にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4592204425愛で痴れる夜の純情 傾城編 (花丸コミックス)
樹 要
白泉社 2008-12-19

by G-Tools

コミックス版の第2巻・傾城編です。
今は焦れったいけれど、その分次巻は激甘なんだろうなぁ…。
【愛で痴れる夜の純情-傾城編-/樹要(原作:鈴木あみ)/花丸コミックス(2008年)】

オススメ:  前回ほどの感激はないので…

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
吉原にある男の廓・花降楼で双璧と謳われている傾城、蜻蛉と綺蝶。
以前は仲のよかったふたりだが、今では犬猿の仲。
綺蝶を意識しながらも素直になれない蜻蛉だけれど、幼い頃に交わした約束を忘れられずにいて…。

傾城編は蜻蛉が水揚げされ、綺蝶とお職を争うようになって以降の話。
蜻蛉が綺蝶への気持ちを持て余してひとり空回ってる様子がよーく分かります。
「好きだ」というハッキリとした自覚はないんですけどね。
綺蝶も綺蝶で、不器用な蜻蛉を弄っても反発されるだけだと分かっているのに、見ると構わずにはいられない。
気持ちを自覚している綺蝶も、蜻蛉と同じように実は空回ってるんだなぁ。
うぅぅもどかしい…。
自分の気持ちを抑えている綺蝶も辛いけど、自分の手に負えない感情に振り回されている蜻蛉も大変だ。
この巻は蜻蛉が身請け話を受ける所までなので、まだ続きます。
3巻は確実にエロ満載ですね…。
激甘の予感。

今回絡みが少ないんですけど、書き下ろしの部分で補われてました~。
パラレル話かと思ったら、そいういうオチですか。
すっかり現代設定だということを忘れてましたヨ。
ここ以外に現代を感じる所は全くないんですけどね…。
その辺りをツッコミ始めるときりがないのでやめときます(笑)

あ、原作の方だと名前は出て来てないと思うんですが、コミックスだと蜻蛉の世話をしている禿がちゃんと忍になってます。
(忍の話は「夜の帳、儚き柔肌」
だからどうだと言うことではないんだけど、忍の話を知ってると微笑ましくなってしまうなぁ。フフフ。

禿編と比べると原作にないエピソードは少ないのですが、ひとつひとつ丁寧に話が進んでいくので読みやすかったです。
小説だとこの辺りはかなり急ぎ足で進んでいくので、私はちょっと物足りなさを感じてたんですよねぇ。
蜻蛉視点の原作と違って、コミックスだと綺蝶の気持ちも入ってるし。
小説よりもこちらのコミックスを読んだ方が話が分かりやすいんじゃないかな。
コミカライズって「原作の方がよかった」となることが多いけど、この話はコミックスの方が私は好き。
シリーズを既に読んでいて世界観が把握できているっていうのも大きいけど、コミックスだけでも十分、いや原作以上に楽しめると思います♪
禿編を読んだときのようなインパクトはないけれど、次への布石と考えるとこのくらいの焦れったさがいいんじゃないでしょうか~。
早く続編が読みたい!

■シリーズ
「君も知らない邪恋の果てに」旺一郎×蕗苳
「愛で痴れる夜の純情」綺蝶×蜻蛉
「夜の帳、儚き柔肌」蘇部×忍
「婀娜めく華、手折られる罪」御門×椿
「華園を遠く離れて」蘇部×忍、御門×椿、綺蝶×蜻蛉
「媚笑の閨に侍る夜」
「白き褥の淫らな純愛」
「愛しき爪の綾なす濡れごと」綺蝶×蜻蛉
「たし甘き蜜の形代」

■コミカライズ(樹要先生)
「愛で痴れる夜の純情-禿編-」
「愛で痴れる夜の純情-傾城編-」
関連記事
2009.01.11 01:02 | 樹要 | trackback(1) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/656-a3d0f816

BL本 愛で痴れる夜の純情 傾城編 樹要
愛で痴れる夜の純情(傾城編)著者:樹要価格:620円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る  マンガの2巻目  実は帰蝶は金持ちの、攫われた孫息子だった!  ってな巻   ...

2012.08.04 22:46 | ベテランママは、ロマンス小説 エロかっこいいBL本大好き

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |