にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4062865882東景白波夜話 暁闇に咲う (講談社X文庫―ホワイトハート)
鳩かなこ
講談社 2009-03-05

by G-Tools

新シリーズも舞台は大正時代で、今先生の挿絵。
相変わらずだけど、何故か惹かれて手にとってしまうんですよねぇ。
【東景白波夜話 暁闇に咲う/鳩かなこ/今市子/ホワイトハート(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
両親の死後、継母によって蔵に閉じこめられていた与一郎は、ある夜、狐の面を被った少年に助け出された。
甲斐甲斐しく面倒をみてくれたその少年・藤吉と共に、14歳の与一郎は「水燕の熊」と呼ばれる帝都で掏摸を取り仕切っている親分の元で生活することになる。
時が過ぎ、19歳となった与一郎と藤吉。
大きな問題もなく日々を送っていたが、小さな綻びがやがて大きな流れとなり…。

舞台は大正時代の東京。
藤吉によって命を救われた与一郎は「水燕の熊」こと熊次の養子となり、16歳からは京都の学校で勉学に励んでいます。
藤吉は熊次の子供ではありませんが、並外れた掏摸の手腕で、跡目を継ぐと言われている男。
拾った命と拾われた命。与一郎と藤吉は深い絆で結ばれています。
でも、足が不自由で掏摸の技術も凡庸な与一郎は、自分には真似の出来ない藤吉の神業的なテクニックに、憧れながらも複雑な気持ちを持っている。
その小さな歪みが思いも寄らぬ方向に事態を動かし、熊次が逮捕されてしまったため、与一郎は熊次の留守を預かることに。
こうして距離を置いていた掏摸の世界に足を踏み入れ、組織をまとめる立場になった与一郎ですが、正式な跡目は藤吉が継ぐべきだと考えています。
藤吉のことを愛している。
でも、熊次が戻ってきたとき、自分は静かに去ろう。
そう心に決めていた与一郎ですが、藤吉の思わぬ行動によって事態は急変し…。
序盤は与一郎が掏摸の世界に関わる事になった経緯と、時代の変化によって与一郎たちのおかれている環境が変わっていく様子を中心に書かれています。
雰囲気的には任侠物に近いかな。
もちろん掏摸は犯罪なんですが、その中でもある一定のモラルがあり、警察と持ちつ持たれつの関係を保っている。
でも、旧体制から新体制へ移行する大正という時代の波に、与一郎たちも否応なく巻き込まれていきます。
与一郎と藤吉の家族愛を超えた深い絆がどのようにして結ばれたか、という所もちろん重要ですね。
ただ、ふたりの愛はプラトニックで、序盤では肉体関係は一切無し。
ハッキリと言葉にすることがなくても、ふたりが互いにどれだけ思いやっているかは至る所で感じられます。
視線が語ってる。
それでも、途中までは愛だの恋だのというような展開ではないので、相手の好意に気付いているのか正直掴めなかったです。
おりん云々という場面も、何を思って与一郎が藤吉に話しているのかよく分からず。
もしや相当鈍いのか?!とドキドキしちゃいましたが、流石にそんな訳はなかったですね(笑)
一線を越えて、ようやく読んでいる私にもふたりの愛の形が見えてきました。
後半は、特に藤吉ですが、秘めた執着がヒシヒシと感じられます。

しかし結果的に、その愛情がふたりの関係を壊します。
理解し合っていたと思っていたのに、その想いは違う形だったのか…と与一郎はショックを受け、藤吉の前から姿を消すわけですが…。
確かに、その藤吉の行為を素直に受け入れる与一郎ではないでしょう。
でも、同じようなことを与一郎は藤吉にしようとしていたんじゃないのかな。
何も言わず去ろうとする与一郎の行動を、藤吉が受け入れるわけないよね?
その気持ちが元になって起こったのだから、結局、自ら招いた事ですよ。
互いに想い合っているのは分かるけど、相手のためとか言いつつ道を間違えてるんじゃないかなぁと思いながら読んでいました。
話はまだ続くので、ふたりは離れてみてしっかり考えたらいいと思うよ!
うーん、しかし一番大変なのは、このふたりを近くで見守っているおりんなのかもしれませんね。
おりんは当て馬なのかと思いきや、かなりいい子でホッとしました。
こういう子が嫉妬で暴走すると大変そうなので…。
与一郎を慕っていて、藤吉となんだかんだ言いつつ仲のよいおりんの姿が微笑ましかったです。

それにしても…濡れ場も美味しかったけれど、刺青にやたらと萌えましたよ!
誘う与一郎がエロい…!
着物は色っぽくてよいですね。

ということで、鳩かなこ先生の新シリーズが始まりました。
まぁ新しいと言っても、同じ大正時代を舞台にしているし、挿絵も引き続き今市子先生だし、基本的に熱さを秘めつつ静かなキャラクターは相変わらずなので、そんなに目新しさはありませんが…。
鳩先生の作風が好きな人にとっては期待を裏切らない出来だと思います。
今まで読んだことがないという方でも、以前より格段に文章が読みやすくなっているように思うので、手に取りやすいんじゃないでしょうか。
内容的にも「掏摸」という躍動感のある(あくまで鳩作品比)設定で、ワクワクさせられる。
個人的には今までで一番好きです!
欲を言えば、もっと積極性のあるキャラクターを見てみたいところですが~。
続きを楽しみにしてます!

■東景白波夜話シリーズ
第1弾 「暁闇に咲う」
第2弾 「夏夜のたまゆらに」
第3弾 「花の棲処に」
関連記事
2009.03.20 01:07 | 鳩かなこ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/684-3c36edf7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |