にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

眠る劣情 :夜光花

4199005315眠る劣情 (キャラ文庫 や 1-6)
夜光 花
徳間書店 2009-07-23

by G-Tools

いったいどんなオチがあるのかと思ったら…。
ちょっと今回萌えでは乗り切れませんでした。
【眠る劣情/夜光花/高階佑/Chara文庫(2009年)】

オススメ:  心苦しいけど辛口です…

【あらすじ・感想など】
幼い頃怪我をさせてしまった妹・初音に対して負い目を感じ、常に妹の我が儘を受け入れ、優しい兄を演じてきた内野晶。
初音の向けてくる過剰な愛情に息苦しくなっていた晶は、社会人となってからはひとり暮らしをしていた。
そんなある日、初音が何者かに誘拐されてしまう。
犯人からの要求は、5時間以内に高校時代からの友人・明石章文に婚約破棄をさせろというもので…。

今では章文と晶は友人ですが、高校時代、晶は章文に告白されています。
でも、他人から好意を向けられることに拒絶反応を示す晶はそれを受け入れられず、章文から離れようとする。
それを感じた章文は、晶に警戒されないよう、彼女を作ったりして友人としての関係に戻り、晶の傍にいることを選びます。
初音の話を隠したまま、どうやってそんな章文に婚約破棄をしてもらえばいいのか。
方法が思いつかない晶は、まだ章文が自分に好意を持っている事を利用し、「好きだから結婚して欲しくない」と勢いで迫ってしまう。
そして、章文とのセックスで今まで知らなかった自分の性癖に気付いてしまった。
戸惑いを抱えたまま関係を続ける晶だが…。
章文を騙して付き合うことになる晶ですが、身体が先行し、心が追いつかないまま。
しかも、無事帰ってきた初音の、以前にも増した自分への執着に疲弊していきます。
打開策を探るために晶は拉致事件の犯人を探りますが、犯人として浮かび上がった人物に晶は戸惑いを隠せません。

この先、思いっきりネタバレしています。
これからこの作品を読む予定のある方は、ご自身の判断でお進みくださいませ。

この事件で一番特をした人物は誰なのか。
晶は、知り合いで情報提供をした作家・久緒と共に辿り着いた人物に戸惑います。
でも、さらに晶が戸惑うことになったのは、その犯人、章文があっさりと犯行を認めた事だけじゃなく、晶とはもう付き合いきれないと自ら別れを告げたこと。
そうなって始めて、晶は章文への気持ちを自覚します。
うーん…。
なんだか、大筋はまぁBL的に許容範囲なんですが、登場人物たちの言動が納得できません。
強引に身体の関係を持っても、晶の心が伴ってこなかった事に章文は落胆してますが、それって当然な話じゃないのか?
そんな方法でそう簡単に人の心が得られるわけないよね。
それなのに、自分の期待と違ったからもういいってどういう事?
自ら卑怯な手を使っておいてそんな言いぐさはないだろう…と、私は章文に落胆しちゃいましたよ。
自分のしたことで、晶だけじゃなく、周囲の人間にも多大な迷惑をかけているのに。
幸い警察沙汰にはなっていないけど、これって一歩間違えれば犯罪でしょ。
そういう意味での反省はないのか?
元々するはずだった要求も、遊びの範囲を超えてるだろうそれ!
露悪的な態度は、自分が悪役に徹することで晶の心を軽くしてあげようという意図での事なのかと思ったけれど、結局最後までそういった表現はありませんでした。
そして、晶もなぁ。
善良そうに見えて実はそうじゃないという人物設定は悪くないと思いますが、妹に対する言動には吃驚でした。
確かにハッキリ言うことも、事件について怒ることも必要だけど、晶に非がなかったわけじゃないのだから、ちゃんとフォローもしてあげなよ…。
久緒に対する態度も嫌だなぁ。
好きじゃないけど試してみるだと…?
そうやって流される前に、自分で考え、行動して欲しかったです。
結局、登場人物の中で一番変人に見えた久緒が、一番まともな人間だったのかも。
この身勝手な事件の被害者は、久緒と婚約者だった愛と、そして晶の両親ですね。

それにしても…章文が主犯だった訳ですが、そうすると話的にムリがあるように感じるのは私だけですか…?
思惑通り晶が手に入ったからいいものの、最初の時点で警察に通報されてたらお終いでしょ。
晶の精神的な問題と真正面から向き合って、正攻法で攻めた方が成功率高そうだし、周囲にも迷惑かける事もなかったよね。
エロを絡めるには美味しい展開だったのかもしれません。
でも、こんなに突っ込みどころが多いと素直に楽しめない…。
夜光花先生の作品はエロありきな所があって、それは別に悪いことじゃなくて、むしろそれが味だと思うのですが、エロを繋ぐ部分が弱いと全体がガタガタです。

ということで、夜光花作品としては未だかつてない辛口感想になってしまいました。
期待が大きいからこそでもあるんですが。
エロはエロくて楽しめます!
晶の性癖の設定は必要だったのか?と思いますが、美味しかったのでどうせなら最後まで突き通して欲しかった。
あぁなんだか消化不良。
今回は残念でしたが、夜光花先生は大好きなので次を期待しています!
関連記事
2009.07.27 00:27 | 夜光花 | trackback(2) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんばんは。

こちらなかなかの問題作で、高階佑さんの麗しイラストがなければ正直スル―してしまう作品でした(苦笑)

>夜光花先生の作品はエロありきな所があって、それは別に悪いことじゃなくて、むしろそれが味だと思うのですが、エロを繋ぐ部分が弱いと全体がガタガタです。

その通りです!
まずカプ萌え、またはシチュ萌えありきの作家様ですよね。
今の夜光さんのブームは、俺様攻めがウジウジとか流され受けがノリノリ、とかのBLらしい「ギャップ萌え」と思われます(笑)
今回はエロの理由として後付け的に「恋愛」を書いた、とはっきり分かるような作品でした。


夜光さん作品の女性の扱い(メインカプの恋愛成就のための障害)はいつもの事だとまだ理解できるのですが、今回は障害への対応理由が「相手を思って」じゃないのがなんかイヤなんです…。
本編をムリヤリ納得したとしても、この2人の未来は破局しかないような気がします。
「性の不一致」は離婚の原因として認められますもんね(プッ)

長々と失礼いたしました。TB頂戴してまいります。

2009.08.05 22:49 URL | miru-ha #- [ 編集 ]

こんにちはー!ネタバレ感想とっても嬉しいですw
攻めが一度自分から別れちゃうんですね。理由はなんなのでしょう?別のブログでは受けのマゾっぷりについていけなくなったから、という感想だったので混乱中です。どうやって寄りを戻したのかも気になってしまいます・・・

2009.08.06 16:45 URL | ファナ #- [ 編集 ]

miru-haさん、こんにちは~

高階先生の表紙、すごくいいですよね!
ただ、今回内容が残念な感じですが…。

>今回は障害への対応理由が「相手を思って」じゃないのがなんかイヤなんです…。
同感です。
みんな自己中心的な考えで動いていますよね。
章文はもっと誠実な人であってほしかった…。
夜光花先生なので、思わぬオチも、容赦なく切り捨てられる脇もある程度は許容範囲なのですが(それ以上においしい萌えがあるから)、ちょっと今回は無理でした。

私もこの二人は上手くいきそうにないと思いますが、自分勝手な似た者同士、意外とドライに付き合っていくのかも…。
何にせよ、周囲に迷惑をかけないようお願いしたいです!(みんなホント可哀相…)

TB&コメントありがとうございました~
こちらからも伺わせていただきます。ではでは!

2009.08.06 17:55 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ファナさん、こんにちは!

あまりにも憤ったので、ガツンとネタばれ&辛口な感想になってしまいました(笑)
攻が自分から別れを告げる理由は、いろんな意味で晶が自分の期待と違ったからですよ…。
自分に気持ちが向かない&予想外のマゾ。
…なんて酷い男だ!と吃驚でした。
よりを戻した理由は意外と単純です。

突っ込みどころ満載ですが、機会があれば是非どうぞ~。
エロは楽しめると思いますw

コメントありがとうございました(*^_^*)

2009.08.06 18:02 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/736-aa5d9776

「眠る劣情」 夜光花/高階佑
珍しく新刊即UPです。イメージソングがすぐ付いた&今回の高階佑さんが大変良い!からです。挿絵マスター昇格決定!記念として明日は「高階佑さん表紙ギャラリー」をUPいたします。詳しくは次ページイラストチェックで♪そして、作者様も新たな挑戦。以下、感想ネタバ...

2009.08.05 22:50 | BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記

眠る劣情/夜光花
評価が分かれてるみたいですね。 夜光さんの本領が発揮されている作品を 読んだ人の評価が低めなのが気になります。 眠る劣情 (キャラ文庫)(...

2009.09.21 23:27 | 腐ノ煩悩(迷走中)

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |