にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812437253凍る月 ~灰色の衝動~ (ラヴァーズ文庫)
夜光花
竹書房 2009-01-24

by G-Tools

「凍る月」の第3弾!
相変わらず光陽の善人ぶりが遺憾なく発揮されていますね…。
【凍る月~灰色の衝動~/夜光花/高橋悠/ラヴァーズ文庫(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
『獣人』である梁井轟の『餌』として行動を共にしている鳳光陽。
ふたりは今では恋人同士で好き合っているけれど、光陽は自由に外出することも出来ず、梁井の執着に不満も覚えていた。
そんなある日、梁井は偶然出会ったという『餌』の少女を連れてくる。
その少女と契約を結んだと言う梁井に、光陽はショックを受けて…。

シリーズ第3弾。
今回は光陽と梁井のすれ違いと、新たな人たちとの出会いの話です。
『餌』である光陽は成長もせず、契約者が生きている限り死ぬこともありません。
普通に働くことも出来ないし、そもそも梁井が外に出そうとしないので光陽の世界はとても狭い。
梁井の事は好きだけど、将来に対する漠然とした不安も感じている。
そんな光陽は、自分を襲っては来たけれど同じ環境にいる昌史に対して親しみを感じているし、組織自体にも複雑な感情を抱いてます。
基本的に光陽は人を信じようとするので、他の『獣人』や組織に敵対心を持っている梁井とは毎回意見が合いません。
光陽の考え方はあまりに人が良すぎるので、梁井が心配するのも当然ですよね。
止めなかったら突っ走って敵の中に飛び込んでいきそうだ…。
今回は光陽と梁井の気持ちがすれ違ってしまうんですが、そんなわけで私は、そういう展開になる場合、過保護すぎる梁井への不満がつのって光陽がキレるのかなと思ってました。
が、原因は梁井さんだったんですね!
理由はどうあれ、光陽がそれを快く思うわけがないですよ。
まぁ、本人は悪気がないし(打算はあったけど)、こんな行動を取ってしまうくらいには光陽に感化されてるのかなと思うところもありますがー。
利用するためだったのに、結局騙されてるし(笑)
梁井さんって光陽とは違った意味でずれてます。

喧嘩してますが、エッチは相変わらず熱いです!
カラー口絵になってる場面に萌えた…。
痛がる姿もいいけれど、恥ずかしがる姿も好きデス。
アレックスさんになりたい!
動揺して運転所じゃないかも知れませんが(笑)
エロ回数多めで中身も濃いけれど、他の本筋の部分も濃いので浮いてません。
夜光花先生のエロは美味しいなぁ。

あ、そしてまた新たにキャラクターが増えてますよ!
獣人狩りをしているという銀。
組織の中心人物・須王。
銀はもう確実に光陽に振り回される役回り決定ですね(笑)
須王の方は、この先組織の話を進める上でかなり重要な人物になると思われます。
まだまだ話は続きそう。
亨の事もまだあるし、あと1冊とかじゃ終わらない気がします。
竹書房さん、続きもお願いしますね!

ということで、凍る月ももう3冊目。
光陽があまりに真っ直ぐなので、流石にこれはついていけないなぁと思いながら読んでいたんですが、今回は光陽が「嫉妬」という感情をちゃんと表に出していたからよしとします。
結構大人げないよね光陽も(笑)
まぁ、一番悪いのはもちろん梁井ですけど!
こんなふたりの世話をしているアレックスさんは大変だなぁ。
いや、美味しい立場なのかな…ムフフ。
続き楽しみにしてます♪

■シリーズ
スピンオフ含めてひとつの話になっています。順番にどうぞ。
「凍る月~漆黒の情人~」(梁井×光陽)
「凍る月~紅の契り~」(梁井×光陽)
「凍る月~灰色の衝動~」(梁井×光陽)
「花の残像」(須王×巴)
「花の慟哭」(須王×巴)
「銀月夜」(佐倉×銀)
「凍る月~七色の攻防~」(梁井×光陽)
「凍る月~瑠璃色の夜明け~」(梁井×光陽、須王×巴)
関連記事
2009.02.03 01:18 | 夜光花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/666-58bf306a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |