にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

IBARA 茨の檻 :今城けい

4592876105IBARA茨の檻 (白泉社花丸文庫 い 6-2)
今城 けい
白泉社 2009-12-18

by G-Tools

前作「モルグの番人」が好みだったので期待していたのですが…。
萌え要素はあるけど消化不良。
【IBARA 茨の檻/今城けい/北沢きょう/花丸文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
身内の作った借金を返すため、ホストクラブで働いている遊佐省吾。
ある日、遊佐の元に大手不動産会社の秘書が突然訪ねてきた。
社長の息子である堂薗眞木の世話係にスカウトされた遊佐は報酬に惹かれて引き受けるが、対面した眞木は、言葉も通じない人形のような青年で…。

元々は普通に働いていたが、姉の作った借金の為に会社を辞めざるを得なくなり、収入を得るためホストや他にもいくつかのバイトをしている遊佐。
そのバイト先での働きが田中の目にとまり、眞木の世話係の話が舞い込むが、眞木と会った遊佐はその姿に衝撃を受ける。
21歳という年齢には思えない幼い雰囲気に加え、見事なまでの白髪。
そして、人形のように反応がないと思えば、突然発作を起こして興奮する眞木。
眞木本人を見て欲しいという田中は詳細を語らないが、専属の看護師である三島や、立ち入りを禁じられている屋敷の一角に隠された秘密が関係していると感じた遊佐は、眞木の心を取り戻すために奔走するのだが…。
話の構図としては、眠れる森の美女のような感じですね。
心を閉ざした眞木を、遊佐が救い出します。
理由を説明されないまま、会話が出来ず、発作も起こす眞木を数時間とは言え毎日世話をするという無茶な仕事に、遊佐は当然戸惑う。
でも、正直面倒な相手だと思いつつ、最初はお金のため、その後は同情心や庇護欲、そしてそれは次第に恋愛感情へと遊佐の心は変化していきます。
一方の眞木も、遊佐の献身的な世話で回復の兆しを示すのですが、正気を取り戻していくという事は、心を閉ざす原因となった過去と向き合うという事。
その過去に何かしら罪の意識を持っている眞木は、遊佐を拒絶し始める。
眞木と遊佐の関係は一進一退で、その間に眞木の過去が見えてきます。
その真実は予想の範囲内だったので特別衝撃は受けませんでしたが、そこにあった愛憎劇が眞木にとって相当過酷で、心を閉ざしてしまった理由として納得できる内容でした。
まぁ、その大元となっている人物の自己中心的な行動が不幸の連鎖の一番の原因で、その毒気に侵されてしまった人たちが哀れですね。

話の軸はこの愛憎劇で、骨格自体はしっかりしていると思います。
が、如何せん肉付けが甘い…。
眞木と遊佐の人物像がいまいち固まりきらないまま話が進んでしまって、途中話に入り込めませんでした。
特に眞木の変化が掴みにくいです。
退行しているけれど本来は20歳前後の精神を持っている…という設定だと思うのですが、説明不足で眞木のその時々の状態がよく分からないのですよ。
容姿が幼いから余計に。
どうせなら、美青年の容姿で、本来の精神年齢がもっと高い方がギャップがあってよかったのではないかと思います。
あと、シリアスな内容と、タツキの場面のようなコミカルさがマッチしない…。
タツキは必要だったのか?

エロに関しても消化不良な印象。
一番最初のお風呂のシーンは萌えました!
受がなんだかよく分からないまま射精に導かれていく過程はドキドキします。
が、その次の濡れ場は、まだ恋愛感情をしっかり意識していない、しかも元々ゲイではない遊佐が取る行動としては唐突に感じてしまう。
結局、キャラが掴めていないという事がこういう所にも影響してしまっていて、萌えに繋がりませんでした。

ということで、前作「モルグの番人」が面白かったので期待していたのですが、今回は物足りなさを感じてしまいました。
視点が遊佐なので、余計に眞木の内面が掴みづらい。
話の流れ上遊佐視点なのは仕方がないのですが、萌えるかどうかは眞木次第な所があるのでもう少し丁寧に掘り下げて欲しかったなぁ。
発作とか幼児退行とか、個人的に萌え要素は揃っていたので残念です…。
次回に期待!
関連記事
2009.12.24 01:43 | 今城けい | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/793-9c268b92

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |