にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
440361955X志水 ゆき全集 LOVE MODE (3) (ディアプラス・コミックス・デラックス)
志水 ゆき
新書館 2009-12-25

by G-Tools

蒼江と直也の話はまだまだ続いていたのですね…。
早く落ち着かせてあげて~。
【LOVE MODE (3)/志水ゆき/Dear+コミックスデラックス(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】

『MY DEAREST』蒼江×直也
突然大手企業灰谷開発の会長の孫である事を知らされ、半ば強引に灰谷家に引き取られる事となった直也。
蒼江の仕事を公表すると脅されている直也は、その要求を受け入れるしかなく…。

まだまだ絶賛受難中の直也くん。
平穏な生活を手に入れたと思いきや、今度は今まで存在すら知らなかった祖父に脅され、蒼江の元から去ることを余儀なくされてしまいます。
愛情があるわけではなく、ただの手駒としてしか見ていない祖父と、同居することになった亘という少年との確執。
亘は跡継ぎのために養子に入っているので、当然直也に対してよい感情は持っていないし、その感情を抑えられるほど大人でもありません。
でも、まだ小学生で子供だからこそ変にプライドが高いわけじゃないし、本当は灰谷家での生活に寂しさを覚えているので、心を許すとあっという間なんですよね~。
嫌なガキだと思ったけれど、子供のそういう素直さは可愛いです。
直也も亘も被害者的な立場なのですが、逃げる場所もなく、そこで頑張るしかない亘の方が実は大変なのではないかな…と、ちょっと同情していまいました。

そんな環境に置かれますが、直也はジタバタすることなく、じっと我慢しています。
そして、離れてみて蒼江の存在の大きさに改めて気付く。
今までも、直也も蒼江もお互いに好意は持っているんですが、それは人間愛的な感情に近いんですよね。
それがこんな事態になって、ようやく恋愛感情だとハッキリ認識するわけです。
長かったよー!!

それにしても直也の表情が、蒼江の前だと全然違う!
灰谷家にいるときは、精神的に張り詰めているという事もあるだろうけど、なんだか成長したなぁと漠然と思っていたのですが…。
蒼江に向ける表情が甘くて、読んでいるこっちが照れますよ。

『すばらしき日曜日』蒼江×直也、晴臣×葵一、天雷×一星
再び蒼江と暮らし始めた直也。
そんなふたりの甘い話かと思いきや、話は全然平穏じゃありませんでした…。
葵一大活躍です。
そして、天雷(ティエンリー)と一星(イーシン)という中国人が初登場していて、この後の巻で恐らくメインの話がありそうな感じ。
蒼江×直也の話のエピローグ的な話であり、次の展開へのプロローグでもあります。

何はともあれ、ようやく初エッチ…!
ここまでハッキリと描写されていなくて、でももしかしたら描かれていないだけで実は肉体関係あるのかも?とも思っていて、ずっとモヤモヤしていたのです。
これでスッキリしました(笑)

『すばらしき金曜日』蒼江×直也
その後のふたりの短編。

『病ミ上ガリノ夜空ニ』晴臣×葵一
2巻で気になっていた葵一と晴臣カプがここでようやくメインに~。
でも短いです…。
このふたりの関係をもっとじっくり読みたい!

『FLY ME TO THE HEAVEN』誠一×朋樹
デートクラブ「B&B」のNo.1である雨谷誠一は、ある日スペシャルVIPの客の元に向かうが、そこにいたのは、まだ中学生ほどの外見の朋樹という少年だった。
「セックスがしたい」と言う朋樹と、誠一は何度も身体を重ねるのだが…。

「恋人ごっこ」をしているつもりが、いつの間にか朋樹に嵌ってしまう。
でも、朋樹にはある事情があり…という話。
一応キャラの繋がりはありますが、ここまでの蒼江と直也、高宮と和泉の話からは離れた単独の話になっています。
後半明かされた事実はこの手の話としては珍しくないと思うし、最初から匂っていたので驚きはないんですが、分かっていても泣かされました。
これは泣くしかない…。
そして、そういう側面があるとより萌えますね!
幼くて儚い雰囲気の朋樹とエロの配合が絶妙でした。

--
ということで、ラブモ新装版の3巻。
蒼江と直也のカプは、波瀾万丈で人間関係がドロドロしている中、益々ふたりの間の空気が益々甘くなっていました…。
読んでいて赤面しそうですよ~。
初エッチまでの道のりは長かった!
そんな壮大な話の後は、しっとり泣かせる朋樹と誠一の話でした。
メリハリがあってよいです。
あ、3巻になると絵柄がまた変わってきていますね。
変遷期という感じです。
どの時期から今の絵柄になるのかな?

私、一度読んだことあるとは言っても読んで思い出す程度なので、この先どんな展開なのか、どんなカプが登場するかとか全然覚えてません。
なので毎巻新鮮!
恐らくこの後登場する妥当と思われる天雷×一星カプ、そしてずっと気になっている晴臣×葵一カプの動向が気になります。
っていうか、表紙になっている晴臣×葵一カプが不完全燃焼ですよ!
次巻が早く読みたい~


■志水ゆき全集
「LOVE MODE (1)」
「LOVE MODE (2)」
「LOVE MODE (3)」
「LOVE MODE (4)」
「LOVE MODE (5)」
「LOVE MODE (6)」
関連記事
2010.01.16 01:47 | 志水ゆき | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/803-bd0b7d40

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。