか、それ次第で着地点が変わってしまうところなのでドキドキしました。
読み終わってみると、私が一番気になったのは太一の本性だったりします(笑)
最初章彦と同じようなちょっと乙女なところのあるブラコン男なのかと思っていたら、話の中で見え隠れする本当の太一は全然違うんですよ。
太一、某彼も含め、きっと美味しい人だと思います!

ということで、杉原先生の新刊です。
杉原作品を読むのはこれが2冊目なのでよく分からないのですが、今回みたいなラブコメは珍しいのかな?
センシティブな話を書かれる作家さんだと思っていたので、私はちょっと吃驚。
そっち方面に構えすぎていて作品の雰囲気を掴み損ねましたが、感想を書きながら読み返してみると可愛い話だったなぁと思えます。
章彦のブラコンぶりや少しずれた思考展開に戸惑っても、これはラブコメなんだと思えば納得できる…かな?
うーん、章彦を受け入れられるかどうかによって印象が大きく変わりそうですね。
「バカな事言ってるなぁ」と寛容な気持ちで見守ってあげたらいいんじゃないかと思います(笑)
個人的には、可愛い中にシリアスな所が垣間見えるとよかったかな…と少し残念に思いますが。
しかし兎にも角にも太一が気になります!
太一メインでスピンオフが読みたいなぁ。
関連記事
2010.04.16 01:35 | 杉原理生 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/838-f745d1ea

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |