にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

俎上の鯉は二度跳ねる :水城せとな

4091325157俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
水城 せとな
小学館 2009-05-08

by G-Tools

待ちに待った続編は、読み応えたっぷり!
まさか恭一がこんなに格好良い男になろうとは思いも寄りませんでした…。
【俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな/フラワーコミックスα(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
前作の感想はコチラ→「窮鼠はチーズの夢を見る」
ドラマCD→「窮鼠はチーズの夢を見る(ドラマCD)」

【あらすじ・感想など】
紆余曲折を経て、大学時代の後輩である今ヶ瀬を受け入れた恭一。
表面上は上手くやっていたけれど、心に迷いのあるふたりの関係は、次第にバランスが崩れてゆき…。

前巻からもう3年以上経っているんですね。
間にドラマCDがあったせいか、久しぶりという気がしませんでした。
それだけ印象的だったという事でもあります。
続きがモバイルで連載されていたのは知っていたのですが、私は元々雑誌の連載を読んだりしない人なので、コミックスになるのを待っていました!
でも…各方面から「あり得ない展開をした…」という途中経過を聞いていたので、期待しつつもかなり戦々恐々としてましたよ…。
実際その展開に「えぇぇ?!」とも思ったのですが、それよりも途中からふたりのやりとりの重さに吃驚。
流され侍だった恭一の成長っぷりに、うっかり惚れそうになっている自分がいた…。

一応付き合っているふたりですが、その心の内では相変わらず不安定。
恭一は、その状況は流されやすい自分が押しの強い今ヶ瀬を拒みきれなかった結果であり、恋愛の通過点だろうと漠然と思っています。
今までの女性関係と一緒で、相手に優しく接し、気分良くさせておけば上手くいく。
それはもう恭一の習性みたいな物で、こういう恋愛スタイルを今ヶ瀬相手に急に変えれるわけもない。
それに対して今ヶ瀬は、自分が強引に繋ぎ止めているという自覚はあるので、恭一に優しくされても不安でいっぱい。
少しの切っ掛けで不安定になり、恭一を責めるような言動を取ってしまいます。
でも恭一は、それにどうやって気持ちを返したらいいのか分からないから、どんどん悩んで、深みに嵌ってしまう。

以下、大きな展開のネタバレ前提の感想ですのでお気をつけください。

そして、些細なことを切っ掛けに、ふたりは離れることを選ぶのですが…。
この時点では、ふたりともまだ迷いがあって、相手に向き合えていません。
男女だったら恋愛の先に結婚があって、そして子供が出来たりして、例え恋愛感情が曖昧になったとしても、家族としての結びつきとかまた新しい関係に発展できる。
でも、男同士の場合は養子縁組とかしない限り、なかなかそうはいきませんよね。
だから、一緒にいる理由を探したいのかなと思うけれど、「好き」という気持ちはとても主観的で漠然としているし、気持ちが変わらない保証なんてどこにもない。
ふたりのすれ違いの大元はその不安です。
うーん、なかなかすんなりとはいきませんね。
ふたりのやりとりを読んでいると、一緒に生きていくには、相手と信頼し合わないといけないのだという事を痛感させられます。
それは別に男女でも同じなんでしょうけど、男同士だとその問題が表に出やすい。
特に、恭一のように元々ストレートだと、自分に対しても、相手に対しても、何故敢えてこの男なのか納得できないと迷ってしまうんだろうなぁ。
私はこのふたりと同じような年齢ですが、例え好きな相手でも、「好きだけど結婚は出来ない」と言われたら考えちゃいますよ。
だから恭一の気持ちの揺れは分かる。
まぁ、それでも恭一は流されまくっているので、全面的に擁護もできませんが…。
でもそんな恭一より、今ヶ瀬の方が重症かも知れません。
恭一は自分の中の迷いや違和感に早くから気付いていて(対処するかは別として)、今ヶ瀬と生きていくためには自分にどんな覚悟が必要なのか、無意識かも知れないけれど、ちゃんと考えてます。
でも、今ヶ瀬は自分が押している分、上手くいかない理由を相手に求めてしまったりして、なかなか問題の本質に気付けません。
好きだ好きだと言いすぎて、その言葉に自分が溺れてしまってる。
そして、いつの間にか恭一が自分を追い越し覚悟を決めていて、そうなってみたら急に怖くなってしまう。
今ヶ瀬は強気な姿勢で隠してるけど、実際はとっても臆病なんですよねぇ。
それは痛みを知っているからこそなのかもしれませんが。
恭一の葛藤も今ヶ瀬の不安も、どちらも理解できる。
だからこそそのすれ違いが切なかったです。

エロですが…まさか、いや、当然の流れでリバりました…!
うわぁぁ、恭一の動揺がかわいいよ!
受の良さを知っている攻は上手そうだなぁ(笑)
リバ萌え属性はないけれど、このふたりのリバは美味しかったです。
でも、萌えという要素だけじゃなく、この作品中で肉体関係って結構重要ですね。
恭一が攻に回って、急に利己的な考え方になったり、男性的な要素が表面化していく様子がなんだか生々しく感じました。
もっと早い段階でリバっていたら、きっと恭一はダメな男で終わった気がします。

グダグダと書いてしまいましたが、いろいろと感じることがいっぱいあってまとめきれません…。
予想通り衝撃はあったけれど、そのインパクトより、思いがけずとてもしっかり恋愛の話だった事の方が吃驚でした。
小説だと時々出会いますが、コミックスでこういった所を掘り下げてくる作品って少ないんじゃないでしょうか。
読み終わった後、恋愛ってこんなに思い詰めないといけないのか…?と、精神的に消耗してグッタリでした…。
でも、これはふたりにとっては必要な時間だったんですよね。
ダメな男がどんどん成長していって、いつの間にかすごくいい男になってました。
特に恭一。
「窮鼠~」の時と全然顔つき違いますよ!
前作よりも格段に掘り下げられた内容で説得力があり、改めて水城先生上手いなぁと唸ってしまった。
自分自身考えさせられる所も沢山あります。
面白かった~!


これもドラマCDになるといいなぁ。
遊佐さんと中村さんでリバ…うわぁ、妄想だけでドキドキです。

↓因みに、前作も同時に新装版で発売されてます。
少しだけ書き下ろしがあった&装丁を合わせたかったのでつい買ってしまった…。
4091325149窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスアルファ)
水城 せとな
小学館 2009-05-08

by G-Tools

関連記事
2009.05.14 01:19 | 水城せとな | trackback(1) | comment(4)
            

初めてコメントしますこんにちわww

窮鼠…続きがあるのは知ってたのですが、コミックにまとまるのを待って私も読みました。
窮鼠の時点で余韻のある上手い終わり方をしているなと思ってたので続きがあると知っただけでも驚いたんですが…笑

流石水城さんと言うか…生々しさが読んでて痛いのに手が止まりませんでした(´□`。)°゜

これだけ物語に必然な形でリバが出てくるのも珍しい…。お風呂で照れてる今ヶ瀬の可愛いことったらww

>これもドラマCDになるといいなぁ。

ほんとにそうですよねっ!!勝手に私は出るものだと決めてかかってます…笑
ドラマで聴きたいシーンの多い事。車で海…の辺りとか聴きたいです。
遊佐さんと中村さん…余すことなく凄い事になる予感大です★

2009.05.23 18:39 URL | nosu #PIpocw5A [ 編集 ]

nosuさん、こんばんは~

続編が出るだけでもおぉ!と思ったのに、実際手に取ってみたらかなり分厚くて吃驚でした。
しかしまさかこんなドロドロの続編とは思いませんでしたよ(笑)

>お風呂で照れてる今ヶ瀬の可愛いことったらww
私もニヤニヤしちゃいました!
リバ萌え属性はなかったのですが、これを読んでなるほど~と感心したし、そうやって楽しめばいいのかと新鮮な気持ちでした。

流石水城先生という内容で、読み応え満点でしたね!
ドラマCD楽しみです~(出ると信じてる!)
私も聴きたいシーンいっぱいで困ります。
シリアスな場面も、リバるシーンも!
追い詰められたふたりのやりとりが生々しくて迫力がありそうです。
2枚組でガッツリ聴きたいですね!

コメントありがとうございました(*^_^*)
それではまた~

2009.05.24 00:25 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちわ★

水城先生は天才っすね。
私がなぜBLに嵌ったのか?この作品で全て解ったように感じました。
この2冊の本はいつもカバンに入れて持ち歩いております。

男女の恋愛ってやはり結婚がゴールってことで、まぁ子供ができたりして、その『安定感』『ぬくもり』には何もかなわない。
だけど男同士(BL界)のゴールは、お互いの愛情を常に確認することなんですよね。
抱き合う事で危なげな絆を確かな絆にしていく・・(この部分が堪らないとこです)
ノンケの恭一さんを愛して止まない今ヶ瀬くんにとって、たまきちゃんのような存在は脅威でしたよね。
あんな男前なのに・・
あと何回こんな思いをさせられるのか?と可哀相に思っておりましたら、恭一さんったら指輪をくれましたね。
すばらしいです。
愛の形ってハートでなく指輪のかたちだったんですねぇ。うんうん。
なぜ恭一さんは『安定』ではなく今ヶ瀬を選んだか?
使い古された言葉だけど、心から愛していたんですね!
これほど羨ましい話があるでしょうか!
私はこの本の中でとても幸せを感じました。
あー、まだまだ毎日読み返します。
最後のおまけのページの今ヶ瀬くんと夏生さんがお酒を飲むシーン大好きです。
水城先生すごいです。

2012.01.24 09:06 URL | ごま #- [ 編集 ]

ごまさん、こんばんは!

この作品、すごくインパクトありますよね。
>男同士(BL界)のゴールは、お互いの愛情を常に確認することなんですよね。
ですね!
男同士だから性欲が表に出て身体の関係から始まる事も多いけれど、その先一緒に歩いて行くためには、男女よりも互いへの気持ちをしっかり持っていないと無理なんですよね。
私もそこがBLの面白さだと思います!

私は水城先生の漫画はこれと昔の「同棲愛」しか読んでいないのですが、少女漫画の方もなかなか評判いいので機会があれば手に取ってみたいなぁと思っています(そこまで手を伸ばす時間的余裕が今はないのですが…)

コメントありがとうございました~
カバンの中身を見られないよう気をつけてくださいね(笑)

2012.01.27 01:52 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/705-bebcc6f8

BL本 俎上の鯉は二度跳ねる ゲイマンガの下巻 あらすじ&ネタバレ
「あらすじ」 女を抱いた次の日、俺は男との愛に耽溺するーー。 衝撃のラブストーリー、完結編!! ロマンス小説、BL本を合法的に安く買う方法 妻と離婚した恭一(きょういち ...

2012.08.04 22:43 | ベテランママは、ロマンス小説 エロかっこいいBL本大好き

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |