にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

そこに座るな :麻生海

4862636799そこに座るな (ビーボーイコミックス)
麻生 海
リブレ出版 2009-10-10

by G-Tools

面白かった!心地よい読後感。
私、こういう受には無条件に弱いんですよねぇ…。
【そこに座るな/麻生海/BBC(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
『そこに座るな』
葉山悠が旅行から帰ってくると、同居人が変わっていた。
元同居人・牧野同僚だという浪川智之と、何事もなかったかのように同居生活を送る葉山だが…。

牧は葉山と付き合っていた男です。
彼女がいることは気付いて、それでもいいからと付き合っていた葉山ですが、突然消えられてしまった事に本当はショックを受けてます。
でもハッキリと別れの言葉を告げられていないので、もう来ないだろうと思っていても待ってしまう。
傷ついた心を葉山は表に出さず、自分の中に抑え込んでいて、端で見ている浪川は次第にそんな葉山が気になり始めます。
自分に平気だと言い聞かせて、平静を装っている葉山が痛々しいんですよね…。
これを近くで見ていたら、そりゃ好きにもなってしまうよー。
葉山可愛いんだもん!
葉山はゲイであることに引け目を感じていて、男同士でずっと一緒にいるような関係は築けないと思ってる。
だから、別れるときの事を考えて、バッサリと終わりにしてくれそうな、牧のような相手を選んでる。
手放したときに辛いから、居心地の良さに怯えてる。
でもそんな姿勢で、相手に邪魔にならないように自分を抑えていたら、上手くいくものも上手くいきませんよね。
臆病で不器用な葉山が、とても愛おしい。
自分の心の内を浪川に晒す場面に、やっと前を向いてくれた!と嬉しくなってしまいました。
浪川にしっかり葉山の心を癒してもらって、ふたりで幸せになって欲しいです。

私、こういう「恋愛なんてきっと上手くいかない」と諦めているキャラが、ちゃんと相手に向き合っていく過程が好きです。

『牧の言い分』
本編で悪役だった牧の裏話。
なんて酷い奴!と思っていたけれど、こうして牧の言い分を聞いてみると、牧は牧なりに葉山のことを考えていたんだなぁと分かります。
浪川と一緒にいるときの葉山の笑顔を牧が見てしまう場面があるんですが…牧にうっかり同情してしまいました。
まぁ、葉山にも問題はあったにしても、牧の不実が一番の原因ではある事は間違いないので、これは自業自得ですが!

『ふれるちかさで』
小学生の頃、からかわれている同級生を庇うために「付き合っている」宣言をした勤と淳平。
高校生になった今でも、勤は淳平にベッタリで…。

二人は元々仲がよくて、宣言前には好奇心でキスまでしてます。
でも、勤にとっては好奇心じゃなくて、それは淳平に対する好意からきているんですけどね。
淳平はそんな勤の本心には気付かないまま。
そんなこんなで二人は高校生になって未だに仲がいいんですが、淳平は普通以上にスキンシップの多い勤との関係に抵抗を感じるように。
こんなにベタベタしているのに、ふたりともモヤモヤしているんですよ。
その空回りが微笑ましくてよかったです。
子供の頃のエピソードも可愛いw

--
ということで、中編と短編の二本立てでした。
今までで一番好き!!
麻生先生のコミックスを読むのはこれで5冊目、原作無しでは3冊目です。
原作が付いていないコミックスは、今まで画の魅力の方が私の中で大きくて、話の方が可もなく不可もなく~という感じだったんですよ。
でも今回はとても面白かったです。
葉山と浪川の気持ちが近づいていく過程を丁寧に追っていて、読み応えがあります。
普段明るいのに時々寂しい顔を覗かせる、そんな葉山の姿に切なくて胸が痛くなりました。
番外の牧視点もよかったし、友人たちの存在感もちょうどよい。
短編の『ふれるちかさで』も可愛かったし、読み終わったときに心地よい満足感に浸る事が出来る一冊でした。
好きだ麻生先生…!!
元々画が大好きなので、益々惚れました。
大満足です♪
関連記事
2009.10.15 01:28 | 麻生海 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/767-c391439a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |