にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

甘い融点 :崎谷はるひ

4344814398甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-17)
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス 2008-09-16

by G-Tools

期待を裏切らないこのエロさに嬉しくなりましたw
流石崎谷先生だわ。
【甘い融点/崎谷はるひ/志水ゆき/ルチル文庫(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
2003年に黒ラキで出版されたノベルスの文庫化。(私は旧版未読)
挿絵も西村先生から志水先生に変更になってます。

【あらすじ・感想など】
風俗チェーンの社長である橋爪恭司(30代前半・攻)は、ある日自分のホテルで暴力を受けていた客・遠矢陸(20歳・受)を助ける。
売りをやろうとしてヤクザに目をつけられてしまった陸を助けたはいいが、知識も準備もなく自分を売ろうとしていた事を知って呆れる恭司。
無知で頼りない陸を放っておけず、恭司は陸に手ほどきする事になるのだが…。

おバカな男の子にセックスの方法を教えているうちに、互いに惹かれていく話。
…なんて言ってしまうと身も蓋もないですが。
でもまぁそんな話です(笑)
ただ、陸はバカな行動をしてるけど、それにはちょっと切ない理由がある。
事情を知った恭司は、自分が陸を買うという事にして、無知な陸にセックスの方法を教えることに。
最初は「仕方なく」始めた行為だったけれど、陸の行動の裏にある傷の深さを知り、目が離せなくなってしまう。
一方の陸は、それまで自分の意志を無視したセックスしか経験がなく、売りをしようとしていたのも、ろくでもない恋人に言われたから。
僅かな居場所にすがって生きてきた陸は、似たようなダメ男の所を転々としてきていて、恭司のように本当に自分の事を考えてくれる相手に出会ったことがありません。
ずっと自分の気持ちを無意識のうちに押し殺して、相手の機嫌をうかがうのが当たり前な生活を送っていたから、情緒も育ってない。
だから、恭司の気持ちだけじゃなく、自分の気持ちさえなかなか気が付きません。
こういった設定があったので、頭の弱そうな陸の行動が納得できるし、それに嵌ってしまう恭司も理解できました。
不幸ながらも、陸が自分を卑下していないのがいいです。
「自分はどうせダメだから…」とウジウジしてたら、多分私は途中で放り投げてた。
エロだけ読んで挫折したと思います(そこは読む)
不幸なりにも小さな所から幸せを感じようとしてるし、相手を恨まない。
そんな前向きさが余計に切ないんですが…。
陸がダメ男に捕まりつつも20歳までこの性格でこられたのは奇蹟に近いと思いますが、まぁそこはファンタジーですからね!
無垢で素直な20歳は教えられたことを疑いもせず受け入れていきます。
こんな子を見つけたら、そりゃ放っておけないでしょう。
恭司は幸せ者だな。

えー、エロはとってもエロいです。
崎谷作品比でエロ多め…って事は相当ですよ!
甘い! 激甘!!
元が黒ラキなので、最初から飛ばしてます。(黒ラキは30Pまでにエッチ突入…)
崎谷作品初心者には厳しいかも。
私はもう慣れてしまったので、独特の平仮名いっぱいの舌っ足らずな喘ぎも普通に読めるようになりましたよ…。
りくがおしりでいっちゃうしーんにもえました。(平仮名で書くとアポっぽいな)
あ、崎谷作品にしては珍しく道具を使ってて、他の男とも関係を持ってます。
私はこういうの好物なのでウハウハでした~w
それにしても、以前は幼い雰囲気の受が苦手だったんですが、最近は結構ツボに入って萌えてしまいます。
守備範囲が広がったなぁ。
ハッ!…もしやこれも崎谷作品に鍛えられた成果?(笑)
最初はあんなに胸焼けがしていたのに、最近は崎谷先生のエロが時々無性に読みたくなるんですよねぇ。
ここまでエッチシーンが長いのに、ちゃんと中身があるのがすごい。
それでも続けて読むのは辛いですが…。

この表題作が旧ノベルス部分。
分厚いなぁと思ったら、同人誌などで発表された番外編が同時収録でした。
本編だけでも相当甘いのに、番外編も濃いですよ…。
『Melty kiss』と『甘くて危険なアソビ』は短編で、日常の一コマ的な話。
これは普通にサラッと読めました。
が、最後の『Melting blue』がエロい~。
自慰って私はあんまりじっくり読む機会がなかったんですけど、崎谷先生の手にかかるとこんなにエロスなのか!と、感心してしまいました。
またしてもお道具登場ですw
崎谷先生は回想がいちいちエロくて、時々ドキッとさせられますよ。

ということで、とても濃厚な作品でございました。
読む前から志水先生の挿絵を見て「これはかなりエロだわ…」とワクワクしながら読んだのですが、期待を裏切らないエロさに嬉しくなりました!
あぁぁ疲れた身体にエロが効く。
エロを連呼していますが、ただのアホエロ話ではなく、ちゃんと中身があって面白かったです。
おバカな陸が切ない。
いろんな意味で読み応えがあり、崎谷先生らしい作品でした。
御馳走様です!

恐ろしいことにこの作品、ドラマCDにもなってるんですよ。
恭司が神奈さんで、陸が福山さんです…。
手元にはあるのですが、まだ聴けてません。
すごそうだわ…。ドキドキ。
↓旧版ノベルス&ドラマCD
甘い融点 (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ) LAQIA CDコレクション 甘い融点
関連記事
2008.09.25 00:15 | 崎谷はるひ | trackback(2) | comment(6)
            

こんにちは!
めちゃくちゃエロかったですよね(>_<)bさすばにお腹いっぱいになりました(笑)
私もドラマCDは持っていたのですがずっと未読で…。でも小説読んだ勢いで聞いてみましたよ(^^♪読んだにゃんこさんならわかると思いますが「原作に忠実」です(笑)
福山さんが可愛いったらありゃしない!!早く聞いてみてください☆感想お待ちしてます(*^_^*)

TBいただいていきます♪

2008.09.25 12:00 URL | ちろぽん #2Hva9K0A [ 編集 ]

ちろぽんさん、こんにちは~

エロかったデス…!
ここまでやってくれるといっそ爽快ですね(笑)

ドラマCDをさっき聴いたのですが、福山さんの熱演に鼻血がでそうでした…。
うわぁぁ、福山さん…か、かわいい!かわいい!
自分より確実に可愛い(笑)
いろんな意味で聴き応えのあるCDでした!
(でもなんだか福山さんに申し訳ない気持ちになってきます…(^_^;)

コメント&TBありがとうございました~♪
それではまた~

2008.09.26 10:57 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

今、PCに取り込んであるBLCDファイルを確認したら、ありました(笑)

原作本はBL落ち(笑)していた時期の出版(というよりも、崎谷さん自体が私がBL離れしている間にデビューなさった方なので…。)未読です。

崎谷さん原作のBLCDは他にもいくつかありますが、どれも結構エロいですよね(///▽//)v-238
ヘッドフォンで今から聞こうかしらv-10

2008.09.27 23:43 URL | 更紗 #5hiobRrU [ 編集 ]

更紗さん、こんにちは~

ふふふ、ありましたか?
私はこの感想を書いた後早速聴きましたが、福山さんの可愛さに悶絶しましたww
ヘッドフォン推奨デスよ!
というか、そうじゃないと危険…。

崎谷先生の作品はドラマCDという媒体にとても合っていて、どれも聴き応えがあって好きです。
もちろんエロ的にも…!ムフフ。

コメントありがとうございました~。
是非聴いてください♪

2008.09.28 09:26 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんにちは~。

エロ可愛さにヤラレマシタ。
エロもここまでくれば脱帽です!!

特に受けの喘ぎ声が、ひらがなばっかりで、その上一つ間違えば幼児語のような舌っ足らずさ!……そこが妙にツボでした。←なにげにヤバイ自分を実感してます(笑)

崎谷さんはルビーとかの甘さ十分なモノばかり読んでいて、余りエロさに気が付いてなかったんですが、今回、認識を改めました。
手元にある本を再読してみようかな、とか、次回からは違った視点で探そうかな、とか考え中です(笑)

えーっと、TBもさせて頂きましたので、お願いします。

2008.10.05 15:17 URL | 游 #- [ 編集 ]

游さん、こんにちは~

これ、ホントエロかったですよねぇ。
ドラマCDも大変なことになってました(笑)
でも、ただのアホエロじゃなかったので楽しめました。

崎谷先生はエロですよ(笑)
濡れ場のページ数に毎回感動すら覚えます…。
最近私もなんだか可愛い受がやけにツボに嵌ってしまって、自分が心配になってきます(^_^;)
是非游さんも嵌ってくださいw

コメント&TBありがとうございました!
それではまた~

2008.10.06 13:26 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/614-6b28de8a

甘い融点 / 崎谷 はるひ (ill.志水 ゆき)
甘い融点ルチル文庫(幻冬舎コミックス)作者:崎谷 はるひイラスト:志水 ゆき発売日:2008/09/16おすすめ度: ちろぽん的おすすめ度: 買っ...

2008.09.25 12:02 | optimist-オプティミスト-

甘い融点
ダーーーーーーー!ッと叫びたくなるほど、可愛くて、甘くて、そしてエロイです。 甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-17)(2008/09/16)崎谷 はるひ商...

2008.10.05 15:17 | 同じ本は何冊も要らない…

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |