にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

真音 (3) :谷崎泉

4344819187真音〈3〉 (リンクスロマンス)
谷崎 泉
幻冬舎コミックス 2010-03

by G-Tools

質、量共に厚みのある作品でした。
最後に収録されているショートに癒されます!
【真音 (3)/谷崎泉/麻生海/リンクスロマンス(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
既刊本の感想はコチラ→「真音 (1)-(2)」

【あらすじ・感想など】
諏訪組の幹部である富樫との関係を続けている進藤。
強引な富樫を拒めず受け入れてはいるが、心は一定の距離を置いていた。
しかし、富樫を知るにつれてその気持ちは揺らぎ始め…。

ある事情を抱え働いていた進藤は、借金を抱えた母親が逃げた事をきっかけに暴力団と関わることになり、富樫と出会う。
何事にも現実感が稀薄で、突然の事態にも動じなかった進藤だが、富樫との出会いによって否応なしに心も身体も翻弄され始める。
その一方で、槙原や料理屋の女将・さめと出会い、新たな生活の中で進藤は居場所を見つけていく進藤。
そんな生活の中、進藤が逃げ続けていた過去に関わる人々が現れ、富樫もまた、目を逸らし続けた現実と向き合わなくてはならなくなる。
諏訪組の組長襲撃事件を機に、事態は大きく変化するのだが…。
ふたりの周囲は一気にバタバタし始めます。
富樫が特別な存在であることを自覚するようになった進藤ですが、さめの入院などもあって、富樫の事をまだどうしていいか分からない。
でも、ある時富樫から言われた言葉が進藤を大きく動かします。
それは恋愛に直接関係することではなく、生き方に関わる言葉。
進藤はそこから、今まで逃げ続けていた過去の事件の裏にあった自分の心を受けとめ、整理していく。
それは自分ひとりの問題ではないし、過ぎた時間を取り戻す事が出来るわけではないけれど、少しでも良い方向へ軌道修正しようと自分から動き出します。
最初の頃の無気力な進藤からは想像も出来ないですよね~。
進藤を支える存在があってこそのこの変化が感慨深かったです。
一方、進藤の変化の一番の元である富樫。
富樫は富樫で過去に起こした事件に囚われている部分があるのですが、富樫にとってはもうこれが心の一部になっているのかな。
結局その詳細は明らかにならないけれど、進藤と生きていく事で少しでも救われたらいいなぁと思います。
救い…というのはちょっと違うかな。
支え?癒し?
上手く言葉に出来ませんが、富樫にとって進藤が大きな存在であることは間違いありません。
逆も然りですよね。

2巻を読んだ時点では、最終巻はもっと激しい展開になるのを予想していましたが、読んでみると、組内でゴタゴタはしてますが落ち着いた印象に終始しました。
その原因は進藤の心の動きがゆっくりだからだかな?
進藤って、物事をしっかり咀嚼してから吸収していく人ですよね。
地味だけど好感の持てる青年だなと、こうして感想を書いていて改めて感じました。
あ、でももちろんエッチの最中の熱さが効いてるんですが!
言葉には出来なくても、身体が応えてるんですよ~。
進藤が自分から富樫を抱きしめたり、キスしたりする姿にドキドキしちゃいました。
進藤は最後まで男らしいし、だからこそ萌える。
そこもポイントでした。

ということで、真音の完結巻。
この話は設定の割にドラマティック度が低い印象ですが、それがキャラの味になっていてとてもよかったです。
ゆっくりと築き上げてきたふたりの関係がいい。
そして、普段の淡泊さと、ベッドの中での熱さとのギャップがとても効いてます!
端から見たら、ふたりの関係は特別大きな変化があったようには思えないかもしれないけれど、実は静かに、強くて深い絆が出来ているんですよね~。
槙原とか染谷から見たら謎かもしれませんが(笑)
あ、最後に収録されている染谷視点のショートが面白かったです!
いつの間にか富樫の操作方法を心得ている進藤にニヤニヤしてしまいましたw
このふたりは第三者の視点から見ると可愛らしいなぁ~。
染谷は本編で登場シーンが少ない割に、重要な立ち位置な気がします。
こういう人が富樫の側にいてよかったなぁとホッとさせられる。
槙原だけじゃ堅苦しいですから(笑)
恋愛部分も面白い話でしたが、キャラに対する愛着がすごく沸いた結果、ふたりが良き理解者たちに恵まれている事が嬉しく思えてきたり、そういう面でも心が動かされる話でした。
数年後のふたりを垣間見たい!
ただまぁ個人的には文章がやっぱり少し苦手ですが……。
話はとても面白かったです。
質、量共に厚みがあり、読み応えのある3冊でした。満足!
関連記事
2010.04.06 00:20 | 谷崎泉 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/834-0ebec490

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |