にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

空色スピカ :かわい有美子

4773099453空色スピカ (CROSS NOVELS)
かわい 有美子
笠倉出版社 2009-01

by G-Tools

はうぅぅ、キラキラした青春が眩しかったです。
高校生の甘酸っぱい恋愛が年を追うごとに好きになっていくのは何故…。
【空色スピカ/かわい有美子/小椋ムク/クロスノベルズ(2009年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
八ヶ岳山麓の高原にある、名門私立高校・清泉学院。
その立地条件にある男子校故、生徒会に求められるのはいかにイベントに他校から女子を集められるか。
人目を惹く容姿を見込まれ、生徒会長に担ぎ上げられた楠ノ瀬亮人。
そしてそんな楠ノ瀬を支える副会長に任命された高科汐見。
ふたりは行動を共にすることになるのだが…。

清泉学院は携帯も繋がらないような山奥の高原に建つ中高一貫教育の男子校で、生徒の半数余りは敷地内にある寮で生活しています。
そんな環境なので、「女の子」には飢えてるけれどのんびりした雰囲気。
イベント事に女の子を集めたいと息巻いてはいても、ギラギラしてる訳ではなく、そうやって仲間同士で盛り上がってるのが楽しいという健全な男の子たちです。
楠ノ瀬はそんな雰囲気の学校で中学の時から寮生活をしていて、女の子には興味あるけど、実際触れあう機会もないまま今に至っています。
外見は色素が薄く細身で儚げな印象なのに、実際は元気いっぱいのやんちゃキャラ。
だから今まで特別容姿に注目されることなくきたのですが、生徒会長の峰に目をつけられ、次期生徒会長を打診されます。
戸惑いつつも、頼りになる高科や他の執行委員たちに囲まれ、楠ノ瀬はその任を受けることに。
一方の高科は、高校からの編入組。
家庭の事情から高校入学後に千葉にある系列の高校から編入してきているし、幼い頃からピアノの英才教育を受けてきたので、高科は他の生徒たちより精神的に大人で達観したところのある高校生。
副生徒会長として楠ノ瀬を支えることになった高科は、当然一緒にいる時間も長くなり、いつしか楠ノ瀬を可愛いと思うようになります。
高科は恋愛ごともそつなくこなしてますが、一歩引いて冷静に物事を見るタイプなので、相手に嵌ってしまうなんて事は今まで経験したことありません。
なのに、楠ノ瀬相手だとペースが崩されてしまうんですよ。
そういう所が、大人びていてもやっぱり高校生なんだなぁ…と、微笑ましい気持ちにさせられる。
高科本人は全然自覚していないけれど、きっとバレーの試合を見に行った時に一目惚れしてるんですよねー。
キラキラした楠ノ瀬に心奪われちゃってるんですよ!
ふふふ、可愛いなぁ。
楠ノ瀬の方はまだ恋愛に対する意識があまりないので、高科に優しくされてドキドキしたりする自分の気持ちを整理しきれてません。
そんなあやふやな気持ちに振り回され続け、そしてある時その気持ちが体に繋がって、一気に意識するようになって…。
…楠ノ瀬の反応が可愛すぎる!!
ぎこちないふたりのやりとりに萌えます。
高校生らしいこの不器用さがもどかしいけどドキドキさせられて、思わず顔がにやけますよ…!
お互いに好意を抱いている事を意識しつつ、駆け引きめいたやりとりをしているふたりが愛おしくなってきます。

二段組みでボリュームあるわりに、大きな事件があるわけでもなく、ふたりの高校2年生途中から1年間ほどを追った内容になってます。
気持ちの変化はゆっくりだけど時間はサクサク進んでいくので、思わぬ時間の経過に「あれ?」と思うところもありました。
二人が惹かれ合うキーとなる場面を、もっとメリハリつけて描かれているとよかったかなと思います。
バスの場面も好きなんですが、そこに至る過程が物足りない…。
まぁでもそんな不満に勝る萌えがあったので、満足度は高かったですよ~w
小椋ムク先生の挿絵の貢献度も大きかった!
最近すごく嵌ってます。
表情が魅力的!
あとがきの後にあったラフ画集を見て益々好きになりました。
因みに、私は天野君みたいなキツネ顔が結構好きだー!
そして、バレーのユニフォーム姿に萌える…。(某ゲームの影響か・笑)

あ、エロはそんなにないです。
でもそれが雰囲気に合っているし、逆にそれが萌える。
楠ノ瀬みたいなキャラが翻弄させられているのっていいですね!
高科が一生懸命になってるのも微笑ましいですw

ということで、かわい先生の新作はキラキラした高校生の恋愛物語でした。
よくあるパターンではあるんですけど、この手の話を面白いと思うかどうかって、ちょっとした部分で左右されると思うんです。
焦れったさは必要だけどやりすぎると苛々するし、精神的に子供過ぎても大人過ぎても面白くない。
もちろん、その時の自分の精神状態も結構影響しますが。
このお話は、キャラとか舞台設定が私の萌え心に刺さりました!
キラキラした容姿で実は元気いっぱいな体育会系という楠ノ瀬と、大人びているけど恋に翻弄される高科という組み合わせが好きです。

この話はシリーズ化するみたいですね。
次は前生徒会長の峰と前副会長の衛守のお話。
飄々とした峰がどんな経由で衛守と付き合うようになるのか、その過程が気になります!

■シリーズ
「空色スピカ」 第60代生徒会長・楠ノ瀬&副会長・高科
「流星シロップ」 第59代生徒会長・峰&副会長・衛守
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/658-4747d1bb

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。