にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4813050476聞こえない声 HertZシリーズ
京山 あつき
大洋図書 2006-11-01

by G-Tools

何なのこの胸のドキドキ…!!
好きなシリーズなのに、感想を書いていないことに今更ながらに気付きました。
【聞こえない声, 見えない星, 枯れない花/京山あつき/ミリオンコミックス(2006-2010年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
野球部のエースで格好良くて人気がある今井。
一方の引田は、レギュラーにも入れない野球部員で、小柄で目つきが悪く、怒った顔になってしまうのをコンプレックスに思っている。
一緒に野球するのが好きだった先輩にそんな視線で見られていると知って戸惑う引田だけど、今井との関係は壊したくない。
憧れだった今井の内面に触れたことで、今井と、そして自分と真剣に向き合う事になった引田は、自分がどれほど今井を求めていたのかに気が付く。
そして恋人同士になるのだが、学年の違うふたりは進学によって離ればなれになってしまう。
どんどん好きになっていく引田の胸に、様々な感情が押し寄せてきて…。
この話は、「聞こえない声」「見えない星」「枯れない花」という順番で続き物になっています。
恋人同士になるまでが「聞こえない声」、その後今井が卒業するまでが「見えない星」、大学に進学した今井と離れてから引田が卒業するまでが「枯れない花」。
大掛かりな事件があるわけではなく、一貫して野球部を通してふたりの関係が変わっていく過程が描かれています。
憧れの先輩で、同性の今井相手に、どうしていいか分からず困っている引田の反応はさもありなんという印象。
それよりも、格好良くて人気のある今井が、それでも恋愛の前には常にテンパっている所にまず心を掴まれました。
引田よりも慣れてはいるし、表には余り出ていないけれど、戸惑い悩んでいるのは今井も同じ。
それを知った引田が、徐々に今井の事を「憧れの先輩」ではなく、一個人として見るようになった事で、今井という人間を受け入れるようになっていきます
そういう気持ちの変化って、恋愛の始まりにはよくありますよね。
その最中はモヤモヤとした心を抱えて情緒不安定になったりして、決して楽しくなんか無い。
でもそこを乗り越える事で、上っ面だけじゃない付き合いが始まるのだと思います。
こうして漫画で客観的に見ると、不器用なふたりのやりとりは笑いを誘ったりするけれど、本人たちは至って真面目。
大人になると、余計な知識やプライドが邪魔してしまって、この過程が疎かになってしまいがちだなぁと思います。
高校生らしいこの不器用さが、眩しくて心があたたまりました。
あと、変に背伸びしていない、等身大の高校生の恋愛というところがいい!
今時の高校生像は、自分の高校生活とはかけ離れすぎていて別世界なんですよね…。
その点、今井と引田はとても身近に感じられてよかったです。

そして、男同士だからこそ生まれる葛藤にもちゃんと目が向けられていました。
攻はともかく、受は自分の性について悩む要素が大きくて当然ですよね。
引田も、自分が今井にとって可愛い存在でありたいという心と、男として認められて今井の隣に立ちたいという心の間で葛藤してます。
BLは、やっぱりそこも大切だと思うんです。
コンプレックスがあるせいもあるけれど、引田は今井といることでいろいろと悩みに直面していて、毎回しっかり考えてる。
その誠実さが微笑ましいし、引田の強さに感心しました。
きっと、今井もこんな引田を可愛く思っているんだろうなぁ~。

心の変化はもちろん、「好き」から肉体関係に到達するまでの不安と期待が入り交じったドキドキ感もしっかり押さえています。
引田は別に可愛い顔ではないんですが、このドキドキを共有する事で何故だか引田がすごく可愛く思えてくる不思議!
どんどん色気が出てて、腹の底から萌えがわき上がってくるんですけど…!!
萌え転げました…。
脱がされる引田から漏れ出す色気がたまらんです!!

この胸の高鳴りを言葉にしきれていなくてもどかしいのですが、とにかく読んでこの萌えを実感して欲しい!
京山先生の画は、特別上手いわけでも、キレイなわけでもないと思うのですが(失礼)、読み始めると一気に心掴まれます。
漫画が息づいているなぁ。
その元になっているのは心理描写の巧さにあると思います。
ふたりの距離が縮まっていく様子が、ぎこちないのがいい!
引田がまた地味なキャラなのがいいんです。
タイトルも好き。
まだ読んでいない方は是非どうぞ~♪

4813051278見えない星 (ミリオンコミックス Hertz Series 38)
京山 あつき
大洋図書 2008-04-26

by G-Tools


481305241X枯れない花 (ミリオンコミックス Hertz Series 76)
京山 あつき
大洋図書 2010-03-01

by G-Tools

関連記事
2010.03.16 00:24 | 京山あつき | trackback(0) | comment(2)
            

最近書き込んでばかりでごめんなさい。
これも大好きなの。ときめきって、どきどきってたまらなくなる。そんなものから、遠ざかってしまってもう何年になるのか・・・・

対等な目線で、しっかり恋している。征服だの、調教だの、監禁だの、やくざや警察物が多い中で、清潔な感じがします。本当は18歳以下のもの、ショタといわれるものは大嫌いです。無理強いしていくというのも嫌です。

これは青少年・高校生のホモの物語。そういってしまえば、不健全図書に入れられてしまうかもしれないけれど(身も蓋もないよねえ)、私には、すがすがしい初恋物語としか読めない。エロや萌えもあるけれど、それは人生の一部でしょ。高校生こそ、もやもやしているわけで。

未成年の陵辱物なんか大嫌いだけれど、こういう漫画が規制されそうだなんて、おかしいなあと思うこのごろです。


2010.03.16 12:10 URL | mudanahibiwokasanete #Z8VURax2 [ 編集 ]

mudanahibiwokasaneteさん、こんばんは!

高校生同士の、こうして恋愛に向き合っている話っていいですよね~。
胸がキュンキュンするってこういう気持ちだよね…と実感できる話でした。

そして、狙ったわけでは全然なかったのですが、ちょうど話題になっている条例案にひっかかる作品だった事に、コメントを戴いて気付きました。
>エロや萌えもあるけれど、それは人生の一部でしょ。高校生こそ、もやもやしているわけで。
まさにそのとおりだと思います!!
うーん、益々改正案に対して憤りが…(´へ`)
何もかもひとまとめにして「猥褻!」なんて酷いですよね。

コメントありがとうございました!
改めていろいろ考えさせられました…悪い結果にならない事を祈ります(>_<)
それではまた~

2010.03.17 01:47 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/826-6b926c9d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |