にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

お花屋さんに救急箱 :椹野道流

4829624663お花屋さんに救急箱 (プラチナ文庫)
椹野 道流
フランス書院 2010-02-10

by G-Tools

本編の甫兄さん編に加え、弟の遙編もあります。
どちらももっとじっくり読みたい~。
【お花屋さんに救急箱/椹野道流/黒沢要/プラチナ文庫(2010年)】

オススメ:  続編への期待をこめて

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
「お試し中」の恋人関係になって数ヶ月。
K医科大学の医師である大野木甫は、半同棲状態で九条夕焼と付き合っている。
音楽を諦め、実家の花屋を継いでいた九条の元に、ある日一緒に音楽をやっていた友人・冬洲トオルがやってきた。
九条の為には自分が身を引くべきなのではないかと悩む大野木だが…。

九条は元々冬洲と共にバンドを組んでいて、しかもずっと冬洲を好きだったという過去があります。
音楽を離れたときにその想いも手放した九条ですが、メジャーデビューするという冬洲は、音楽においても、私生活においても九条が必要なのだと口説いてきた。
九条は全く応えようとしませんが、それを知った大野木は動揺してしまう。
九条は本当は音楽をやりたくて、冬洲と一緒になりたいのではないか?
でも自分を気遣って断っているのではないか?
自分も九条を必要としているけれど、九条の気持ちを優先してやりたいと思う大野木はそう告げるのですが…。
仮の恋人同士とはいえ、すっかり大野木は九条との生活に馴染んでいます。
でも、九条の事はまだよく知らない。
今回のことでそれに気付き、そして冬洲が登場したことで、九条への気持ちを改めて自覚することになるという話。
今まで受け身だった大野木が、自分から九条の為に動くのですが…それが案の定不器用で空回りしちゃってます。
でもその一生懸命さがいいんですよね!
仕事は出来るけど、恋愛は不器用なのが大野木なのです。
そして、ここでずっと前向きで優しい顔しか見せていなかった九条の、必死な顔や、意外な頑固さが垣間見えるのがいい。
表面しか見えなかった九条の内面が見えてきて、人間味が増してます。
大野木の表情にバラエティも出て来たし。
ようやく本当に気持ちが通じ合ったなぁと思える話でした。

そして後半は弟カプ編『意地っ張りのベイカー』
K医科大学の理学療法士・深谷知彦が、上司である大野木の弟と知らずに遙と出会い、恋愛に発展していく話です。
近所にある日突然、ひっそりとオープンしたコッペパン屋「遙屋」。
最初は無愛想で客に対してもほとんど口をきかなかった遙が、深谷との出会いで次第に心を開いていきます。
時系列的には大野木と九条の出会うより前。
「お医者さんにガーベラ」で大野木がダメージを受けていた遙の一件について、この話で補完されています。
遙は最初すごく人見知りしているのに、気持ちが切り替わると一気に積極的になっていて、その不器用さと極端さ、そして頑固なところがお兄さんと被りますね~。
そして、似たもの兄弟な所がさらに分かる話が、最後に収録されている短編『円卓の医師』。
この話は大野木が弟・遙の開店祝いをするという名目で、二組のカップルが顔合わせをする話です。
まぁ、初対面なのは遙と九条だけなんですが。
大野木が弟の彼氏である深谷を、娘を取られる父親のような心境で気にくわないと思っているのは元々分かっていたことですが、遙と九条も姑と嫁みたいな関係で対抗心めらめらしてます。
いろんな所に気を遣い、結局一番苦労するのは深谷なのですね(笑)

というわけで「お医者さんにガーベラ」の続編でした。
弟編と、その後のエピソードも収録されていて、内容盛り沢山です。
それぞれの話も、上記で書いたように面白い。
ただ…どれも話がコンパクトすぎて物足りないんです…!
九条×小野木カップルは、このひと山乗り越える話が一番盛り上がって、じっくり読みたいところなのです。
なのに展開が早すぎる。
冬洲も都合よく物わかりのいい人物になっている印象がしてしまう。
ふたりともやっと本当に心を開いてきた所なので、もっと丁寧に掘り下げて欲しかったなぁと感じてしまいました。
深谷×遙も、ようやくスタートに立ったところで終わってしまっている…。
初体験の様子を知りたいんですけど!
遙みたいな積極的だけどちょっとずれてるタイプが、エッチの最中どうなるのかが気になりますよ!
せっかくなので、続編として1冊、弟編のスピンオフで1冊、それぞれ出して欲しかったです。
このシリーズはまだ続くのかな?
弟編の続きが読みたいです!

■シリーズ
「お医者さんにガーベラ」
「お花屋さんに救急箱」
関連記事
2010.02.23 00:24 | 椹野道流 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/818-49c46f37

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |