にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

リスク :水壬楓子

4344816307リスク (リンクスロマンス)
水壬 楓子
幻冬舎コミックス 2009-04

by G-Tools

はぅぅ…最後のプレイのためにこのシリーズを読んだと言っても過言ではない(笑)
そんな興奮もありつつ、このふたりの関係性が好きです。
【リスク/水壬楓子/高座朗/リンクスロマンス(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
シリーズ前作はコチラ→「スキャンダル」

【あらすじ・感想など】
警視庁捜査2課の刑事である城島由(35歳)。
城島が大物政治家である久賀清匡(53歳)と関係を持って8年になるが、未だに久賀にとって自分の存在は何なのか分からないでいる。
そんな中、城島は上司の高森に誘われ、寝てしまう。
高森との関係を続ける城島は、久賀との別れを決意するのだが…。

「スキャンダル」に登場していた政治家・久賀と刑事の城島の話です。
こちらもかなりの年の差カップル。18歳差。
「リスク」を読む前に、「スキャンダル」を是非どうぞ。
「スキャンダル」は「リスク」と時間軸が被っていて、ふたりのここに至るまでの馴れ初めが書かれた番外編も収録されています。

捜査2課は政治家や企業を相手に捜査を進める部署で、城島と久賀との出会いも仕事がらみです。
その後ふとした切っ掛けで関係が始まり、仕事上の利害関係も絡んで、付かず離れずの距離を保ったまま8年が過ぎる。
政治家と刑事が繋がっている事が表沙汰になるのは当然問題があり、ふたりの間に甘い雰囲気が流れることはありません。
でも、反発しつつも城島は久賀に逆らえない。
「恋人」ではなく「愛人」としても中途半端な関係に次第に城島は苦しくなり、高森の誘いに乗ってしまう。
高森との関係は、安らぎも刺激もある。
高森は城島にとって自分が本気の相手ではないと知っていますが、それでも欲しいものを手に入れるため、久賀に向かっていこうとします。
そんな高森を目の当たりにした城島は、曖昧なまま続いている久賀との関係を終わらせようとするのですが…。
城島は世間的に見てしっかりと自分の足で立っている大人の男ですが、そんな男が久賀の前では子供扱いされてしまう。
高森に甘やかされるのとは違って、久賀は父性に似た包容力があり、城島はすべてを晒すことが出来る。
大人の男なので当然プライドがあって、そうした自分の気持ちを城島は認めようとしませんが、それを上手く久賀は導いているのですよ。
どんなにしっかりしていても、甘えたいという欲求はあって、城島にとってそれができるのは久賀なのです。
このふたりの組み合わせがとても新鮮でした。

城島が久賀との関係に不安を覚え、足掻くのが今回の話。
高森との事や、「スキャンダル」の秋津がらみの事件があって、城島は久賀との関係を改めて考える事になります。
城島は、久賀とはドライでビジネスライクなつきあいだと思っていますが、それは城島がそう位置づけているだけであって、久賀はずっと城島が自分の元に来ることを待っている。
まぁ、久賀の立場を考えたら、普通は城島のように捉えるんでしょうけど…。
今更言葉で確かめることも出来なくて、城島はその自己暗示みたいなものに囚われてしまいますが、探していた答えはいつも近くにあったのです。
まったく久賀の狸オヤジっぷりには感心しますよ…。
でも、その久賀も普通に嫉妬とかしていて安心しました。
相当質悪いですけどね…!!
振り返ってみると、「スキャンダル」に収録されている『プロローグ』でも久賀は同じようなことをしているし。
なんだかんだ言いつつバカップル(笑)
ふと我に返ったときに、確かな将来が何も見えなくて呆然としてしまう。
別に城島みたいな複雑な事情がなくても、そんな時ってあると思うし、自分も年齢を重ねていくうちにそれを実感することがある。
だから、不器用だけれど最後にはちゃんと久賀と向き合い、素直になったことで、支えとなるものを見つけられた城島が羨ましいなぁと思いました。
私はオッサン萌え体質じゃありませんが、そんな揺れもすべて受けとめてしまえる久賀に、オヤジもいいなぁとちょっと心が揺れましたw

それにしても、こんな年齢の攻をメインで読むのは初めてかも知れない。
まぁ、こういう野心を持った仕事をしている人は、あっちも強そうですが…。
以前木原先生の「NOW HERE」の感想(コチラはオッサン受)で『50過ぎのオッサンがギンギンだったら、いくらいい人でもちょっときついかも知れないな…。』と書きましたが、意外にも久賀はすんなり受け入れられました。

さて、冒頭で触れた私の目的のプレイは、番外編の『それは大好きなせい。』で登場します。
実は、このシリーズを読む切っ掛けはこれでした。
友人のAさんから「にゃんこさんの好きなプレイが出てくるよ」とメールが来たのです!(笑)
ふふふ、そのプレイは…「剃毛」デスww
はうぅ激萌え…! 
好きだー! 大好きだー!!
でもまさかこんなノリだとは思いませんでした。
久賀は結構嫉妬深い人なので、浮気させないために剃ってしまうのかなぁと漠然と思っていたのですが…。
これは城島の自業自得ですね。
好きだからイタズラしてしまう気持ちは分かるけれど、相手が悪すぎる(笑)

ということで、「スキャンダル」から前置きが長くなりましたが、ガッツリ萌えさせていただきました!という「リスク」でした。
堅い世界を舞台にしている中で、萌えが際だちます。
そして、53歳と35歳という異色の高齢カップルでしたが、城島の心の揺れが丁寧に書かれていて共感できました。
城島と久賀の関係性が好きです。
面白かったー!
どうやら、今回可哀想な役回りだった高森の話が雑誌に掲載されているようです。
高森は大人しそうで実はかなり激しい人ですよねー。
かなり危なっかしい人なのでどうなるかドキドキですが、高森には幸せになって欲しいです。
早くノベルスになるといいなぁ。

■シリーズ
「スキャンダル」 秋津(政治家・35歳)×佑士(16歳)
「リスク」 久賀(政治家・53歳)×城島(刑事・35歳)
「ルール」 篠宮(政治家秘書・37歳)×高森(刑事・28歳)
関連記事
2009.05.26 00:10 | 水壬楓子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/710-3d0a07b2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。