にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

灼熱を呼べ :夜光花

4812419832灼熱を呼べ (竹書房ラヴァーズ文庫)
ひたき
竹書房 2005-01-22

by G-Tools

夜光花先生、第2作目です。
いや~、うまい!
本当に2作目ですか? 安心して読めました。
【灼熱を呼べ/夜光花/ひたき/ラヴァーズ文庫(2005年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
あらすじ
「お前が俺と付き合うならもうこんなもの造るのはやめる」連続爆弾魔事件が世間を騒がせている中、裕也は親友の竜治の部屋で造りかけの爆弾を見つけてしまう。責める裕也に竜治が持ちかけてきた取り引きは、思いもよらないものだった。裕也がその条件をのみ、竜治に抱かれた後も爆弾間の犯行は一向に途切れる様子もない。竜治が犯人であるはずがない。そう信じたい反面、疑いを隠せない裕也の心を竜治もまた敏感に感じ取っていた。果たして竜治は犯人なのか。本当の恋人ではない、友人にも戻れない、二人のもろい関係が崩れ始めていく…。



感想など
高校の同級生で、親友である裕也(調律師・受)と竜治(刑事・攻)のお話です。
竜治が爆弾を作っていることを知ってしまった裕也が、止めさせる条件として、身体の関係を持つことに。
しかし、連続爆弾事件の犯人は竜治ではないのか?という疑惑がわいてきます。
なんとか止めたい裕也は、高校時代の仲間である喜多村に相談しますが、事件に巻き込まれ…。
これ以上説明すると、相当ネタバレなので止めておきます。
一応、この作品の核心でもあるので。
前作と比べて、今回のオチは中盤からだんだん分かりますが。
いや、うまい。
あらすじを読んで、これは大丈夫なのか~?と心配してしまいました。
今のBL界、なかなか文章力、構成力のある作家さんいませんから、かなり貴重で、期待してます。

そしてさらに、何が魅力って、エロ描写がうまいんです!
別に特別な事をしているわけでも、キャラが萌えるわけでもナシ。
なのに、妙にドキドキしてしまうこのエロは何~??
最近読んだ小説の何作かは、エロ描写多いのに、何故かいまいち乗り切れませんでした。
私の気分の問題?エロ慣れしたのか?と思っていましたが…(オイオイ)
違った…。
やっぱ文章力の違いなのだと、気づきました。

この作品、続編が出ているようなので楽しみです。


この記事に大量にスパムTBがくるので、しばらくTB止めてみます。
コメント残して頂ければ、すぐに受付再開します。
早くFC2、スパム対策してくれないかな…。
ご迷惑おかけしますm(_ _)m

関連記事
2006.03.01 17:58 | 夜光花 | trackback(2) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/69-6befd22e

[BLS]灼熱を呼べ
夜光花&ひたき(竹書房ラヴァーズ文庫) 新刊の感想ばかり書いていたので息抜きに旧作を再読。と言ってもこの作品もまだまだ新しい方ではありますが。2005年に入ってから昨年よりもより好みの作品に出会うチャンスが多く幸先の良いスタートを切れていま...

2006.03.06 00:56 | B-Life.SS

『灼熱を呼べ』
灼熱を呼べ 夜光花/ひたき  竹書房ラヴァーズ文庫 2005.02続編『愛にふれさせてくれ』が発行されて読み返してみると、以前読んだときよりずっと面白く感じられ、続編と併せて何度も読み込んでいます。連続爆弾魔という少しとっつきにくい感のある題材のため発行後しば

2006.03.10 21:31 | 月と凌霄花

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |