にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4592204417愛で痴れる夜の純情 禿編 (花丸コミックス)
樹 要
白泉社 2007-03-19

by G-Tools

うわぁぁコミックスになると益々魅力的!
原作では物足りなかった部分が、これで補完できました♪
【愛で痴れる夜の純情-禿編-/樹要(原作:鈴木あみ)/花丸コミックス(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
原作の感想はコチラ→「愛で痴れる夜の純情」

吉原にある男の廓・花降楼で双璧と謳われている傾城、蜻蛉と綺蝶。
以前は仲のよかったふたりだが、今では犬猿の仲。
綺蝶を意識しながらも素直になれない蜻蛉だけれど、幼い頃に交わした約束を忘れられずにいて…。

話の流れは基本的に原作通りで、『禿編』は蜻蛉が水揚げされるまでの話です。
原作では書かれていなかったやりとりやエピソードが加わっていて、気持ちの流れがとても分かりやすくなってました。
原作の方は「愛で痴れる夜の純情」以外でも、蜻蛉と綺蝶はシリーズ全編に渡ってちょこちょこと登場しているんですが、そのチラッと出てくる場面が印象的で、「あぁ綺蝶はホント蜻蛉のこと好きなんだな」と読めば読むほど伝わってくる。
それがこのコミックスだとさらに分かりやすくて、綺蝶の蜻蛉に向ける眼差しが優しくて切なくなりました。
画は表情が直接訴えかけてくるので、インパクトありますね。

そして益々鷹村が気になってきたんですけど…!!
相手は誰なんだー!
色子? 楼主? そもそも受なのか攻なのか。
個人的には受けて欲しいなぁ。
鷹村の話が早く読みたいんですが、なんかそれはシリーズの締め辺りに出て来そうな気がします。
そう思うとまだ読みたくないような、そろそろ出し時のような…微妙な気持ち。

ということで、花降楼シリーズのコミカライズ第一弾。
私、樹先生のコミックスはこれが初めてなんですが、思いがけず色っぽくてドキドキでしたよ!
挿絵の時もいいなぁと思っていたけど、コミックスになるともう…もうどうしてくれようこの萌えを!って感じでした(笑)
割とサッパリした絵柄なので、もっとあっさりした仕上がりになってるかと思いきや…! エロい~。
元々原作自体に濡れ場がしっかりあるので、当然といえば当然なんですけどね。
樹先生の画の印象とエロとのギャップに萌えるのかな…。
綺蝶の「男らしいけど色っぽい」という絶妙な魅力がすごく出てます。
蜻蛉に対しては攻だけど、普段は色子として受けてるんだよなぁ…と思うとドキドキしちゃいますよ!
綺蝶が東院に抱かれてるのを想像すると萌える。
…ぐわぁぁぁ、CDだと綺蝶は平川さんなんですが、ピッタリすぎて悶えます。
あ、因みに蜻蛉をやってる緑川さんもすっごく好きです!
このシリーズはCDもすごくいい出来なんですよねぇ。ムフフ。

来月はこのコミックスの続編と、文庫の新刊と、ドラマCDが出る予定みたいです。
文庫はこのふたりの番外編なのかな?(雑誌は全然読まないので、掲載内容とか把握できてません…)
ドラマCDは玉芙蓉の話…ってことは、遊佐さんですよ! わーww
そして雑誌の付録にCDが付いたり、全サもあるみたい。
花降楼祭ですなぁ。
うーん、我ながらこんなにこのシリーズに嵌るとは思いませんでした。
遊廓モノにはあまり興味ないんですけど、このシリーズはサクッと楽しめて分かりやすいのがいいのかな。
何はともあれ、追いかけていきますよ!
関連記事
2008.11.17 01:34 | 樹要 | trackback(1) | comment(2)
            

お久しぶりです。
レビューはしっかり拝見してましたが、コメはブランクあいてもーて…。(汗)
ドラマCDから聞いた口なんですけどね、(蜻蛉と綺蝶は最高ですわ)しっかり出来てたんで、原作も読みたくなっちゃいました。
ましてやコミック化なんて~。(吐血)
玉芙蓉がメインのCD、エロいユッチーだといいなぁ。(笑)

2008.11.17 14:40 URL | れーじー #EwxDSSGo [ 編集 ]

れーじーさん、こんばんは!

私も最初はドラマCDでしたよー。
本格的に嵌ったのは原作読んでからですが。
相乗効果で嵌りまくりです!
来月が楽しみです!

三木さんと遊佐さんなんですよねぇwムフフ。
私もエロい遊佐さんを期待してます!

コメントありがとうございました♪

2008.11.17 17:32 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/635-d09270bd

BL本 愛で痴れる夜の純情 禿編 樹要
愛で痴れる夜の純情(禿編)著者:樹要価格:620円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る 今の世に男・吉原がある、というBL小説のマンガ化 売れてるらしいです。というこ ...

2012.08.04 22:47 | ベテランママは、ロマンス小説 エロかっこいいBL本大好き

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。