にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

純愛ポートレイト :崎谷はるひ

4861343593純愛ポートレイト (ダリア文庫)
崎谷 はるひ
フロンティアワークス 2009-08-13

by G-Tools

いつもの如く分厚いけど、粘度は低めでした(あくまで崎谷作品比…)
こういう年上受好きです。
【純愛ポートレイト/崎谷はるひ/タカツキノボル/ダリア文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
美大の写真学科に通う大学生・篠原亮祐は、バイト先のコンビニで見かけるきれいなサラリーマン・小井博巳が気になっていた。
ある夜のバイト中、泥酔した小井の面倒を見ることになった亮祐だが…。

亮祐は人当たりはいいけど、それは他人と深く付き合うことを回避するための手段で、簡単に人と馴れ合ったりしません。
以前から気になっていたとは言え、その亮祐が泥酔した博巳の面倒をみようとしたのは、顔だけじゃなく、実際に言葉のやりとりをして博巳に惚れてしまったから。
関係を途切れさせたくない亮祐は、その後謝罪に来た博巳に、写真のモデルになって欲しいと頼みます。
最初は戸惑っていた博巳ですが、次第に亮祐との距離が縮まり、しばらく前から悩まされていたある出来事を打ち明けるまでになります。
その悩みを解決すべく、亮祐は動き始めますが…。
それなりにいろんな経験をしてきている亮祐は、20歳という年齢の割に落ち着いているし、恋愛に対しても初心じゃありません。
事件の解決も、周囲の助けがあったとは言え割とすんなり成功します。
そんなここまでの流れを見ると、年下だけどしっかりしている攻と、天然でちょっと抜けた所のある年上美人受という構図なのかと思いますよね。
でも違うんです。
亮祐が意外にも本気の恋愛には年相応の不器用さを発揮。
そして、博巳はボンヤリしているのかと思いきや、結構強気のしっかり者でした。
博巳はしっかりしてるけど基本真面目で優しいから、こなれた大人を相手にすることの多い亮祐の思考パターンとは少しずれていたんですよね。
この話は亮祐視点なので、私もすっかり博巳の本性に気づけずにいました。
博巳に怒鳴られてハッとした(笑)
本当の博巳を知って、博巳がすごく好きになりました。
こういう人になりたいなぁ…。
一方の亮祐について、博巳に対しては優しい男だったけど、それ以外の所では生意気そうで要領良さそうで、あまり好みじゃないと私は思っていたんです。
でも、突っ走った告白の場面あたりから好感度上がりましたよ。
このくらいダメな所があった方が愛着が沸きます(笑)

男女問わずきれいな顔が好きな亮祐は、それなりに今まで遊んでいて、痛い目も見ていますが、博巳と出会った頃には落ち着いた生活をしています。
でもその過去によって、まさかの修羅場に突入…。
というその後のふたりの話が、後半の『熱愛モーションブラー』。
ここからは博巳視点です。
いやぁ、まさかのっけから別れ話とは…思いがけない展開でした。
しかもこの話の1/3くらいそのやりとりですから!
理論整然と別れる理由を説明され、完膚無きまでに叩きのめされた亮祐は哀れだけど、自業自得でもあるから如何ともしがたい。
その理由は一言で言うとモラルの相違という事になるんでしょうが、それに限界を感じてしまったという博巳の気持ちはすごく分かります。
いくら好きと言われても、博巳が亮祐の過去を知って不安になってしまうのは当然の成り行き。
そこに嫌がらせや疑惑が重なり、博巳はもう駄目だと結論づけます。
でも、そうやって理由を並べて道筋を立てて別れようとする行動は、本当は博巳が亮祐に対してじゃなくて、博巳自身に納得させるためにやってるんじゃないのかなと思うのです。
好きだから、嫌われるのが怖くて、先回りして自分から別れを選ぶなんてバカだなぁと思うけれど、博巳本人は自覚してやっているわけじゃない。
恋愛ってそういう自分のテンパった所を隠さず、相手に見せた方が上手くいくと思うんです。
でも、それって結構難しい。
特に博巳の場合年上だし、恋愛経験値も低いから、そう簡単に自分のぐちゃぐちゃした心の内を見せるのって抵抗あると思う。
周囲に相談できる人もいなくて、結局、亮祐と自分は合わないんだという結論に達してしまう博巳の心の内を、もっと早く亮祐は気付けば良かったんですよ!
まぁでも、諦めず博巳を想っていた亮祐の努力は実ったし、博巳もこの過程を通して自分の弱さも、亮祐への気持ちも自覚できただろうし、結果オーライ?
私は益々博巳への共感が高まりました。
なんだかいろいろ覚えのある部分があって、他人事とは思えない…(^_^;)
こんなに想い続けてくれる亮祐がいて羨ましいなぁ。

あ、崎谷作品なのにエロに触れてないですね!
今回エッチシーンがあっさりです。
少し前の作品なのに…。
改稿されたから??(旧版知らないのでよく分からず)
でも今回私のツボに嵌った描写があったので、短い割に満足度高め。
受視点で、攻が感じている様子を読むのは楽しいですね!!
年下攻ならこのくらい余裕がない方が好き~。

ということで、こんな分厚いのに、意外と話の内容はシンプルでした。
分厚いのは崎谷作品のデフォルト仕様ですが、エッチシーンが長かったり、説教じみていたりした結果の分厚さという事が多い。
でも今回は、エッチあっさり!
事件的な部分も適度な分量。
…あくまで崎谷作品比で、既に崎谷先生の作風に慣れてしまった私にはこれが一般的に見てどうなのかもう分からないんですが(笑)
分厚いし、あらすじ読んでも惹かれないしなぁと、実はテンション低めで読み始めたのに、途中から一気に気持ちがのりました。
この博巳の天然そうで実はしっかりしていて、適度に繊細で…という年上美人受具合が結構好きです。
亮祐のように一見器用そうなのに、本気の恋愛には慣れていない年下攻もいいなぁ。
濃いエロがあるわけでも、特別派手な展開があるわけでもないですが、恋愛の過程が面白いと思える作品でした♪

関連記事
2009.08.16 00:30 | 崎谷はるひ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/744-54b2f283

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。