にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

金のひまわり :遠野春日

4048682083金のひまわり (B‐PRINCE文庫)
遠野 春日
アスキーメディアワークス 2009-12-07

by G-Tools

堅い職業って萌えますね~。
他のシリーズとの繋がりも面白かったです。
【金のひまわり/遠野春日/蓮川愛/B-PRINCE文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】

司法研修所の同期である朝比奈仁と、7年前から恋人関係にある折原泉樹。
二人の関係は平穏だったが、ある日、仁から白石弘毅の噂を耳にする。
同じく同期の弘毅はやり手だが悪い噂の絶えない弁護士で、泉樹にとって弘毅は、研修所時代から何故か気になる存在だった。
その弘毅が近く検挙されると聞いた泉樹は、いてもたってもいられず動き出すのだが…。

研修所時代から泉樹にとって気になる存在だったけれど、その頃から親しかった仁とライバル関係にあったため、遠い存在だった弘毅。
その後泉樹と弘毅は弁護士、仁は裁判官となった。
弘毅はやり手の弁護士だが、暴力団との関係も噂され、敵も多い。
その弘毅が検挙されるという噂を聞いた泉樹は、居ても立ってもいられず弘毅の様子を知るために動き出す。
だが、それを知った弘毅は、手を引こうとしない泉樹の身体を強引に奪い、深入りするなと忠告してきた。
そんな中、弘毅が逮捕される。
弘毅を信じたい泉樹は、他の弁護士と共に弘毅の弁護をすることを決意するが…。
泉樹と仁は恋人同士だけれど、泉樹の胸には本人もよく分からない弘毅への興味がずっとあります。
突き動かされるように弘毅に近づき、拒絶されても手を引けない。
近づけば近づくほど弘毅に惹かれていく泉樹は、その気持ちが何なのか次第に気付き始めます。
本人に自覚がないだけで、元々泉樹は弘毅に惹かれてるんですよね。
仁はそれに気付いていて、弘毅の泉樹に対する気持ちも知っている。
弘毅の暗黙の宣戦布告を受け入れているけど、内心不安なんですよ…。
そんな仁の心配を余所に、案の定泉樹は弘毅に心が傾いていきます。
序盤、大人しそうな泉樹の突っ走り具合と、その後弘毅と関係を持つ流れに強引さを感じてしまいますが、中盤以降は落ち着いて読めました。
弁護士ものらしい事件解決に向けた真相解明も面白かったし、その中で仁と弘毅の間で揺れる泉樹の心理描写も違和感なく進んでます。
まぁ、泉樹の天然ぶりが受け入れられるかどうかは、ちょっとギリギリのラインかもしれませんね…。
状況的に仕方ない流れとは言え、仁が不憫すぎるんですよ!
いい人すぎて可哀想。
しかし!そんな不憫な仁も、同時収録されている番外編で救済されてます。
新たな出会いで、今度は幸せになって欲しいなぁ。
あ、全然触れてませんでしたが、弘毅のキャラが好きです。
無愛想で愛情表現が下手だけど、ずっと泉樹のことが好きで、行動に移る前からプレゼントを用意したりしてしまうんですよ。
何事もそつなくこなしそうな弘毅が、泉樹に対する気持ちを上手く伝えられないのが微笑ましい。
情熱シリーズの遙や東原然り、遠野先生の作品に登場する攻は、こういうタイプ多いですね。
好みです~。

ところで、読んでいる途中で気付いたのですが、弘毅は情熱シリーズに出てくる白石弁護士なのですね!
この文庫は2000年に出版された新書の復刊なので、最初からこの作品ありきの白石弁護士だったのかと思うと、あの存在感に納得です。
本編に東原が出ているし、書き下ろしの短編には執行も登場していて楽しさ倍増。
あとがきによると、東原はこの話で出来たキャラらしいですね。
今後、情熱シリーズをより一層楽しめそうな気がします!
他にも、「茅島氏の優雅な生活」の茅島さんや「金曜紳士倶楽部」のバーが登場していました。

昔の遠野先生の作品は時々不安を感じる(文章的に…)事があるのですが、今回は大丈夫でした。
恋愛要素と事件要素がバランス良く配分されていて面白かった!
特に、情熱シリーズを読んでいる方は存分に楽しめる作品だと思います。
どうやら来年別のレーベルから続編が出るらしいので、そちらも楽しみ~♪
スピンオフ作品である「夜には甘く口説かれて」も是非どうぞ。

■シリーズ
「金のひまわり」
「夜には甘く口説かれて」

4048682636夜には甘く口説かれて (B‐PRINCE文庫)
遠野 春日
アスキーメディアワークス 2010-01-07

by G-Tools
関連記事
2010.02.11 00:35 | 遠野春日 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/813-b918702b

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。