にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

貴公子の求婚 :和泉桂

4813011535貴公子の求婚 (SHYノベルス)
和泉桂
大洋図書 2008-12-22

by G-Tools

姫始めっぽく、2009年1発目の感想はコレで~。
期待以上に面白かったです! 
【貴公子の求婚/和泉桂/佐々成美/SHYノベルズ(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
ときは平安。
小野朝家は貧乏公家だが、書物があれば幸せという変わった男。
しかし、このままでは家を支えられないと家人に懇願され、仕方なく嵯峨野の姫君の元へ夜這いをかけるのだが、そこにいたのは何故か男で…。

「姫始めっぽく…」と書きましたが、正確には「姫」じゃありません。
「姫君の輿入れ」のスピンオフで、今回は見た目も中身もしっかり男同士のお話です。
前作で登場した源実親の親友・朝家が今回の主役。
実親は今を時めく貴族ですが、朝家は冴えない没落寸前の貧乏公家。
書物さえあればどんな生活もいとわない朝家ですが、流石にそうは言ってられない切羽詰まった状態になり、仕方なく家人に言われるまま嵯峨野の姫の元へ夜這いをかけることになります。
でも、忍んだ先にいたのは姫君ではなく見知らぬ男。
蘇芳と名乗るその男に、戸惑う朝家は押し倒され、手籠めにされてしまいます。
当然反発する朝家ですが、蘇芳の屋敷にある書物に惹かれ、通い続けることに…。
朝家が身体の関係に疑問を持ちながらも通い続ける理由は「書」ですが、次第に蘇芳の人柄や美しさに惹かれていきます。
でも、今まで全く恋愛に関心のなかった朝家は、自分が蘇芳に心を奪われているのは「書物を愛しているからだ」と思い込んでいます。
そして朝家は自分以上に知識を持った蘇芳が嵯峨野に籠もっている事に疑問を感じ、その知識を生かす役職に就かせたいと思うように。
そのために今まで無関心だった仕事にも精を出すようになるのですが、蘇芳の正体を知って朝家は愕然とし、混乱してしまう。
一方の蘇芳は気持ちを自覚していますが、朝家の思い人は実親なのだと勘違いをしていて、自分から行動を起こしません。
私、挿絵でこんな華のない受を見たの初めてかも知れません(笑)
朝家はタイプ的に「真面目なガリ勉君」なので、地味な容姿なのは分かります。
でも、普通挿絵だともうちょっと格好を変えたら可愛くなるかも…とか思える容姿をしてるもんですよ。
暗がりだったとは言え、こんな朝家を喰った蘇芳って相当…。
しかも「珍味」って!(笑)
でも読み進めていくうちに、蘇芳が朝家に惹かれる理由が分かってきます。
計算とか演技とか一切ない朝家の反応がとっても新鮮で、段々可愛く思えてくるんですよねぇ。
世間知らずで朴念仁の朝家は蘇芳に翻弄されっぱなしですが、基本的に真面目で優しい男なので、蘇芳に対してもいい加減な対応はしません。
蘇芳は最初悪戯のつもりで手を出すんですが、朝家のそんな姿を可愛いく思い、次第に惹かれていきます。
余裕たっぷりな蘇芳が、自分の正体がばれた一件で自分がいかに惚れていたかを知り、急に弱気になってる所がよかったです。
完璧な男じゃつまんないですからね!
出会いが出会いだけに、それが恋愛に発展する過程がしっかりしていないと中途半端な印象になってしまいそうですが、その辺りをきちんと描かれていたので納得できました。

エロも美味しかったです!
朝家の初々しい反応が可愛すぎる…!
しかもこの平安調のしゃべり方がまた妙にツボに嵌ります。
和泉先生の作品的にはそんな濃いエッチではないと思うんですけど。
やってる内容は普通なのに、なんでこんなにウズウズさせられるのか…。
こんなに萌えるなんて予想外なんですけど!
さすが「珍味」だけありますね(笑)

ふたりの会話もテンポがいいし、エッチも合間合間にしっかり入っているので、二段組みでボリュームありますがサクサクと読めました。
前作の「姫君の輿入れ」が出てから随分間が空いてますが(丸3年くらいか?)、シリーズ化するのですねー。
私は「姫君~」を読んだときは大して興味がなかったんですが、ドラマCDがよかったのと、この続編が面白かったので一気にポイント上がりました♪
あ、今回番外編として入っている「姫君の余情」もよかったです!
二組のカップルの特徴をよく捉えた短編ですね(笑)
ということで、期待以上の出来で思いがけず萌えもあり、正月から楽しませていただきました♪
幸先の良いスタートw
第3弾は近いうちに出そうなので、楽しみにしてます!

■シリーズ
第1弾「姫君の輿入れ」

■ドラマCD
「姫君の輿入れ(ドラマCD)」
関連記事
2009.01.04 02:24 | 和泉桂 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/654-8eceba5d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |