にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812424186愛にふれさせてくれ (ラヴァーズ文庫)
夜光 花
竹書房 2005-11

by G-Tools

灼熱を呼べの続編で、事件後の裕也と竜治のお話です。
夜光花先生は、毎回ミステリーだったのですが、この作品はちょっと違います。
楽しめました!
このカップル好きだー。

これで、今のところ出ている夜光花先生の作品読み終わってしまいました。
なんだか寂しい…。
早く次が読みたいよ~!
【愛にふれさせてくれ/夜光花/ひたき/ラヴァーズ文庫(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
あらすじ
ある事件が元で両目の視力を失った瀬尾裕也は、手術後、事故の後遺症に悩まされていた。そんな裕也の姿を見た恋人で刑事の竜治は、同じ事件現場かに居合わせながら、裕也を守れなかった事をひどく後悔していた。学生の頃から凶暴で危険な破壊願望のある竜治は、裕也以外は何がどうなってもいいというほど、裕也に執着している。しかし、事件のことで刑事を辞めると言い出した竜治から裕也は距離を置いてしまう。次第にすれ違ってゆく気持ちに苛立ち、竜治の中で再び危険な感情が目覚めてゆく。「裕也が離れていくとおかしくなる。失わないで済むなら人殺しでも平気で出来る」そんな竜治の闇に目をつけたひとりのヤクザが、刑事である竜治に揺さぶりをかけてくるが…。



【感想など】
老人から預かった封筒や、竜治の伯父(故人)の恋人・光の話などが絡んできますが、大筋は、二人が共に生きてゆくことを誓い合うお話でしょうか。
前作で恋人同士になった二人ですが、まだまだお互いの気持ちのベクトルを理解し合えているわけではありません。
裕也は爆発事件の後遺症(PTSD)に悩まされ、光と竜治の過去の関係、光の気持ちを知ったことで、竜治と気持ちがすれ違っていきます。
そんな中、ヤクザの起こした事件などによって、お互いの関係を見つめ直すことができ…。

いやー、読み応えありました。
二人の心の闇とか、竜治の過去とか、人間くさくてよいです。
二人とも成長して、この先困難が訪れても、乗り越えて行けそうで安心しました。
裕也が、BLによくありがちな、常に受け身(エッチがじゃなくてね)な受じゃない。
竜治と対等にいようとする姿勢に、好感が持てます。
人間だから弱いところだって当然ある。
そんなお互いを認め合っているのが、よいですね~。

それにしても、竜治は相当裕也に執着してますね。
常軌を逸してます。
「裕也が離れていくとおかしくなる。失わないで済むなら人殺しでも平気で出来る」
って、自分が言われたら怖いって。
下手したらストーカーになるよ、このお方。
が、裕也も相当な玉です。
「竜治が道を踏み外すなら、自分は死ぬ」(セリフは正確じゃないです)
ヒーエー…
相当な覚悟ですな。
まあ、これで二人はうまくやっていくのですが…。

気持ちも濃いが、エロも濃い。
やっぱ、夜光花先生こうじゃなきゃね。
竜治が熱いのは当然ながら、裕也がー!!
よいです。
ツボです。
ごちそうさまでした。
おいしゅうございました。

が、いくら防音とはいえ、隣に住んでいる明に気づかれるんじゃないか…?
その意味でも、竜治の家に住むのが正解です。
関連記事
2006.03.10 13:33 | 夜光花 | trackback(2) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんばんは。
TBありがとうございました。調子にのって夜光さん3連打させていただきました。

夜光さんは私も最近注目の作家さんで、既刊ぜんぶ読んでしまって早く次が読みたいというお言葉にウンウンと頷いてます。二人とも相当に相手にいかれてますよね。マイベストCPです。かなりツボです。
ラストシーンも、気になる終わり方でしたね。早く続きが読みたいです。

2006.03.10 21:51 URL | 秋月 #3VVjZltY [ 編集 ]

秋月さん
TB&コメントありがとうございます!
続編でがっかりすることがよくあるのですが、夜光花先生はやっぱりうまいですね。
HPでは、「次は5月頃」とあったのですが(確か)、すごく楽しみです。

2006.03.12 16:58 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/83-4d19a6d4

『愛にふれさせてくれ』
愛にふれさせてくれ 夜光花/ひたき  竹書房ラヴァーズ文庫 2005.12『灼熱を呼べ』の続編。この話だけでもじゅうぶん読めますが、併せて読むとより楽しめます。個人的には、前作で竜治の押しに流されてつきあいを始めた裕也が、自身の気持ちと真摯に向き合い、今では深

2006.03.10 21:33 | 月と凌霄花

[BLS]愛にふれさせてくれ
夜光花&ひたき(竹書房ラヴァーズ文庫) 前作"灼熱を呼べ"がとてもおもしろかったので続編にはかなり期待していました。しかしながら、おもしろかった分だけ今回の作品はどのような展開になるのか等、不安に思う部分があったのも本音...

2006.03.12 19:39 | B-Life.SS

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |