にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

茅島氏の優雅な生活 :麻々原絵里依

4832285963茅島氏の優雅な生活 (花音コミックス)
麻々原 絵里依
芳文社 2009-03-28

by G-Tools

挿絵では出会ったことありますが、麻々原先生のコミックスは初体験。
話と画の雰囲気がとても合っていて癒されました!
【茅島氏の優雅な生活/麻々原絵里依(原作:遠野春日)/花音コミックス(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
両親が残した遺産によって、働く必要もなく優雅な生活を送っている茅島澄人。
何に対しても無関心な茅島氏が唯一心を揺らすのは、庭師だけ。
密かに関係を持っているふたりだが、庭師は茅島氏の心が掴めずにいて…。

働く事もなく、淡々と日々を送っている茅島。
表情も気持ちの変化も乏しく、26歳という年齢の割に情緒未発達気味です。
その茅島が初めて自分から動いて手に入れた相手が庭師なのですが、如何せんコミュニケーション能力の欠ける茅島なので、庭師には上手く伝わっていません。
付き合い始めた切っ掛けは、茅島の突然の告白。
最初は戸惑い断る庭師ですが、一生懸命な茅島が次第に可愛く思えてきて、求められるまま肉体関係を持つ事に。
それ以来、思いがけず感情表現のヘタな茅島惹かれていく庭師。
でも、庭師は時間が経てばこんな関係は続けられないと思っていて、だから深入りしないようにしています。
そしてふたりの関係は微妙にすれ違っていくのですが…。
序盤、茅島がどうにもよく分からなくて、挫折しそうになりましたよー。
性格云々より、そもそも茅島の存在自体が非日常的です。
とりあえず、最初に「働きなさい!」って突っ込みました(笑)
でも庭師同様、この不思議な存在にどんどん惹かれていってしまうんですよね。
か、可愛いじゃないか…!
普段表情のない茅島が、庭師にはいろいろな顔を見せるんです。
不器用なんだけど一生懸命な姿にやられちゃいました。
こんな変わった男なのに、どうして周囲の人間に愛されているのか。
読み進めていくとその理由がよく分かりました。
話の構成が時系列になっていないので、途中まで話を掴めないです。
でも、最後まで読むとすべてがスッと頭に入ってきて、もう一度読み返すと茅島が益々好きになる。
この淡々とした中からあふれ出す優しい雰囲気が好きです。

麻々原先生はJUNE時代のルビー文庫の挿絵(野村史子先生とか…懐かしい)で出会っているので、絵自体は昔から知ってました。
でも、マンガを読むのは恐らく今回が初めてです。
画がかなり進化しているのだなぁということに吃驚。
古さは一切感じない。今時の画になっている…!
絵的にも話的にも安定感があって、とても安心して読めました。
表紙を見ると割と直線的な画なので、もっと無機質な感じかと思っていたのですよ。
そこが茅島の雰囲気ととてもマッチしているのですが、茅島と一緒で、表情が入ると一気に魅力的になるんです。
いいなぁ、惚れるわー。
麻々原先生いいなぁ。
他の作品も読んでみます!

原作は遠野春日先生。
私は見たことのないタイトルだったので書き下ろしなのかと思ってましたが、10年も前に出版されているお話だったのですね。
コミックスで読んだ限りは、今の遠野先生の作風とは少し違う印象。
4月から文庫化されるという事なので、そちらも楽しみです。
…と思ってチェックしたら、文庫版は日高ショーコ先生の挿絵なんですね!
うーん、日高先生は好きだし雰囲気も合ってると思うけれど、ここはコミックスと同じ麻々原先生で読みたかったようなー…。
まぁ出版社が違うから仕方ないのかもしれませんが。(文庫は幻冬舎)
兎にも角にも、このコミカライズは麻々原先生の画の雰囲気ととても合っていて、茅島氏の可愛さにやられちゃいました。
癒されるなぁ。
期待以上に楽しませていただきました!満足です♪


■原作小説(挿絵:日高ショーコ)
「茅島氏の優雅な生活 (1)」
「茅島氏の優雅な生活 (2)」
「茅島氏の優雅な生活 (3)」

茅島氏の優雅な生活〈1〉 (幻冬舎ルチル文庫) 茅島氏の優雅な生活〈2〉 (幻冬舎ルチル文庫) 茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫)

■リンク小説
「夢のつづき」 茅島さんの担当医である聖司の話

■コミカライズ(作画:麻々原絵里依、原作:遠野春日)
「茅島氏の優雅な生活」
「茅島氏の優雅な生活~英国旅行編~」
「茅島氏の優雅な生活~プロポーズ編~」

 茅島氏の優雅な生活 (花音コミックス) 茅島氏の優雅な生活 英国旅行編(花音コミックス) 茅島氏の優雅な生活~プロポーズ編~ (花音コミックス)
関連記事
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.04.03 07:47  | # [ 編集 ]

Hさん、こんにちは!

私は今まで原作を知らなかったのですが、雰囲気がよくてそちらも気になります。
ちょうど文庫化されるということなので楽しみなのですが、この機会に続編とか出るといいですねぇ。

萌えポイントに共感していただけるとは…!
うわぁ嬉しいです~(*^_^*)
ずれている自覚はあるので、そう言っていただけるとテンションあがります(笑)
これからもマイペースに続けていこうと思っているので、またお時間のあるときにでもぜひいらしてくださいね♪

コメントありがとうございました!
それではまた~

2009.04.03 10:57 URL | にゃんこ #- [ 編集 ]

にゃんこ様
いつもレビュー参考にさせていただいています。今回は激しく同感してしまったので思わずコメントさせていただきました!

〉とりあえず、最初に「働きなさい!」って突っ込みました(笑)
確かにそうですよね。思わず笑ってしまいました(笑)

小説の発行を楽しみにしていたんですが、挿絵が日高先生なんですね…!
麻々原先生の茅島氏の可愛さにメロメロだったのでちょっと残念です。

これからもレビュー楽しみにしています♪

2009.04.03 11:35 URL | ちみ #- [ 編集 ]

ちみさん、こんにちは!

いやぁ一社会人としては、その突っ込みはどうしてもしておきたいところですよ!
本音を言えば激しくうらやましい暮らしっぷりですが(笑)
半年くらいでいいからそんな優雅な暮らしがしてみたい…。

小説版の方もこのイメージのまま読みたかったなぁと思いますが、日高先生もきっととても可愛い茅島氏を描いてくれますよね。
それはそれで楽しみにすることにします!

あたたかいコメントありがとうございました(^^)
とても励まされます!
それではまた~

2009.04.03 13:59 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

このお話って不思議なBLですよね。萌えが後からじわじわくるというか。
茅島氏には私も「ちょっと働いてみてはいかがでしょうか?」と言いたくなりましたが、話を追っていくうちに彼の浮世離れっぷりが逆に清々しかったです。
私はこの作品、ドラマCDで知ったんですが野島さんと大川さんでとっても良かったですよ。
今度日高さんの挿し絵で文庫版が出るのは知ってて、買おうと思ってたんですが、コミック版も出てるんですね。麻々原さんは挿し絵しか知らないのでコミック版茅島氏、気になりますね☆

2009.04.03 22:49 URL | ホスニ #n4jaW67w [ 編集 ]

ホスニさん、こんばんは~

私はこの話の存在を全然知らなくてこのコミックスから入って、元々小説版があることを後から知ったんですが、ドラマCDもあるんですね!
野島さんと大川さん…。
気になります!
野島さんの声で淡々と可愛い発言をされたらニヤニヤしちゃいますよ(笑)

麻々原先生のコミカライズ、とてもよかったので是非どうぞ!
私は文庫版が待ち遠しいです~。
コメントありがとうございました(^^)
それではまた!

2009.04.05 00:48 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

気になっていたもののレビューだったので、じっくり読ませていただきました(笑
絵も好みだけどお話も良さそうだったので、ぜひ買ってみようと思います。

今後も参考にさせていただきます♪

2009.04.13 21:53 URL | 紅葉 #vi8htm8w [ 編集 ]

紅葉さん、こんばんは!

参考にしていただけて恐縮です~。
こうして好きな作品に興味を持ってもらえるのは、とても嬉しいです。
好みが偏っている感想だとは思いますが、少しでも面白さを伝えられるよう頑張ります!

コメントありがとうございました(^^)
それではまた~

2009.04.15 01:28 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/689-e9722ec3

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |