にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

臈たし甘き蜜の形代 :鈴木あみ

4592876180臈たし甘き蜜の形代 (白泉社花丸文庫 す 2-10)
鈴木 あみ
白泉社 2010-03

by G-Tools

まさか岩崎さんメインの話がくるとは!
今作もしっかり楽しませていただきました~。
【たし甘き蜜の形代/鈴木あみ/樹要/花丸文庫(2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
※タイトルの「ろうたし」は「たし」ですが、環境によっては表示されないので、この感想の中では一部「臈たし」としています。

【あらすじ・感想など】
男専門の廓として、吉原でも屈指の大見世・花降楼。
禿のひとりである椛は、岩崎財閥の御曹司である岩崎光士郎に見初められた。
それ以来岩崎は椛の元に通い、ふたりは信頼関係を築いてきたのだが、ある日、椛はその岩崎の好意の裏にある事情を知ってしまう。
ショックを受けた椛は、岩崎を拒むようになるのだが…。

禿に客が通うというのは、廓では通常認められない事。
それを岩崎は過去を引き合いに出して、強引に遣り手である鷹村に認めさせている。
椛にとって岩崎は、自分を可愛がってくれる、甘やかしてくれる兄のような特別な存在で、岩崎の訪れをいつも楽しみにしていた。
でも、その視線は時々遠くを見ているようで時々不安になる。
新造出しの夜、その理由を立ち聞きしてしまった椛。
岩崎が自分を見ていなかった事にショックを受け、椛は岩崎の訪れを拒むように。
そんな椛を、岩崎は強引に自分のものにするのだが…。
という、今回はまだ水揚げ前の禿と客との話です。
岩崎は「愛で痴れる夜の純情」に登場していた、身請けを約束していた蜻蛉を綺蝶に攫われてしまった当て馬さんですよ。
当時は学生だった岩崎は、海外生活を経て帰国し、家の事業を手伝っています。
そんな岩崎が椛を見初めたのは、椛が蜻蛉に似ていたから。
それから5年間、椛を自分好みの子に育てようと花降楼に通い信頼関係も出来て、まだ手を出していないけれど、このままいけば岩崎が水揚げして…と順調に進展しそうだったところで椛が蜻蛉の事を知ってしまいます。
身代わりだったと知った椛はショックを受けて岩崎を拒むけれど、でもやっぱり岩崎のことを嫌いにはなれない。
その気持ちが恋愛感情なのだと気付いてしまい、どうしていいか分からなくなってしまいます。
一方の岩崎も、最初は蜻蛉に似ているからという理由だったのが、次第に椛への愛情を抱くようになっていて、椛への執着の理由を自覚する。
遊廓という疑似恋愛を売る場で出会っているために、ふたりとも自分の気持ちを自覚しないまま甘い時間を過ごしていたんですよね。
優しくするのもされるのも当然の場所だから。
その舞台設定を、経験の浅い椛はともかく、岩崎までもが忘れてしまっている。
昔の岩崎は、蜻蛉を好きだと言いつつ、それでも蜻蛉を色子だという認識は無意識のうちに持っていたと思うんです。
蜻蛉に対する執着と、椛に対する執着は種類が違うんですよ。
それに岩崎はようやく気付きます。
今回ふたりとも自分の気持ちを見つめ直して、相手への愛情を再確認するというステップを踏んでいるのですが、それぞれに共感できるところがあってよかったです。
椛は経験が浅いし、若いから感情の揺れも大きくて、健気で可愛い。
精神的に大人になっていく過程が垣間見えて微笑ましいです。
そして、年齢を重ねていて、なまじ財力や社会的立場があるために視界が狭くなっていて、自分の心に鈍感になっている岩崎の変化も見所。
恐らく普段は力で自分の想い道理に物事を動かさないと気が済まないのであろう岩崎が、かなり年下の椛に翻弄されているのがいいんですよ。
力尽くで心を手に入れようともしてるけど、それが間違いだと気付いてる。
ようやく人間対人間で恋愛してるんですよね。
椛も可愛かったけれど、そんな岩崎も好きです。

いやぁ、それにしても今回エッチにやたらと萌えました~。
ずっと大切にしていた椛の身体を、岩崎が強引に戴いてしまう場面。
好き合ってはいるんだけどまだ心はすれ違っている、そんな状況でのエッチにも萌えたし、気持ちが通じ合った後のエッチも萌える。
何なのこのドキドキ…。
椛は水揚げ前と言っても年齢的には高校生くらいですよね。
年齢の割に見た目が幼くて、いけないことしているような背徳感があるから?
それとも光源氏的な、自分で育てて自分で喰ってしまうという状況?
何にせよ、椛の反応も初々しくて可愛かったし、美味しいエロでしたw

ということで、花降楼シリーズの9作目。
シリーズ途中の感想を書いてませんが、全部読んでいますよ。
このシリーズは多少変化ありつつ基本は似たような話なのですが、毎回しっかり楽しませてくれるから安心して読めます。
最終的に身受けされてハッピーエンドなんだろうと分かっている事もあるし、キャラ設定もいいとこついてくるんですよね。
みんな廓に売られてきているから愛情に飢えてる。
そういうちょっと影のある受が好きだし、遊廓という舞台設定がいい具合に恋愛のハードルになっているから、私はこのシリーズに嵌るのかなぁと思います。
萌えもあり、キャラに愛着も沸いて、今回も美味しく頂けました~。
面白かったです♪

…にしても、私は鷹村が気になって仕方ないんですが。
彼の過去編が読みたいです!
あみ先生よろしくお願いします!!


■シリーズ
「君も知らない邪恋の果てに」旺一郎×蕗苳
「愛で痴れる夜の純情」綺蝶×蜻蛉
「夜の帳、儚き柔肌」蘇部×忍
「婀娜めく華、手折られる罪」御門×椿
「華園を遠く離れて」蘇部×忍、御門×椿、綺蝶×蜻蛉
「媚笑の閨に侍る夜」
「白き褥の淫らな純愛」
「愛しき爪の綾なす濡れごと」綺蝶×蜻蛉
「たし甘き蜜の形代」

■コミカライズ(樹要先生)
「愛で痴れる夜の純情-禿編-」
「愛で痴れる夜の純情-傾城編-」
関連記事
2010.03.21 01:31 | 鈴木あみ | trackback(0) | comment(2)
            

鈴木あみさんってけっこう、王道だったりするんですけど、ポイント、ポイントおさえていて、あまりハズレがないんですよね~。私もこのシリーズ、なんだかんだで手に取っちゃいますし。
そして鷹村の過去は激しくしりたい!!彼はなんか存在感あります。

あと久しぶりで何なんですけ、ブログ閉鎖することになりまして……リンクの方の処理をお手数をかけます。すいません。
BL自体は好きなのでまた、こちらのブログにも顔を出すかもです。

では、では、お邪魔いたしました。

2010.03.25 03:26 URL | ホスニ #n4jaW67w [ 編集 ]

ホスニさん、こんにちは~

あみ先生はこのシリーズ以外ほとんど読んだことないのですが、毎回ちゃんと楽しませてくれるので安心して読めます!
鷹村の過去を知りたいけれど、それが明らかになるのはシリーズ終盤なのかしら…。
そう思うと、知りたいようなまだ知りたくないような~。
美味しいことは間違いない!ですねw

リンクの件了解いたしました。
ブログ閉鎖は残念ですが、また是非いらしてくださいね(*´ェ`*)
それではまた~

2010.03.28 09:46 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/828-04ae31e6

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |